新車ではなく、中古車を購入する最大のメリットは「安く買える」ということ。

 

新車であれば、最低200万円〜程度の資金は必要になりますが、中古車であれば50万円〜程度の資金で車を手に入れることが可能です。

 

もちろん、贅沢を言わなければ20万円ほどでマイカーを所有することもできます。(あまりオススメはしませんが)

さて、そんな「安く買える」中古車ではありますが、さらに、さらにもっと安く買える方法があるのでしたら、あなたは興味が沸かないでしょうか?

 

実は、同じ車種、同じグレードでも、「買う方法」によって更に資金を低くすることが可能になります。

 

法外な方法でもなく、裏ワザ的な方法ではありません。知識として、「中古車を安く買うコツ」を知ることで、数十万単位で購入資金を減らすことも夢ではないのです。

 

では、より安く中古車を買うには、どのような方法を実践する必要があるのでしょうか?このページで詳しく紹介していきます。

下取り、買取金額を上げる

安く買う方法と言うよりは、「手持ちの資金を増やす方法」です。

現時点で車に乗っていて、中古車購入と同時に売りに出す、または廃車にする予定がある人は、その車をできる限り「高く売る」ことに注目し、行動するほうが良いです。

 

1つの方法として、中古車販売店に「下取り」してもらうという選択肢がありますが、その方法は除外して下さい。大事な愛車を「最大限に安く」引き取られてしまう可能性が高いです。

 

車を売るときは、その筋のプロに査定をお願いするのが一番。

 

TVで「車、高く買います!」と、コマーシャルを流している大手車買取業者に査定を依頼するのが一番手っ取り早いですし、安心度も高いです。

しかしながら、ただ単に「車買取業者に買取ってもらう」という意識だけでは、「より高く売る」という趣旨からはズレてしまっています。

 

車をより高く売るためには、「複数の買取業者から見積りをとる」という行動が大事です。

 

そうですね・・・目安としては「最低でも5社」に査定をお願いするようにしましょう。

 

複数の車買取業者へ見積をするには、「一括査定」がオススメです。

一度の依頼で「最大10社」の買取業者へ同時に見積もりを出してもらうことができ、利用料金も無料です。これを使わない手はないでしょう。

 

私の場合、最初は「60万円」と査定を出されたHONDAストリームを、「85万円」で売ることに成功しています。差額は25万円ですので、無視できる金額ではありませんね。

参考→かんたん車査定ガイド

人気車種を選ばない

車を買うときは、「あの車が欲しい!」「この車もいいな・・・」と、複数の候補がでてくると思いますが、より安く買いたいのであれば「人気車種」を選ばないことが大事です。

 

中古車の値段は、「需要」によって変動します。もちろん、走行距離や年式などによる価格の変動はありますが、「その車が持つ市場価格」が変わるということです。

 

例えば、私は現在「HONDA エリシオン」という車に乗っています。

 

いまは生産中止となり、中古車でしか購入できない車ですが、かつては「HONDAの最高級ミニバン」としてその地位を築いていました。

しかし、エリシオンが日の目を浴びることはありませんでした。

 

他メーカーの同一グレード車種との競争に敗れてしまったのです。要するに、「不人気車」だった訳ですね。

トヨタ「アルファード」「エスティマ」、日産「エルグランド」など、エリシオンの敵は、昔から圧倒的な人気を誇る車種ばかり。正直、勝ち目はありませんね。

 

私の場合も、当初は「アルファード」か「エスティマ」を買うつもりで中古車探しをしていました。はっきり言って、エリシオンは眼中になかったです。

 

しかし、特にアルファードは中古車とは言え「人気車種」のため値段が高め。希望する条件に合うものだと「200万円」をゆうに超えてきます。

ちなみに、予算は150万円です。

 

エスティマも同様に価格が高く、「160万円」と僅かに予算外です。

 

そのとき、たまたまエスティマと並んでいたのが「エリシオン」でして、何気なくプライスボードを見てみることに・・・。するとそこには、とんでもないことが書かれていたのです。

