車は所詮機械です。

ですので、定期的な点検を行わなければ故障する可能性は高くなりますし、故障する可能性の高い車で公道を走るという行為はとても「リスクの高い」ことなのです。

 

そのことから、車を所持するオーナーには、「1年点検」「2年点検(車検時)」を行うことが法律で義務付けられています。

 

1年点検(法定12ヶ月点検)は、法律上義務付けられているものですが、仮に受けなかったとしても「それに伴う罰則」がありません。

このことから、1年点検を自主的に行うオーナーは少数(4割程度)とされています。

 

ただし、1年点検を受けずに何かしらの故障、不備があった場合、メーカー保証などが無効になる恐れがありますので注意しておきましょう。

 

一方の「2年点検(法定24ヶ月点検)」ですが、これに関しては「車検時」に行うことになりますので、受ける、受けないの選択肢がオーナーに認められているものではありません。

車検に通していない車を運転することは法律違反となり、重い処罰の対象となるので注意しましょう。

 

それほど、車にとって「整備しているかどうか」というのは重きをおく点であり、「しっかり整備がされている車かどうか?」を確認するため、「定期点検整備記録簿」というものが用意されています。

 

一体、「定期点検整備記録簿」とはどのようなものなのでしょうか?また、定期点検整備記録簿がない中古車を購入するときの考え方はどのようなものなのでしょうか?

 

くるま2

定期点検整備記録簿ってなに??

定期点検整備記録簿とは?

定期点検整備記録簿とは、「1年点検、2年点検」の整備記録をまとめておくための記録簿です。

新車購入時、自動車メーカーからもらえるものですし、整備を行った自動車販売店(整備工場)が独自に発行していることもあります。

 

ただし、整備記録を必ず定期点検整備記録簿に書かなければならないといった法律がないため、あくまで「しっかり整備されている車か」を見極める指標の一つとして考えておいたほうが良いです。

 

例えば、自動車メーカー(今回はHONDA)から発行される定期点検整備記録簿はこのようなものです。

 

IMG_0014

 

IMG_0015

 

私は、車の整備に関して無知なこともあり、定期点検整備記録簿の存在をないがしろにしてきたため、ダッシュボードの奥底でグチャグチャになって発見されました。

この機会をキッカケに、これからはしっかり整備記録を付けていきたいと思いますし、この記事をご覧の皆様もそうして頂ければと思います。

 

さて、この「定期点検整備記録簿」ですが、中古車購入時の指標にもなりますので、これから中古車を買う予定のある人はぜひ確認しておいて下さい。

定期点検整備記録簿がない中古車はどう捉えるべき?

定期点検整備記録簿は、「必ず常備し、必ず記入しなければならないもの」ではなく、「あったら便利でしょ?」程度のものです。

ですので、中古車の中には「定期点検整備記録簿がない」車もある訳でして、このような中古車をどのように捉えるかにより「その中古車の良し悪し」を見抜けるキッカケにもなるのです。

 

見られたら都合の悪い「整備記録」をもみ消すため、わざと付属させていない可能性も考えられますし、そもそもまともな整備を一度も行っていない中古車なのかもしれません。

 

一体、整備記録のない中古車はどう考えるべきなのでしょうか?

ただ単に紛失している可能性も

散々お伝えしている通り「定期点検整備記録簿」は車に必ず必要なものではありません。

前のオーナーがうっかり紛失してしまったことも考えられますし、「こんなものいらない」と破棄してしまった可能性も十分考えられます。

 

ですので、「定期点検整備記録簿がない中古車」というだけで、質の悪い中古車という烙印を押してしまうのはナンセンスだと言えますね。

整備記録はないけど、実は超優良な中古車だった。ということも有り得る話ですから。

 

どうしても気になる場合は、販売店スタッフに車のコンディションを訪ねるなどの方法があります。

購入時は販売店による「整備」も行われますので、定期点検整備記録簿の有無は、「それほど気にしなくても良い」と言えます。

走行距離の偽装

実は、定期点検整備記録簿には「整備時の総走行距離」が記入されることになっています。

 

定期点検整備記録簿の走行距離記載

 

↑この場合は、整備時の走行距離が「10341km」だということになります。

 

この表記に対して、都合の悪い人たちがいます。

そう、「走行距離」を偽装し、客を騙して中古車を販売する悪徳な業者です。主に、「メーター巻き戻し」という方法をとり、あたかも「低走行距離車ですよ」と販売するのです。

参考ページ→メーター巻き戻しについて

 

このような質の悪い悪徳業者は、「実際の走行距離」がバレるのを恐れています。

ですので、整備時の走行距離が記載されている定期点検整備記録簿を、故意的に破棄することにより、真実を隠蔽しようと考えるのです。

 

このことから、定期点検整備記録簿がない中古車の場合、「走行距離偽装」の疑いが捨てきれないため、「この業者、なんか胡散臭い」と思い当たる節がある場合、購入は控えたほうが良いといえるでしょう。

走行距離偽装を素人目で見抜くことは難しく、購入後も発覚しないケースがほとんどですので注意しておきましょう。

くるま

悪徳業者に注意しよう!

売却時に損をすることも

定期点検整備記録簿は、要するにその車の整備状況を見るためのものですので、「その車のコンディション」の全てがそこに要約されている訳です。

ですので、定期点検整備記録簿がない場合、売却時にマイナス査定を受ける可能性が高くなります。

 

買取業者が査定を行うときは、外装の傷や凹み、内装の汚れなど、要するに「外から見える部分」しか見ることができない訳です。

もちろん、エンジンをかけ、エンジン音に異音がないか、ハンドリングに異常はないか?など、その辺りの見極めはしっかりしているのですが、それでもなお「車の内部状況」を知る術がないのです。

 

そのため、車を買取るときは「定期点検整備記録簿」に記載されている情報を重視する傾向にあるのです。

 

愛車売却時に少しでも査定額を上乗せするためにも、定期点検整備記録簿はしっかり保存しておいたほうが良いと言えますね!