年に1回、車検証へ登録している住所へ自動車税の納付書が送られてきます。車種によって納税金額は異なりますが、私の場合(HONDA エリシオン)、1年につき45000円の支払いが義務付けられています。

そんな高額な自動車税ですが、「一括で払えるほど余裕がない・・・」と悩んでいる人も多いでしょう。が、実は自動車税は分割で支払っていくことが可能なのです。

自動車税を分割払いにする方法

分割でもいい

まず大前提として知っておいてもらいたいのですが、自動車税は原則一回払いが義務付けられています。これから紹介する方法により分割払いは可能となりますが、それは最悪のケースであり、一般的なものではないと考えておいて下さい。

県税事務所にお願いする

※軽自動車税は10800円/年と金額が安いため、分割払いに応じてもらうことができません。また、軽自動車税の管轄は各地の役場となっています。

 

自動車税を管理しているのが、各地にある県税事務所(府税事務所、自動車税事務所)です。自動車税の一括払いが困難となった場合、県税事務所へ直談判することにより、分割納税を認められることになります。

まずは正直に「自動車税を納めるほど経済的な余裕がない」ということを伝え、分割できるかどうかの交渉に入って下さい。ないものからはとれませんので、何かしらの対応策を提示してくれるはずです。

延滞金がつくことも

自動車税は、毎年4月になると納付書の送付を始め、5月31日までに収めなければいけない税金です。その期間をすぎ、滞納することになれば「延滞金」がつくので注意して下さい。

また、自動車税を分割払いにしたときも同様で、全額納付しないことには延滞金がかかってしまいます。分割払いをお願いするときは、延滞金についても交渉してみることをオススメします。

何回払いまで対応してもらえる?

自動車税の分割回数ですが、こちらは地方により大きな差がでてしまいます。10回払いまで対応してくれる自治体もあれば、2回払いまでしか対応してない自治体もあります。

この辺りは交渉次第でなんとかなりますので、自分から「◯回払いだと助かります」と申し出るようにしましょう。無論、月に1000円ずつなど、ふざけた交渉をするのは止めたほうが良いです。

車検を受けることができない

県税事務所で分割払いをお願いすると、(自動車税を)全額納付するのに時間がかかってしまいます。そのため、分割期間と車検期間が重なっている場合、車検を受けることができなくなる可能性がありますので、注意しておきましょう。

分割払いをするときは、車検の時期と重ならないよう調整するのがオススメです。

 

というのも、車検を受ける条件として「自動車税納付証明書」が必要になり、自動車税を滞納(分割含む)している場合、車検を受け付けつけてもらえなくなるからです。

クレジットカードで支払うことで、実質的に分割払いにすることができる

credit-card-1583534_960_720

 

自動車税の支払い方法として、「銀行払い」「コンビニ払い」が一般的ですが、実はクレジットカード決済を利用することができます。

現在のところ、クレジットカードを利用した自動車税の支払いはインターネット上からしか受け付けてもらうことができませんが、カード払いを選択することで、実質的な分割払いを実現することができます。

 

また、クレジットカードを用いた分割払いであれば、自動車税が納税済みとなりますので、(分割払い中であっても)車検を受けることが可能です。

車検時期が近い人は、県税事務所で分割払いをお願いするのではなく、クレジットカードで支払っておきましょう。

 

というのも、クレジットカードには「分割払い」や「リボ払い」がデフォルトで使えるようになっていることがほとんどだからです。納税時は一括払いにしておき、後から分割払いにすることもできます(カード会社による)ので、ほんと便利ですよ。

クレジットカードを所有している人は、ぜひこの方法を使い、自動車税を分割で納税してみましょう(※手数料に注意)