「96万円」

私は目を疑いました。

 

エスティマよりも高級感があり(主観です)、走行距離や年式も対して大差ない。そんな車が、50万円以上も安く売っているのですから。

 

スタッフさんに「エリシオンって、なんでこんなに安いの?いわくつき?」と尋ねてみると、「いやいや、人気ないんっすよね、エリシオン。ハハハ」と、なんとも軽い返事が返ってきました。

 

そうです、「人気がない車」というだけで、同一グレードの車を「50万円以上」も安く買うことができるのです。

 

このように、「人気車」を選ぶか、「不人気車」を選ぶかによって、大幅な資金節約に繋がりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

もちろん、「自分が欲しい車」を買うのが一番良いですが、色々な車を見比べて気付くことも沢山あるはずです。

年式、モデルを考える

中古車は、一般的に「高年式」なものほど高くなり、「低年式」なものほど安くなる傾向にあります。

 

ですので、単純に「古いモデル」の購入を検討することにより、大幅に購入資金を減らすことができるようになります。

 

ただし、10年落ちとか、15年落ちの「超低年式車」になると話が変わってきますので、そこらへんの基準をハッキリさせておいたほうが良いです。

 

確かに、15年落ちの車であれば安く買うことが可能です。多くの場合「30万円」ほどで乗り出しが可能になりますので、資金が少ない人にはこれ以上ない掘り出し物件です。

しかし、よく考えてみて下さい。

 

「古い車=壊れやすい車」という方式が当てはまります。これが何を意味するのかというと、、、

 

中古車を安く手に入れたのは良いけど、修理代金で20万円ほどかかってしまった。

ということになる可能性が0ではないのです。というより、凄く高い確率で「故障」すると思います。

 

嘘みたいな話ですが、私の知り合いが総額「15万円」の中古車を買ったときの話です。

 

その日は快晴で、絶好のドライブ日和。彼は意気揚々と「今日は最高の日にしてあげるよ」と、彼女を連れて走り去っていきました。

15万円のボロ車で。

 

最初は天気が良いこともあり、気分よく海沿いを走っていたんだそうですが、徐々に車へ異変が起き始めます。

 

ガタガタガタガタ・・・

 

どこからともなく聞こえてくる不穏な音。

 

気になりつつも、「彼女にカッコ悪い姿を見せたくない」と、しばらく気にならないフリをしている彼。

しかし、無情にも不穏な音は鳴り響きます

 

ガタガタガタガタガタガタ・・・

ガタガタガタガタガタガタ・・・

 

と、いよいよ放っておけないほどの音になったと感じた瞬間

aprilfool_woman

バキメキバキッ!!

という音とともに、助手席側のドアが外れたんだそうです。幸いにも、乗っていた彼女に怪我はなく、大事には至らなかったみたいですが、一歩間違えれば大事故に繋がりかねない事案です。

 

まぁこんな事例は滅多に起こることではありませんので安心してもらいたいのですが、あまりにも「安い中古車」を買ってしまえば、このような事故に巻き込まれてしまう可能性は0ではありません。

 

そこらへんを意識し、「年式・モデル」を考慮して頂ければと思います。

時期を見極める

中古車の買い時はいつ?のページで詳しく紹介していますが、中古車は「時期」によって安く買えることがあることをご存知でしょうか?

 

もちろん、数十万円単位で販売価格が前後することは考えられませんが、数万円単位の振れ幅ですと、全然あり得る話です。少しでも安く中古車を買いたいなら、「購入する時期」も考慮したほうが良いと言えますね。

 

一般的に、1年で一番車が売れる時期は「3〜4月」とされています。

 

各ディーラーの決算月であることに加え、新学期や新生活が始まる時期でもありますので、新車、中古車ともに売上は右肩上がりになる月です。

放っておいても、勝手に売れてしまう時期なのです。

 

ですので、この3〜4月の時期は中古車の価格が下がりにくい時期となります。努力せずとも売れてしまうのですから、当然っちゃ当然ですね。

 

