日本で言えば、北陸や東北、北海道が「雪国」と呼ばれていますが、それら地域を走っていた車、即ち「雪国で使用されていた車」を中古で買う場合、通常の車選びとは違った視点で物事を考えなくてはいけません。

というのも、雪国で使用されていた車は「錆びやすい」もしくは「錆びている」ものが多いからです。雪国に住んでいる人はもちろんのこと、そうでない人も(一応)注意しておいたほうが良いです。

 

例えば、雪とは縁のない「沖縄」であっても、雪国で使われていた中古車が絶対に流通していないとは言い切れませんからね。注意するに越したことはありません。

ということで、今回は「雪国で使われていた中古車は錆に注意しなければならない?」というテーマについてお話させて頂きます。

 

くるま

雪道を走った車って、見えないところが傷んでいることが多いんだよ!

なぜ雪国の中古車は錆になりやすいのか?

snow_car

そもそもなぜ「雪国で使われていた中古車は錆やすいのか?」という点ですが、これは「雪」そのものが悪影響を与えている訳ではなく、人間のとある行動が車に対してダメージを与えてしまう原因となっています。

具体的には、道路上に撒かれている「融雪剤(凍結防止剤)」が、車の錆を促進してしまう原因となっているのです。

 

融雪剤には「塩化カリウム」が大量に使われていまして、「融雪剤」が撒かれた道路を走行することで「車体裏(下回り)」に大量の「塩分」が付着することにより、錆がでてしまう。という寸法です。

車は鉄の固まりなので、塩分には総じて「弱い」んです。これが、雪国の車が錆やすいと言われている全貌です。

錆はどのような影響がある?

車のボディが錆でしまうなんてことは滅多にありません(塗装してますからね)が、車の下回り、要するに「目に付きにくい場所」は知らず知らずの内に錆てしまい、ダメージが蓄積されていることが多いです。

錆が出ることによって考えられる悪影響ですが、「マフラーが腐食し穴があく」「フレームがスカスカになる」、最悪のケースでは「ショックが折れたり」「あちこちに穴が空く」などがあります。

 

どれもこれも笑えない悪影響ですので、とにかく「錆が回っている車」には注意したほうが良いといえますね。特に中古車を買う場合は意識しておいたほうが良いと思います。

見分け方は?

中古車販売店が「この中古車は雪国で走っていたサビている可能性が高い車です!」なんて言ってくれるはずもありませんので、自分自身で「見分ける(見抜く)」力が必要となります。

とはいえ、素人目で「雪国使用車」を見抜くことは難しいので、判断方法としては「車の裏を覗き込む」ことが一番有効的な手段だといえます。

 

車の裏を覗き込み、マフラー、フレーム、その他諸々、全てをチェックし、素人目で見ても「これはヤバイ」と感じるほどサビが回っている中古車の場合、購入を断念したほうが良いです。

買った後にコンディションが悪くなる可能性が高いですし、修理代などで損をすることになりますから。

買わないほうが良い?

結論としては、「雪国で使用されていた車」は買わないほうが良いということになります。正確には、融雪剤の影響で「サビが回っている中古車」は買わないほうが良いということです。

取り違えてもらいたくないのですが、決して「雪国の車が全てダメ」という訳ではありません。しっかり整備をされている車であれば、雪国出身の中古車でもコンディションの良いものはありますから。

 

あくまで、中古車を目利きする「一つの指標」として考えておいて下さい。