大々的にTVCMで「新車に半額で乗れる!」と宣伝していたことは記憶に新しいですが、新車に半額で乗れる残価設定ローンという比較的新しい新車購入方法があります。

なぜ、新車を半額で乗れることができるのだろうか?ということを前提に、「残価設定ローン」についてお話していこうと思います。

残価設定ローンって?

残価設定ローン

残価設定ローンとは、新車を(実質的)に半額で乗れる仕組みを反映したローンのことであり、新車の将来の価値を残価として据え置き、その価値分を車両価格から差し引き、販売を行っているものです。残クレとも呼びますね。

簡単に言うと、3〜5年後に新車を下取りすることに設定しておき、残りをローンで支払っていくということです。車両価格が200万円の新車であれば、その車の(3〜5年後)の下取り価格を100万円に設定しておき、その金額相応を引いてもらえるということ。

 

ややこしいですが、極端な話、「先に(新車の価値を予測して)100万円で買い取るから、その分を差引いた(半額の)100万円で売るよ!」って話です。

ローン終了後の選択

残価設定ローンは、予め下取り金を定められることになるので、ローン終了後は「売却するしかない」と考えてしまいがちですが、決してそうではありません。

ローン終了後の選択肢として、「そのまま乗り続ける」「買い替える」2通りの方法があるので、いずれか好きな方法を選択することができます。

そのまま乗り続ける

例えば、元の価格が300万円の新車を買い、残価設定で「3年間、150万円」をローンで購入していたとします。すると、3年後に残っているローン残高は150万円となり、通常であれば車を下取りに出し、残りの150万円を返済することになります。

しかし、車に愛着を持ち、このまま乗り続けたい!となった場合は、残りの150万円に新たなローンを組む、もしくは一括で支払うことにより、乗り続けることも可能です。

買い替える

一方、もうこの車に飽きたし、違う車に乗りたい!となった場合は、残価が残っている車を返却し、新たに車を買い替えることにしましょう。

もう一度、残価設定ローンを利用するのも良いですし、通常の自動車ローンで買う選択肢もありでしょう。ただし、車のない空白期間が生まれてしまいやすいので、その点は注意しておいて下さい。

残クレのメリット

残価設定ローンに対し、嫌悪感を示す人も多いでしょうが、残クレには残クレのメリットがありますので、その辺りを考慮しつつ、どのように新車を買うかを検討したほうが良いと思います。

残価設定ローンのメリットは以下の通り

  • ■予算が少なくても新車を買える
  • ■月の支払いが楽になる
  • ■新車が身近になる

予算が少なくても大丈夫

車って高価な買い物ですので、どうしても予算を組むのが難しくなります。新車であれば最低でも2oo万円は欲しいところですし、中古車であっても(可能であれば)100万円程度は予算として考えておきたいところです。

もちろん、ローンであっても予算のことは重視すべきであり、その予算を限りなく低く設定できる残価設定ローンは、予算面で大きなメリットを感じることができます。

 

200万円の新車であれば100万円、500万円の車であっても250万円の予算で乗ることができますからね。車にそんなにも予算をかけることができない・・・って人は、残価設定ローンを活用してみてはどうでしょうか?

月の支払いが楽になる

車のローンは、最大でも70回、一般的には36回〜60回払いでローンを組む人が多いです。そのため、車両価格が高い新車であれば、月に3万円〜5万円ものお金を支払わなければいけなくなり、お財布へ大きなダメージを与えてしまうことになります。

その点、残価設定ローンであれば、支払総額が安くなる分、月の支払い金額が少なくなり、維持費面で大きなメリットを感じることが可能となります。

 

通常のローンであれば、月々5万円返済のところを、残価設定ローンでは25000円の返済で済むのですからね。これをメリットと呼ばず、なんと呼ぶのでしょう?

新車が身近になる

新車は総支払い額が多いし、月の支払い金額が多いから、新車には乗れない・・・と諦めていた人でも、残価設定ローンを利用することにより、気軽に新車へ乗ることができるようになりました。

新車が身近になったのですね。

 

また、残クレにより、通常では候補に上がらない高級車も視野に入れることができます。通常では500万円する車であっても、残価設定ローンであれば250万円で乗れることになりますからね。

この値段なら、庶民も安心して手を出すことができますね。

残クレのデメリット

残価設定ローンには沢山のメリットがある反面、残念ながらデメリットも存在しています。良い面と悪い面を比べたうえで、最終的な判断を下して頂ければと思います。

残価設定ローンのデメリットは以下の通り

  • ■自分の車にならない
  • ■金利が損
  • ■走行距離制限がある
  • ■下取り価格が下回ることもある

自分の車にならない

通常のローンでも、(支払いを終わらせないことには)車の持ち主ではなく使用者として扱われることになるのですが、ローンを完済することにより、使用者→所有者へランクアップすることができます。

一方の残価設定ローンですが、こちらは「将来的に下取りへ出す」ことが前提となっていますので、基本的には一生所有者になることができません。

 

ですので、車を買う!というよりは、車をリースする(借りる)というほうがしっくりきますね。それが嫌な人には、残価設定ローンは向いていない。といえます。

金利が損

残価設定ローンは、通常の自動車ローンよりも金利が高く設定されていることが多いです。また、実質的なローンは3年なのにも関わらず、6年分のローン金利として計算されることになり、結果として「金利分のお金が損」だということになります。

6年分の金利を支払うぐらいなら、(300万円の新車として)150万円の頭金を入れ、150万円分のローンを組むほうがお得です。

 

少しでも金利による総支払額の増加を避けたい場合は、残価設定ローンは向いていない。ということになるでしょう。

走行距離制限がある

これ、あまり知られていませんが、残価設定ローンには「走行距離は◯◯kmまで」のように、制約が課せられていることが多いです。

他には、カスタマイズはダメ。だとか、点検整備は必ず受けなければならないとか。通常であれば気にしなくても良い部分まで制約がありますので、その点で見ると「自由度が低い」ことになりますね。

 

特に、年に1万km、2万kmと多くの距離を走行する人は、残価設定ローンではなく、通常の自動車ローンで購入したほうが良いといえます。

下取り価格が下回るときがある

上記のように、制約に違反した場合や、想定していたより遥かに傷、凹みが多かった場合など、下取り価格が(残価設定分より)低くなってしまうことがあります。

この場合、追金として差額を支払わなければいけなくなりますので、なんのために残価設定ローンを利用したのかが分からなくなります。

 

普段あまり車に乗らない人や、傷、凹みをつけない自信がある人であれば問題ありませんが、そうでない人にとって残価設定ローンは敷居の高いものかもしれません。これらデメリットを踏まえたうえで、契約するようにしましょう。

残価設定ローンは得?

残価設定ローンお得

最終的な結論として、残価設定ローンはお得なのか、そうでないのか?という疑問についてですが、より経費を抑えて新車を所有したい人にとっては、これ以上お得なものはないんじゃね?と思えるほど、便利なものだと思っています。

車って、ほんとお金がかかりますからね。ローンの他に駐車場、ガソリン、保険、税金なんかがかかってきますので、「月々の返済額」が安いほうが良いに決まっているのです。

参考ページ→車の維持費は月にどれくらい?

 

反対に、先ほどお話した、走行距離制限や金利的なデメリットがどうしても許せない・・・って人は、残価設定ローンなど使わないほうが良いでしょう。ちなみに私も、残価設定ローンは使わない派の人間です。

残価設定ローンは、最初は得をし、後で損をしやすい傾向にあるので、それが許せないと感じるのであれば、通常ローンで新車を買うようにしておきましょう。