一言で車を売るといっても、査定を受けたり必要書類を揃えたり、車査定にはやらなければいけないことが沢山あります。特に「始めて車を売る」という人にとっては、かなり敷居の高いものであることは間違いありません。

車を売るときの流れ

bmw-564950_960_720

 

そんな「車査定の流れ」ですが、簡単に言うと、業者を決める→査定を受ける→契約→引き渡し→入金という形になります。

一件、単純で簡単そうに見える車の売却ですが、注意しておいたほうが良い点と、より高く車を売るために必要な知識がありますので、一つずつ簡単に噛み砕いていこうと思います。

お願いする業者を決める

世の中には沢山の車買取り業者があるので、まずは査定を依頼する業者を決めることが必要不可欠です。TVCMを流しているような超大手買取り業者へ依頼するのもありですし、名前も聞いたことのないような中小業者へ依頼するのもありですね。

大事なのは、如何に高く車を買取ってくれる業者を見つけ出せるか?という点。

 

車査定って、買取業者の裁量で(査定額に)大きな差がでてしまうものです。A社は120万円の査定、B社は100万円、C社は113万円の査定・・・このように、数十万円単位の差が出てしまうことも決して珍しいことではありませんから。

ですので、できる限り沢山の業者へ査定を依頼することが大事な要素となります。そうですね、少なくても3社以上にお願いすることをオススメします。

査定を受ける

車売却をお願いする業者を絞ることが出来れば、次は愛車の価値を品定めしてもらうために「査定」を受けることになります。

査定を受ける方法は2通りあり、「持込み査定」と「出張査定」に分かれます。どちらの方法を選んでも良いのですが、手間を考えると出張査定に軍配が上がるんじゃないかな?と、個人的には考えています。

 

持込み査定とはその名の通り、愛車を車買取業者の店舗へ持ち込み、査定をしてもらうという方法です。大きな国道沿いには、必ずといっていいほど車買取り業者の店舗が軒を連ねていますよね。

もう一方の出張査定ですが、こちらも言葉通り、(査定士に)出張して頂き、査定を受ける方法となります。自宅付近まで来てくれるので、とても便利です。

 

いずれかの方法を駆使し、愛車の価値を確かめてみましょう。また、この時点では売却を決定(即決)せず、一旦自宅へ持ち帰り、様々な観点から再度検討するようにして下さい。

※車をより高く売るために必要です

1社に絞り、契約する

さて、複数業者から出してもらった見積書を基準に、より高い査定額をつけてくれた1社に絞り込むようにしましょう。よっぽどのことがない場合、一番高い査定額をつけてくれた業者で契約するのが良いと思います。

※但し、二重査定など、契約後に査定額を変更してくる業者もあるので注意して下さい。

二重査定について

 

また、この時点で出ている査定額を材料に、査定額をアップさせる交渉を行うことも視野に入れておいたほうが良いです。

B社に対し、A社はそちらより3万円高い査定額を出してくれているのですが・・・と交渉することで、ライバル争いを意図的に引き起こすことが可能となります。

車両、書類を提出する

査定を行い、売却する業者で契約を済ませれば、後は車両及び必要書類を提出することで車の売却は終了です。ここで躓くと不要な時間が必要となりますので、注意しておきましょう。

車両、必要書類の引き渡しは、店舗に持ち込む、引取り、輸送などの方法があります。持ち込むのが一番手っ取り早い方法ではありますが、その辺りは買取り業者と要相談です。

 

輸送に関してですが、こちらに関しては「輸送費はどちらが負担するか」を契約時に取り決めておくようにしましょう。数万円かかるものだけに、トラブルへ発展してしまう可能性も考えられます。

必要書類について

車を売却するときは、必ず必要になる書類があります。不備があれば流れを止めてしまうことになるので、注意して取り揃えるようにしておきましょう。必要書類は以下のとおり。

  • ■自動車(軽自動車)税納税証明書
  • ■車検証(氏名、住所に不備がないかを確認しておきましょう)
  • ■自賠責保険証
  • ■印鑑証明
  • ■実印
  • ■リサイクル券(→参考

入金を待つ

ここまでを終わらせれば、後は入金を待つだけです。通常1週間以内に指定した口座に振り込まれることになりますが、最短であれば3日以内に振り込んでもらうことも可能です。

新たに車を買う資金として早急にお金を用意したい場合は、買取店に「できる限り早く入金して下さい」とお願いしておくようにしましょう。

 

また、即金で、なおかつ現金でお金を受け取りたいという人は、即金に対応した業者で契約する必要がありますので注意して下さい。

※即金、現金受取りは個人的にオススメしていません。参考ページ→即金で車を売ることはできる?

車を売るときは、焦らず慎重になることが大事

遠回り

 

車を売るときは、次に買う車の兼ね合いから、焦って事を進めてしまう人が多く見受けられますが、より良い契約を結ぶためには焦らず慎重に事を進めることがとても重要な要素となります。

例えば、焦って1社だけの査定で契約を進めてしまえば、とても安い金額で車を買い取られてしまうことが考えられますよね。ほんと、勿体無いです。

 

時間をかければ必ず良い結果を生み出せる訳ではありませんが、時間をかけ、慎重に事をすすめることで「より高く車を売る」という目的を成功させることができる可能性を底上げすることは可能です。

短い人生、生き急いでしまうことは仕方ありませんが、「急がば回れ」という言葉があるように、遠回りすることにより得られるものがあるものですので、その辺りを考慮し、行動に移して貰えればと思います。