公道を走行するためには、2年に一度、必ず車検を受けなければいけません。車検に合格していない車で公道を走ることは違法行為となり、法律に罰せられることになりますので注意しましょう。

参考ページ→車検切れの車を運転したときの罰則について

 

車検に合格するには、予め定められている安全基準をクリアする必要があり、例を挙げれば「不正改造車」「整備不良車」は車検に合格することができません。

ですので、該当するカーオーナーは(車検前に)該当箇所を元に戻したり、整備したり、なにかしらの対策を行っているのですが、中には悪質なドライバーもおり、「裏車検」を通じて、不正に車検を受けようとする人たちがいます。

裏車検って一体なに?

裏車検とは

裏車検とは、その名前から想像がつく通り、「違法な手段で車検を合格に導く手段」のことを指します。通常では合格できないであろう車を、あたかも正常な車に見せかけ、検査に合格させるのです。

不正に車検を通すということは、「危険な車(整備がされていない車)」を公道に解き放つのと同義であり、非常に危険な行為ですので、法律により規制されている手段の一つです。

費用はどれくらい?

闇車検を受けるということは、「法外な車検を受ける」ということになるので、その料金は相場より遥かに高い設定となっているようです。

闇車検を請け負うことにより、車検工場も摘発などのリスクが高くなります。そのような背景もあり、闇車検の費用は30万円〜と、通常の車検費用(5〜15万円程度)に比べると、非常に高くなっているのが特徴です。

 

まぁ、まともな神経をしている人なら闇車検を選択肢として考えることもないですし、料金に関して気にする必要もありません。また、「闇車検を利用しようかな・・・」と考えている人がいるのであれば、その考えははるか遠い宇宙の彼方にでも置いてきて下さい。

犯罪ですからね、闇車検。今ならまだ間に合います、車検は正規ルートで受けるようにして下さい。

指定工場で行われる

なぜ、このような闇車検が通用するのかというと、それは「車検の仕組み」が一つの要因となっています。闇車検を行ってもバレることがないルートが存在しており、その仕組が悪の根源となっているのです。

車検を受ける工場には、「認証工場」と「指定工場」があります。

 

認証工場というのは、車検を請け負うことを許可されてはいるが、自社設備を持たないため、陸運局にて検査を行わなければならない工場のことを指す言葉です。

一方の指定工場ですが、こちらは「自社に車検を行う設備」が揃っている工場のことを指し、わざわざ陸運局へ現車を持っていかずとも、自社で検査の全てを終わらせることができる工場なのです。

 

要するに、認証工場は、陸運局にて現車の整備、書類の提出を行わなければいけないのに対し、指定工場は、自社で整備を行い、後は(陸運局へ)書類を提出するだけで車検を終わらせることができる。ということです。

指定工場は現車を持ち込まなくて良い分、業者の言い分で車検が通ってしまうことになります。仮に「公道なんか走れない、壊れかけの車」であっても、指定工場の「うん、合格!」という言葉だけで、検査に通ってしまうことがあるのです。

 

この仕組みを悪用し、本来なら車検に通らない車を無理やり通すことを「闇車検(裏車検、ペーパー車検)」と呼びますので、頭の片隅にでも記憶しておきましょう。

裏車検の罰則は?

車検を請け負う業者は、道路運送車両法により定められている法律があります。

指定自動車整備事業者は、自動車(検査対象外軽自動車及び小型特殊自動車を除く。)を国土交通省令で定める技術上の基準により点検し、当該自動車の保安基準に適合しなくなるおそれがある部分及び適合しない部分について必要な整備をした場合において、当該自動車が保安基準に適合する旨を自動車検査員が証明したときは、請求により、保安基準適合証及び保安基準適合標章(第十六条第一項の申請に基づく一時抹消登録を受けた自動車並びに第六十九条第四項の規定による自動車検査証返納証明書の交付を受けた検査対象軽自動車及び二輪の小型自動車にあつては、保安基準適合証)を依頼者に交付しなければならない。ただし、第六十三条第二項の規定により臨時検査を受けるべき自動車については、臨時検査を受けていなければ、これらを交付してはならない。

引用:道路運送車両法

要するに、指定工場は国の定めた安全基準に従う形で検査を行い、(車の)持ち主を車検を受けたことの証明を受け渡さなければならないよー!ってことが、法律により定められているのです。

裏車検においては「国の定めた安全基準」をクリアしない訳ですから、闇車検(裏車検、ペーパー車検)は犯罪以外のなにものでもないのです。

 

罰則についてですが、こちらも道路運送車両法で明確に定められています。

次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役若しくは五十万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

不正車検を行ったものには50万円以下の罰金が課せられるということですね。闇車検を行った業者はもちろんのこと、依頼側も罪に問われることになるので、その点はよく理解しておきましょう。

また、闇車検を実施した業者には業務停止や懲役刑が課せられることもあるようです。

正規ルートで車検を受けよう

正規で車検

わざわざ棚に上げて言うことではありませんが、闇車検なんて使わず、正規のルートで車検を受けるようにしておきましょう。たかだか車検で、犯罪の世界に足を突っ込むなんて馬鹿らしいですからね。

車検に通らないのであれば、該当箇所を直せば良いだけですから。わざわざ高い金を払って不正するようなことではありません。

 

このページをご覧頂いているということは、大なり小なり「闇車検」に興味があるのだと思います。もしかすれば、闇車検を申し込もうとしている人なのかもしれません。

そのような人は、この記事を見たことで足を止めることにし、正しい道へ進んで頂ければと思います。