車を手放そう・・・と判断する材料は人それぞれですが、中には「水没車になってしまった」という理由で、車を手放さなければいけないことになった人もいるはずです。

そこで疑問に思うのが、「水没車でも売れるのか?」ということ。結論から言いますと、水没車でも売ることのできる可能性は十分残っていますので、まずは査定に出すことから始めてみましょう。

水没車ってなに?

car-784887_960_720

 

水没車というのは、その名の通り「水に浸かったことのある車」のことを指す言葉です。パット見で判断することはできませんが、一度でも水没してしまった車は水没車として扱われることになるので、該当する人は注意して下さい。

例:大雨による河川の氾濫で、車が水に浸かってしまった

車は下からの水に弱い

車は、上からの水には滅法強いですが、下からの水に滅法弱い。という性質を持ってします。どれだけ大雨が降っても、車内に浸水してくることはありませんよね?(雨漏りしてる場合は別ですが・・・)

ですので、大雨が降った、上から水をかけた(洗車など)程度であれば、車内はもちろんのこと、エンジン内部に水が浸水してくることはあり得ません。

 

しかし、河川の氾濫などにより、車の車体部分にまで水かさが上がってしまった場合、車内、エンジン内部に水が入ってしまう可能性が高くなり、その結果として、「水没車」として扱われることになってしまいます。

自然現象なので太刀打ちすることはできませんが、万が一のときを考え、車両保険への加入をオススメします。

修理することもできる

水没車であっても、修理することは可能です。例えば、車内に水が浸水し、シートやフロアマットが濡れたとします。この場合、カビや匂いが発生することになりますので、早めに対処しなければ取り返しのつかないことになります。

業者に頼み、該当箇所を洗浄してもらうことで解決することができますので、まずは相談してみましょう。

 

また、エンジン内部に水が浸水し、「エンジンが動かなくなってしまった・・・」というケースに関しては、修理することはできるが、修理料金が凄く高くなってしまうことが考えられます。

保険対象外の場合、修理するよりも買い換えたほうがお得になることも考えられますので、その場合はケースバイケースで考えるようにしておきましょう。

査定額は下がる

一度でも浸水してしまい、水没車として取り扱われる車は、残念ながら査定額が著しく低下することになってしまいます。コンディションの良い同一車種が100だとすると、水没車は10〜30の価値になってしまうことでしょう。

水没車は「事故車・修復歴有り」と同様に判断されることになり、市場価値が非常に低くなります。要するに(車としては)無価値に近い状態になってしまうので、査定額の低下を避けることができないのです。

 

しかし、車の価値は日本市場で流通することが全てではありません。使えるパーツを再利用することで活躍することも可能ですし、海外へ輸出することで新たな価値を見いだせる可能性も高いです。

事実、日本で買い取られた中古車の3割は海外で売られています。日本では価値のない水没車であっても、海外では重宝されることがあるので、その点を考慮し、買取ってくれる業者は沢山あります。

水没車を売る方法

miniature-1024661_960_720

 

水没車は売れる。ということが分かりましたので、次は実際に売却するまでの流れを掴んでいきましょう。適当に査定を出し、適当な業者に売ってしまえば、非常に大きな損を被る可能性がでてきますので、その辺りは注意するようにして下さい。

買取ってくれる業者を探す

残念ながら、存在する全ての業者が水没車を買取ってくれる訳ではありません。中には「水没車は買い取れません」とキッパリ拒否する業者もありますし、「反対に廃車費用を頂きます」とお金を請求するような業者もあります。

ですので、まずは買取ってくれる業者を探しだすことから始めましょう。

 

方法としては、「数撃ちゃ当たる方式」で責める方法と、「事故車専門買取り店で売る」方法があります。世の中には沢山の車買い取り業者がありますので、5社、10社と数をこなすことで、買取ってくれる業者を見つけることができます。

もう一つは、カーネクストのような、廃車専門で買取りをしている業者で査定を受ける方法です。最低でも0円査定(廃車費用を考えるとお得)をしてくれますので、損をすることはありません。

修理してから売ったほうがいい?

水没車は査定額が著しく低下してしまう・・・となると、「修理してから売ったほうがいいんじゃないの?」と考えを改める人も多いでしょうが、その案はボツにしたほうが良いです。

そもそも、一度「水没車」と定義付けられた車は、いつまで経っても水没車です。修理をしたからといって、過去の経歴を消せる訳ではありませんので、修理をするという行動自体、無駄になってしまうことが考えられます。

 

もちろん、修理費用が1万円で、査定額が5万円アップした。このような状況であれば、修理してから売ったほうが良いと思います。が、実際は修理費用が5万円、査定額が1万円アップ。と、このように、修理をしたほうが損になるケースがほとんど。

どうせ損をするなら、修理に出さず、ありのままで査定を受けたほうが良いと言えますね。

廃車だけはやめておこう

最後になりますが、いくら状態の悪い水没車であっても、「廃車」にする選択肢だけは捨て去るようにして下さい。廃車にするにもお金がかかりますし、なにより少しでもお金になる車をみすみす捨ててしまうのは勿体無いです。

水没した車なんて売れないよ・・・と考えてしまう人もいるでしょうが、それはあなたの先入観であり、全ての人間の総意ではありません。

 

例え水没車であっても手に入れたい!と考えている業者や人は、想像以上に沢山いるものです。廃車にすることで(車の)価値を0にしてしまうのであれば、まずは査定に出し、愛車の価値を最大限高めることに全力を尽くしたほうが賢い選択といえます。

ぜひ、参考にして下さい。