では、「いつが安いの?」という話ですが、「5月〜6月」は中古車の値段が下がりやすい時期とされています。

3〜4月に売れた反動で、5〜6月は売れなくなってしまうのです。

 

「困った。車が売れない。非常に困った」と頭を抱える中古車販売店は、少しでも購買意欲を高めようと作戦を練ることになります。

そう、「車両価格を下げる」のです。

 

そうすることで、「5〜6月は中古車の値段が安くなる」という情報を知っている人を、顧客として囲い込むことができるのですね。

ですから、少しでも安く中古車を買いたい!という人は、この時期を狙い撃ちすることをオススメします。

ボディカラーに注目

意外かもしれませんが、「ボディカラー」によって車の価値は変わります。

 

人気のある色「黒・白・シルバー」は高くなる傾向があり、不人気な色である「原色カラー(赤、青など)」は安くなる傾向にあります。

より詳しくはコチラのページ→中古車は何色が人気なの?

 

ですので、「車の色なんてなんでもいい。安ければ何も気にならない」という人や、「原色カラーが大好き!」という人は、不人気カラー車を選択することにより、安く中古車を買える可能性が高くなります。

 

「劇的に安くなる」という訳ではありませんが、やはり数万円単位で価格が動きますので、無視できる数字ではないでしょう。

 

ただし、人気がない車=売却時の査定が安くなる車

でもあります。

 

場合によっては、最終的に損をしてしまった。ということも十分考えられますので、その辺りは注意するようにして下さい。

走行距離を妥協する

良い中古車の目安として「走行距離」を気にする人は多いと思いますが、「低走行距離車=車両価格が高い車」となりますので、そこを妥協することでより安く中古車を購入することができます。

 

そもそも中古車である以上、ある程度「距離を走っていること」を前提としておかなければなりません。

 

走行距離が3万キロなんてまだまだ優しいほうで、中古車の中にはゆうに10万kmを超えるような車両も沢山あります。

 

10万kmを超えるような車は安くなりますし、お得に見えるかもしれませんが、個人的には「やめておいたほうが良いんじゃないかな?」というのが本音です。

 

故障する可能性が高いですし、価値が0に近い車にお金を払うことはナンセンスだと思いますから。

 

欲を言えば「5万km以下」が望ましいですが、妥協するなら「7万km以下」を目安にして下さい。年間走行距離が1万kmとすれば、10万kmに達するまで3年の期間がありますから。

 

車の価値は、5万kmを境にドンドン低下していき、10万kmに達することには「ほぼ無価値」となります。ですので、10万kmを「車の限界点」だと考え、車選びにもその考えを反映させるのが良いと思います。

中古車のプロに相談する

あまり知られていない方法ですが、インターネット上の手続きで、「中古車のプロ」へ購入の相談をすることができるサービスがあります。

もちろん、利用は無料です。

 

例えば「燃費が良い車が良い」「アウトドアに最適な車が欲しい」「予算◯◯円以内で買いたい」と漠然なイメージを伝えるだけでも、プロの目でしっかりとアドバイスをしてもらうことができます。

更に、中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので、その流れで中古車を契約、購入することも可能です。

 

販売店はもちろん、インターネット上でも紹介されていない「非公開車両」も紹介してもらえるので、市場価格よりも「高グレードで低価格」な中古車に巡り会える可能性が高くなります。

 

この方法で中古車を購入した場合、「保証10年」「返品OK」という、通常の中古車取引ではありえない特約がついてきますので、リスクなしで中古車を買えることになりますね。

 

特に、「返品OK」というのが心強いです。

 

「思っていたのと違った」と感じれば、乗りかえることができるんですから。普通じゃ考えられませんね。

 

選択肢の一つとして、「中古車のプロに相談する」ことも考慮してみてはどうでしょうか?

参考→詳しくはコチラ

 

長くなりましたが、以上が「中古車を安く買う方法」の全てです。