新車を買うとき、今まで乗ってきた愛車を「下取り」に出す人が多いですが、事前に【愛車の下取り相場を知っておきたいんだけど・・・】という人も案外多いと思います。

自分の愛車が大体幾らぐらいで売れるのか?を知っておけば、新車購入予算を決めやすいですし、精神的にも凄く楽になりますからね、ぜひ、事前に愛車の下取り相場を知っておいて下さい。

愛車の下取り相場を完全無料、なおかつ超簡単に調べる方法

150912025921_tp_v

 

 

愛車の(大体の)下取り相場を調べるのに、「完全無料」で、なおかつ「超簡単、お手軽」な方法があるので、紹介します。1分あれば調べれますので、ぜひチャレンジして下さいね!

愛車の下取り相場を調べるには、車業界で天下をとっていらっしゃる「TOYOTA様」が提供しているサービスを使います。

このサービス

 

論より証拠と言いますし、習うより慣れろとも言いますので、実際に下取り相場を調べてみたいと思います。では、なんとなく「HONDA フリード」の下取り相場検索!

※TOYOTA車だけではなく、他社メーカーの下取り相場も調べることが可能

 

下取り相場検索 フリード

 

↑まずは、メーカー、車種、年式を指定します。ここではHONDAフリード、年式は平成22年のものを選択します。(車種と年式は適当に決めました)

ボディタイプ選択

 

↑次に、フリードのボディタイプ、型式を選択します。ここでは(なんとなく)上から3番目を選びたいと思います。

 

タイプ

 

↑最後にグレードと仕様を選び、結果を見ます・・・

 

フリード 下取り相場

 

HONDAフリードの下取り相場は、「62万円」という結果になりました。案外、高く下取りしてくれるものですね。

下取り相場は、あくまで相場であると割り切っておく

皆さん、分かっていらっしゃるとは思いますが、この方法で調べた下取り相場は、あくまで大体の相場であり、実際の査定額はここで表示される金額より低くなるということを重々承知しておくべきです。

というのも、下取り査定は「走行距離」「ボディの傷や凹み」「オプション」など、様々な要因をチェックし、最終的な判断が下されるものだから。

 

例えば、走行距離が「10000km」の車と、「60000km」の車では、下取り価格に凄く大きな差がでます。それこそ、50万円、60万円とか、数十万円以上の差がでることも、特に珍しいことではないです。

この辺りを理解しておかなければ、実際の下取り査定額を目の当たりにしたとき、「な、なんということでしょう・・・」となる可能性がとても高いです。

下取りは、査定額が低くなりやすい

freee151117071495_tp_v

 

下取りは、新車購入と愛車の売却(下取り)を同時に行うことができるので、時間的ロスを最大限抑えることができます。要するに、手間を最大限省ける訳ですから、新車を購入する大部分の人は「ディーラーにて下取り」で、大事な愛車を手放すことになります。

しかし下取りには、無視することのできない大きなデメリットがあることをご存知でしょうか?

 

そのデメリットとは、「査定額が安くなる」こと。もう少し言うと、「愛車の価値を最大限低く見積もられてしまう」ことになります。

 

下取りを行うのは「新車ディーラー」であり、販売のプロです。

販売のプロとしての腕前は一級品ですが、「買取り」となれば話は別。プロではなく、言わば素人が査定を行う訳なので、その結果として【査定額が安くなってしまう】のです。

 

ですので、少しでも愛車を高く売りたい・・・と考えるのであれば、下取りではなく、買取りのプロであるプロフェッショナルな業者へ査定をお願いしたほうが良い結果に繋がりやすいです。

具体的にいうと、「車買取業者」に査定を依頼し、下取りではなく買取りで愛車を手放すことが、より高い金額を受取ることができる最善策となるのです。

買取り査定額を知るには、一括査定サービスがオススメ

愛車の買取り金額を知るには、「かんたん車査定ガイド」のような、一括見積りサービスを使うのが便利ですし、最早「使わない人っているの?」レベルで、常識になりつつあります。

かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

 

一括見積りサービスというのは、「一度の申し込みで、複数の車買取業者へ査定を依頼できる」というもので、利用することで、愛車へ最高値をつけてくれる業者を原油を掘り当てるが如く、探し出すことができるのです。

A社は100万円、B社は110万円、C社は130万円と、買取業者により数十万円以上の差がでることも珍しいことではないので、「愛車を高く売りたいんや」という人は、ぜひこのようなサービスを活用してみましょう。