質の良い中古車を目利きするには「走行距離の少ない車」を狙い撃つことが大事な要素となります。が、あまりにも現実離れした「低走行距離車」には注意したほうが良いかもしれません。

要するに、「走行距離が少なすぎる」車には注意しよう!ってことです。

 

そもそも、車の走行距離は「年式」と比例します。例えば、10年落ちの車であれば、走行距離が「100000km」程度が目安となります(1年=10000kmと計算)

これが、10年落ちの車にも関わらず「20000km」しか走っていない・・・など、年式と走行距離が比例しないときは、その車には「なにかしらの理由がある」と考えておいたほうが無難でしょう。

 

くるま

年式に対して、明らかに走行距離が少ないときは警戒しておいたほうがいいかもね。その理由をこれから説明していくよー!

 低走行車はオススメ

年式と比例しない「低走行車」には注意したほうが良いですが、「走行距離が少ない」という点を中古車選びに反映させるのは大正解です。

車の価値は走行距離で決まりますし、コンディションもほぼほぼ走行距離に比例することになります。なので、中古車を買うときは「走行距離」を重視し、決して妥協しないことをオススメします。

 

目安としては「(走行距離が)30000km〜50000km」程度の中古車が狙い目です。もちろん、これより走行距離が少ないほうが「質が良い中古車」と言えますが、あまりにコンディションの良い中古車は「新車と値段が変わらない」です

要するに、中古で車を買うメリットがなくなるということです。車を中古で買う一番のメリットって、やっぱり「価格面」ですからね。

 

新車価格と中古車価格にそれほど開きがないなら、よっぽどの理由がない限り「新車で買うこと」をオススメします。

 

気をつけたいポイント

それでは本題の「走行距離が少なすぎる中古車は怪しい?」というテーマに沿ってお話していきたいと思います。くどいようですが、ここでいう低走行車は「年式と走行距離が比例していない車」のことです。

そもそも、低走行車の定義ですが「1年=10000km」を走っていない車のことを指します。一般ドライバーが年に走る距離が「10000〜15000km」と言われていますので、その数値を下回る場合は「低走行車」と定義されることになります。

 

「5年落ち」の中古車であれば「5万km以下」であれば低走行車、「5万km以上」が過走行車と位置づけられます。

例えば、5年落ちにも関わらず、走行距離が10万kmを超えている。このような中古車の場合、どれほど魅力的な値段であっても「スルー」するのが懸命と言えますね。

 

さて、低走行車を目利きするときに気をつけておきたいポイントは以下の通りです。

 

チェックリスト

  • 試乗車落ちの中古車
  • 走行メーター偽装
  • 放置されていた車

では、一つずつ見ていきましょう。

試乗車落ちの中古車

新車ディーラーで「試乗車」として扱われていた車が中古車として市場に出回ることがあります。この場合、年式と走行距離が比例していない「低走行車」の場合が多いので注意しておきましょう。

一見「試乗車」は魅力的に映るかもしれませんが、どちらかというとデメリットのほうが多くなります。ただし、新車ディーラーが管理していた車という点については評価できるポイントでもあります。

 

なぜ試乗車落ちの中古車がオススメできないのかというと・・・

 

牛

  • 短距離走行が多い(エンジンの調子が悪くなる傾向にあります)
  • 不特定多数の人が乗るため、傷や汚れが多い
  • それほど値段が安くない

このような理由が挙げられます。特に「不特定多数の人が乗る」という点については沢山のデメリットを感じますね。また、試乗車ということでズサンな管理をされている場合が多いです。

走行メーターの偽装

中古車販売店の中には、残念ながら「悪質」な業者も紛れ込んでいまして、実際の走行距離とは違う数値で販売を行う、いわゆる「走行メーター戻し」があります。

詳しくはコチラのページ→メーター巻き戻しについて

 

最近では法整備も進んできており、昔に比べれば「メーター戻し」を行うような悪質な業者は減ってきているものの、まだ「0になった」とは言い難い状況ですので、気を抜かないのが一番です。

 

あまりにも年式と走行距離が比例しない場合は、メーター巻き戻しにより走行距離が偽装されている可能性がありますので、十分注意するようにして下さい。

放置されていた車

走行距離が少ない=車の使用頻度が少なったと言えますので、走行距離が少ない車は「放置されていた車」である可能性も考えられます。

例えば、車検切れで動かすことができなくなり、車庫で眠っていた車。事故や故障で動かなくなり、長期間放置されていた車。などなど、様々な憶測を立てることができますね。

 

車のエンジンを長期間動かさず、放置してしまえば、どんどんドンドン「劣化」してしまうことになります。要するに、「エンジンの調子が悪い車=コンディションが悪い車」となり、目に見える走行距離以上の劣化が進んでいることが多いのです。

また、事故や故障で動かしていなかった車は論外ですね。このような中古車を掴んでしまえば、高確率で後悔することになると思います。十分注意しておきましょう。

結論

結論としては、「走行距離が(年式と比例せず)少なすぎる中古車」は買わないほうが良いと言えます。当たりを引く可能性も考えられますが、車購入にギャンブル要素を盛り込むのは危険です。

「あれ?この中古車、年式の割に走行距離が少ないなー」と感じた場合、その車種の価格相場を調べることで良し悪しの判断をすることができます。

 

「なにかしらの理由」がある中古車は、例に漏れず「相場価格より安い値段」で売られていることがほとんど。質の良い中古車が相場より安いなんてありえませんからねー。

少しでも「怪しいな」と感じる部分があれば、まずは「疑う」ようにすることが大事だと言えますので、その辺りを意識した中古車選びをするように心がけておいたほうが良いですね!