車を手放すときや乗り換えるときは「愛車を売却」することを考えると思います。車を売る方法としてメジャーな方法は「下取りに出す」方法と、「買取業者へ買取ってもらう」方法、この2つがありますが、一体どちらのほうが愛車の価値を高く見積もってくれることになるのでしょうか?

知っていると知らないでは、数十万単位の損をしてしまうかもしれませんので、ぜひ一読して頂ければと思います。

下取りと買取りについて知っておこう

PAK105215431_TP_V

 

下取りと買取りを「同じもの」と認識している人は多いようですが、この2つの間には明確な違いがありますので、まずは下取りと買取りは「一体何が違うの?」という点についてお話していこうと思います。

どちらも「車を売る」という事実は変わりありませんが、両者ともの特性を知ることで、どちらで愛車を引き取ってもらうのが良いのだろうか?という疑問をハッキリさせることができますので、知ってるよ!って人も、確認のため一度目を通して下さいね!

下取りとは?

新車ディーラーで商談をしていると、必ず「下取り」についての話題がでてきます。

それもそのはずで、下取りとは「車体本体価格の一部として車を引き取り、その価値に応じて価格を下げるもの」だからです。

 

例えば下取り価格が50万円で、車両価格が300万円の新車を買うとすれば、300−50=250万円で新車が買えることになりますね。

極端な話、下取りも「車を買取りしている」ことになるのですが、形としては「車を引き取っている」ということになるのです。言い回しの違いですが、この辺りはハッキリさせておいたほうが良いと思ったので、ここで書かせて頂きました。

 

愛車を下取りに出すメリットとしては、「実質的な値引きのための交渉材料」として使えるところで、具体的には「これ以上値引き出来ないのなら、下取り価格を上げてよ~」って感じで交渉することになります。

ディーラー側も車両本体価格からの値引きであれば躊躇してしまう傾向にありますが、下取り価格を上げることに対しては案外軽い感じでOKしてくれるところが多いです。

買取りとは?

一方の「買取り」ですが、こちらは言葉通り「車を買取ってもらう」という意味を指す言葉です。下取りとは違い、買取りに特化した事業者と契約を交わすため、下取りよりも「高い査定額がつく」というメリットがあります。

 

ただ、下取りの場合は「購入」と「売却」を同時進行できるというメリットがありますが、買取りの場合、完全な別口で行動を起こさなければいけません。

買取り業者へ直接車を持ち込んだり、インターネット上から出張査定をお願いしたり。形は様々ですが、そのような手間がかかってしまいます。

どちらのほうがお得に売れる?

scale-306515_960_720

 

下取りにしても買取りにしても、「愛車をお金に変える」という最終的な目的は変わりないのですが、私たちユーザーが気になるのは「どっちのほうがお得なの?」ってことですよね。

買取りと下取り、いずれもメリット、デメリットがありますが、果たして車を売るときはどちらの方法を選択したほうがお得なのでしょうか?

高く売るなら買取り

愛車を1万円でも高く売りたい!そう願うのなら、下取りよりも買取りを選択したほうが良い結果を得られる可能性がグンと高くなります。

 

先ほどもお話した通り、下取りは「ディーラー」が行うものであり、買取りが専門ではない彼らにしてみれば「買取りに力を入れる必要はない」と考えるのが自然です。

そのため、下取り査定額が安くなってしまう傾向にあり、実質的に「(金銭的に)損をしてしまう」ということになります。ですので、より高い査定額を狙うのなら、下取りよりも買取りを選んだほうが良いって訳です。

 

買取り業者は各方面に中古車を流通させるための様々なルートを持っていますし、なにより「車を買取ること」を生業にしている彼らからすると、車を買い取れなければ話にならないのです。

また、ライバル業者も多いため、査定額を高くすることによりライバル業者を蹴落とそうとする動きすらあります。その点でみても、車を高く売るなら「買取り」を選択するべきです。

楽をするなら下取り

「お金なんてどうでもいい。とにかく楽がしたいんや」って人は、買取りではなく下取りを選ぶほうがお得だといえます。なぜなら、下取りは「車を買うついで」に交渉することができ、時間面でのメリットが沢山あるから。

とにかく下取りは手間も時間もかかりませんので、全てにおいて楽をしたい人にとってはこれ以上ない便利なシステムとなっているのです。

 

それに加え、新車引き渡し時に愛車(前の車)を手放すことができるので、車のない空白期間を一切出すことなく車の買い替えを終わらすことができます。

代車のことなんて全く考慮する必要がないので、その点で見ても下取りは「楽」だといえます。

さらにもっと高く売るなら

family_syunyu

 

下取りよりも買取りのほうが車を高く売れる!ってことは分かって頂けたと思いますが、さらにさらに、車の査定額を底上げすることを願うのであれば、「複数業者へ査定を依頼」することをオススメします。

というより、買取り業者に車を売るときは、一番高額な査定額を見出すため、複数業者に査定を依頼することが最早当たり前となっています。

 

A社では60万円の査定、B社は85万円、C社は 70万円・・・と、買取り業者によって数十万単位の差が査定額に表れますので、少なくても5社程度には査定を申し込んだほうが良いです。

ただ、何件も何件も買取り業者へ足を運ぶのも億劫ですから、「かんたん車査定ガイド」のような一括見積もりサービスを使うことでその手間を少しでも楽にすることができます。

 

ちなみに一括見積もりサービスとは、複数の車買取り業者(最大10社)に一括で査定を依頼することができるものです。5分程度で申し込みすることができるので、時間のあるときにでもチャッとやってしまいましょう。

大体の下取り相場を調べる方法

magnifying-glass-1083378_960_720

 

自分の愛車にどれくらいの価値があるのかを知りたい・・・って人は、大体の下取り相場を検索する方法がありますので、そちらで確認してみて下さい。

「トヨタ 下取り参考価格情報」←ここから車の下取り相場を検索することができますよー(日産、HONDAなど、他社メーカも対応しています)

 

では、ちょっとやってみたいと思います。私の愛車、「HONDA エリシオン」で下取り相場を調べてみましょう。

 

エリシオン下取り相場

 

↑私のエリシオン、35万円だそうです。やっすww

結局どっちが良いの?

150415342006_TP_V

 

結局、下取りと買取り、どっちのほうが良いの?って話ですが、個人的には「買取り」をオススメしていますし、結果としても買取りのほうがお得に車を売ることができると感じています。

だってね、1万円でも高く売れたほうが良いじゃないですか!下取りに比べればそりゃ手間はかかりますけど、そのちょっとした手間を行うだけで数十万円ものお金が舞い込んでくるかもしれないのですから。

 

ですので、結論としては「買取りをオススメするよー」ってことで。