車を売る手段として、「買取り」と「下取り」があります。どちらで売ったほうが良いのかな?と迷っている人も多いと思いますが、下取りと買取りで迷ったときは、まず双方のメリット、デメリットを考え、比較するべきです。

今回は「下取り」で車を売ることで得られるメリット、損をしてしまうデメリットについてお話していきますので、買取りとの比較対象にして頂ければと思います。

下取りって?

YUKA150701598457_TP_V

 

買取りと下取りを同義語として考えている人も多いようですが、下取りと買取りの意味は全く性質が違うものであり、その違いを分かっていないと、大きな損を被ってしまう可能性があります。

買取りとは、その名の通り「業者に買取ってもらう」ことを指す言葉ですが、下取りに関しては「車を引き取ってもらい、価値相応分を新車価格から差引いてもらうこと」を指す言葉です。

 

いずれにしても「愛車をお金に変える」という意味では同じですが、根本的な意味合いが違うということを理解しておき、この先を読み進めて頂ければと思います。

関連ページ→下取りと買取りの違い

下取りのメリット

まずは、下取りで得られるメリットを考えていきます。下取りで車を手放すことで得られるメリットは以下の通り。

  • ■安心感を得られる
  • ■手間が少ない
  • ■値引き材料として使える

安心感を得られる

車買取り業者が必ずしも信用できないという訳ではありませんが、やはり、新車ディーラーに比べると安心感で劣ってしまうことになります。

事実、不正や悪事を働いている買取り業者もいますので、より安心感、安全性を求めるのであれば、ディーラーに下取りしてもらうほうが良い傾向にあります。

 

ディーラーはメーカー直営という訳ではないのですが、やはりHONDA、TOYOTA、NISSANなど、大手メーカーの看板をぶら下げ営業している以上、不正、悪事を働けない(働きにくい)環境にあるのです。

大手ブランドの安心感を得て、気持よく車を手放したいと考える人は、下取りを選択したほうが良いと言えますね。

手間が少ない

これ、下取り最大のメリットです。買取りで車を手放す場合、業者を探す→査定を受ける業者を決める→査定額を交渉する→車を売却する。といった一連の流れが必要になり、車売却が決定するまで何度も交渉を続けなければいけない場合もあります。

その点、下取りでは購入と売却を同時に行うことができますので、その手間を全て拭い払うことができるのです。時間的ロスを、限りなく0に近づけることができるということですね。

 

車を買うときは、忙しい合間を縫い、ディーラーで交渉し、様々な要素を考慮した上で商談を決定づけることになります。(車の購入は)ただでさえ時間のかかることですので、時間を有効活用することが何よりも大事な要素となるのです。

値引きの材料として使える

最早、新車購入時は「値引き交渉」を行うことが一般的として認識されています。中には交渉が苦手な人もいらっしゃるでしょうが、値引き交渉を行わないのは損でしかありませんので、大なり小なり値引きをお願いすることを前提に話を進めていきましょう。

というより、ディーラー側も値引き有りきで商談をしています。あまり気にせず、「値引きって、どれくらいしてもらえますか?」と聞いてみることにして下さい。

 

そんな、やって当たり前である値引き交渉ですが、下取りを値引き材料として扱うことができます。正確には、値引きではなく、下取り価格を上げてもらう交渉ができる。ということです。

というのも、ディーラー側は「車体本体価格」から値引きを行うよりも、下取り価格を上げ、実質的に値引き額を引き上げるほうやりやすいからです。

 

特に人気車種の場合、本体価格から値引ける金額は雀の涙ほど。ほんと、2万円とか3万円しか値引きしてもらうことができないような車種もあります。

その点、(価値が)流動的な下取り価格に関しては、価値を操作することが容易くなり、例えば(最初は)50万円の下取り価格がついた車を、55万円の査定額に引き上げてもらいやすい。ということです。

 

このように、下取りを値引き材料として使うことで実質的な値引きを行うことができますので、こちらも下取りのメリットであると言えますね。

下取りのデメリット

下取りには、メリットの反面、デメリットも存在します。デメリットを考慮せず、流れに任せて下取りに出してしまう行動は、非常に大きな損を被る可能性があるので、十分意識し、注意して下さい。

下取りのデメリットは以下の通り

  • ■査定額が低い
  • ■カスタマイズが考慮されない
  • ■他社メーカーは安くなる傾向

査定額が低い

 

下取りは、買取りに比べると、査定額が低くなる傾向にあります。数万円程度であれば(メリットを考えると)大した損害ではありませんが、10万円とか20万円とか、数十万円単位で査定額が前後しますから、無視できる話ではありません。

買取りは下取りより、多少の手間がかかってしまいます。が、その少しの手間を許容することで、10万円、20万円と得することになるのですから、お金的な面で見ると、どちらにメリットがあるかは一目瞭然です。

 

新車ディーラーや中古車販売店の主要事業は、買取りではなく販売です。買取りを専門としてる業者に比べると場数の差、ノウハウの差、流通ルートの差が躊躇に出てしまい、結果として(買取店より)査定額が低くなってしまうのです。

カスタマイズが考慮されない

明らかに万人受けしないカスタマイズ(暴走族的な)であれば、下取りでも買取りでも査定額が下がる傾向にあります。が、綺麗にカスタマイズされている車や、装備が充実している車であれば、その価値を(査定額に)考慮してくれるような業者も存在します。

そのため、カスタマイズを施している車は「専門に扱っている買取り業者」へ売ることが一番です。

 

一方の「下取り査定」ですが、基本的にはカスタマイズされているかどうかは考慮されません。反対に、カスタマイズをしていることにより査定額が下がることも考えられますので、該当する車を所持している方は、大きな損をする可能性が高くなります。

下取りは、カスタマイズを考慮されることはない。ということを、予め分かっておきましょう。

他社メーカーは安くなる傾向にある

例えば、TOYOTAの車をHONDAディーラーへ下取りに出すとなれば、やはり、下取り査定額は低くなってしまう可能性が高いです。(下取りしてもらえない訳ではありません)

もちろん、下取りはある基準(車の相場)に沿って査定額が算出されるため、他社メーカーだからといってそれほど大きな金額を減額されることはありません。

 

あくまで「少し不利になる」程度ではありますが、どうせ売るなら少しでも高い金額で引き取ってもらうほうが良いですよね?

このことを考えると、他社メーカーへの買い替えは、下取りに出すと損をする。と言うことができます。

関連ページ→下取りは同一メーカーのほうがいい?

下取りと買取り、どっちが良い?

どっちがいい?

下取りのメリット、デメリット、この双方を知ったうえで、「買取りと下取り、どっちが良いのか?」という結論を出さないといけない訳ですが、個人的には下取りよりも買取りで車を手放したほうがいいと考えています。

もちろん、下取りには時間的ロスを減らしたり、安心感を得られるというメリットがありますが、その点を差引いてでも、下取りに出すことで被ってしまうデメリットのほうが際立ってしまうのです。

 

車を売る上で、一番気にすることってなんでしょうか?恐らく、大半の人が「高く売れるかどうか」を気にするだとうと思います。例え5000円でも高く売れたほうが良いですもんね。

先ほどもお話した通り、下取りよりも買取りのほうが「高く売れる」可能性が高いので、「より高く車を売りたい!」という願望を実現するためには、下取りでは役不足となってしまうのです。

 

このことから、下取りと買取り、どちらで車を手放したほうが良いのか?という問に関する結論は、「買取りのほうが良い!」となります。

これから車を手放そうと考えている人は、ぜひ参考にして下さい。