新車を買うときは、これまで乗ってきた愛車を下取りに出す人がほとんどだと思いますが、「下取りって、違うメーカーのものでも大丈夫なのかな?」「同一メーカーのほうが高く売れるのでは?」「外車も下取りOK?」などなど、色々疑問に思う節があると思います。

今回はそんな下取りに対する疑問に全力で答えていきますので、一読頂ければと思います。

そもそも他社メーカーを下取りしてもらえる?

YUKA150701598457_TP_V

 

そもそも、他社メーカーの車でも下取りしてもらうことができるの?って話ですが、これは「可能」です。例えばトヨタの車をHONDAのディーラーに下取り依頼しても、特に問題なく取引を終わらせることができます。

そもそもディーラーは買取専門として事業を行っている訳ではなく、あくまで「新車販売」に特化した事業です。そのため、下取りそのものには力を入れておらず、同一メーカーでも他社メーカーでも、下取りすることにより新車を売ることができれば結果オーライなのです。

同一メーカーのほうが高く売れる?

例えば、トヨタ車をトヨタに下取りに出すのと、トヨタ車をHONDAに下取りに出すのでは、恐らく前者のほうが高い下取り査定額を付けてもらえる可能性が高いと言えます。

数十万円とか、それほど大きな差額になることはあり得ないですが、数万円程度の差額であれば、十分考えられることでしょう。ですので、(どちらかと言うと)同一メーカーのほうがお得に下取りしてもらえることになりますね。

 

やっぱり、ディーラー側も(同一メーカー)をリピートしてくれるお客さんを優遇したいですし、同一メーカーのほうが中古車として捌く流通経路的に考えても有利に動くことができますから。

トヨタであれば、トヨタ u-carのように自社の流通経路を持っていますからね。

外車は下取りに出せる?

sports-car-701981_960_720

 

外車(輸入車)から国産車へ乗り換える場合、ディーラーにて下取りをしてもらうことは可能なのでしょうか?結論としては「下取りしてもらうことは可能」となりますが、注意しておきたい点があります。

というのも、国産ディーラーへ外車を下取りに出すと、びっくりするほど低い査定額を提示されることが多いからです。

 

外車と言えばお高いイメージがありますが、故障したときのリスクが高いこともあり、中古車市場では「あまり人気がない」というのが実状で、結果として査定額(車の価値)が低くなってしまうのです。

外車を売るときは、「外車を専門とした買取業者」に査定を依頼するほうが良いので、下取りではなく買取で車を手放すことをオススメします(詳しくは後述)

下取りを値下げの材料として使う

新車を買うときに「値引き交渉」を行うことは最早当たり前となっていますが、人気車種ともなれば、値引きしてくれる金額がとてもシビアになってしまいます

関連ページ→人気車種は値引きできない?

 

ですので、車両価格からの値引きを狙うのではなく、「下取り」を交渉材料にするほうが良い結果を得ることができやすいのです。「下取り価格、もう少し上げてよ」みたいな。

ディーラー側も車両価格からの値引きには億劫でも、下取り価格を上げることに対しては意外と軽く了承してくれることが多いです。

大体の下取り相場を調べる方法

愛車の大体の下取り価格を事前に知っておきたい人は多いと思いますが、「トヨタ 下取り参考価格情報」からある程度の下取り価格を検索することができます。

もちろん、車の価値は走行距離やボディの状態など、様々な観点で決められることになるので、あくまで参考程度に留めておくようにしましょう。

 

エスティマ 下取り価格

 

↑試しに「エスティマ」で下取り価格を検索したところ、下取り価格が「81万円」だということが分かりました。

下取りより、売却金額を高くする方法

coins-1523383_960_720

 

ここまで「下取り」についてお話してきましたが、実は下取りって、愛車を凄く安い金額で引き取られてしまう可能性が高いです。

新車ディーラーは買取に特化したサービスではなく、「新車販売」に特化しているサービスですので、車の査定に関してはそれほど有利ではないのです。

 

そのため、より高く車を売りたい!って人は、下取りではなく買取で査定を受けてみることをオススメします。ほんと、(査定額に)数十万円以上の差が開くこともありますので、侮れませんよ・・・。

また、依頼する買取業者を選ぶときは「かんたん車査定ガイド」のような一括見積もりサービスが便利です。最大10社に一括査定をお願いできるので、より高い査定額をつけてくれる業者を見つけることが可能になります。参考までに。