中古車を探していると、詳細情報やプライスボードの中に「予備検査付」という項目があります。ご存知の通り、車を公道で走らすためには「法定車検」を受けなければなりませんが、一体「予備検査」と「車検」では、何が違うのでしょうか?

それほど重要なことではありませんが、中古車購入前はぜひとも知っておきたい項目でもあるので、ここでお話していきます。

予備検査って?

hook-881440_960_720

 

一言で車検とは言っても、大きく分けて2通りに分かれています。私たちドライバーが2年ないし3年に一度うけるものが「継続車検」と呼ばれているもので、もう一方が「新規車検」と呼ばれています。

継続車検はご存知の通り、民間車検業者やユーザー車検などを通し行う車検のことであり、要するに「一般的に車検として知られているもの」です。

 

一方の「新規車検」ですが、こちらは【ナンバープレートの登録が済んでいない】新規登録される車(中古車)が受けるべき車検です。

ただし、継続車検のように、検査に合格したとしても「車検証」は発行されず、有効期間も「3ヶ月」と限定的なものです。※車検証の代わりに「予備検査証」が発行される

 

予備検査は、あくまで販売業者側が、【販売時、登録作業などがスムーズにできる】ために受けるためのもので、私たち一般ドライバーには縁のない車検。

「へー、そんな車検もあるんだ・・・」程度の認識で大丈夫なので、知識の一つとして頭の片隅にでも置いていてはどうでしょうか?

予備検査に必要な費用

中古車販売店にて車を買う場合、私たち消費者は「予備検査」についてそれほど深く考える必要はないのですが、オークションサービスなどを使い、【個人売買】するときに関しては、必要になるケースがあります。

というのも、個人間で行う「車の売買」には、名義変更によるトラブルが非常に多く発生しており、売り主からすると【買い主が名義変更をしてくれないとめっちゃ困る・・・】のです。

 

そのトラブルを防ぐため、売り主は一時的に車の登録を抹消してしまい、買い手側へ半強制的に「名義変更」を行わす行動にでます。

一時的に登録抹消した車で公道を走ることはできませんので、買い手側は嫌でも陸運局に足を運ばなくてはいけず、要するに、名義変更手続きを行わない限り、せっかく買った車に乗ることができないのです。

 

しかし、登録抹消手続きをされている車にはナンバープレートが登録されておらず、継続車検を受けることができません。そのときに便利なのが、ナンバー登録をしていなくても受けることができる「予備検査」です。

個人売買で買った車が一時登録抹消されているケースでは、予備検査を受けなければいけませんので、予備検査に必要な費用や必要書類を知り、来るべきときに備えましょう。

 

さて、前置きが長くなりましたが、予備検査にかかる費用は「2000〜3000円」程度です。ただし、自らの足で最寄りの陸運局に行かなければならず、時間的ロスはそこそこかかってしまいます。

代行業者にお願いすることもできますが、1〜3万円程度のお金がかかってしまうので、「どうしても時間がない・・・」という人以外は、自分で手続きを行うほうが得策です。

予備検査に必要な書類

office-620822_960_720

 

陸運局にて予備検査手続きをするときは、複数の書類が必要です。不備があれば何度も何度も足を運ばなければいけなくなるので、予めしっかり準備しておくことをオススメします。

予備検査に必要な書類は以下の通り

  • ■譲渡証明書
  • ■一時抹消登録証明証
  • ■委任状(本人ではない場合)
  • ■手数料納付書
  • ■検査印紙
  • ■仮ナンバー

 

↑忘れ物がないよう、ご注意下さい。