車は高価な買い物ですので、現金一括ではなく「自動車ローン」を組む人が多いです。かく言う私も、車を買うときは自動車ローンを組むことが多いです。

ただ、現金一括払いで車を買ったときは「(車の所有者)」になれるのですが、ディーラーローンや各オートローンで車を買った場合、所有者ではなく「使用者」となります。

 

この辺りは凄くややこしい話ですので、今回は「車の所有権解除」をテーマにお話していきたいと思います。ローンで車を買おうと検討している人は、ぜひ一読下さればと思います。

車はあなたの物ではない

car_coupe

 

先ほどもお話した通り、ローンで車を購入したときの車の所有者はあなたではありません。具体的には「(車の)使用者」となり、要するに車を借りて乗っている。というイメージです。

ローンの支払いを完済するまでは「信販会社」「ディーラー」などが車の所有者となっており、もちろん勝手に譲渡することや売却することはできません。

 

ですので、万が一「毎月のローンが払えなくなったよー」となった場合、問答無用で車を取り上げられることになりますし、それを拒否することもできません。

車を完全に自分の物にしたい!と考えるのであれば、まずは残りのローンを全て返済するようにしましょう。

完済後は自動的に自分の物に?

ローンを払い終えると「所有権」が自動的に自分になると考えている人も多いようですが、車の所有権解除を行うには、必ず定められた所定の手続きを行わなければなりません。

完全に車を自分の物にしたい場合は、早々に手続きを済ませ、所有権を自分に変更する必要があります。面倒ですが、法律的に決まっていることなので仕方ありませんね。

 

ちなみに、車の所有権は「車検証」を見ることで確認することができます。所有権解除を行うことにより、車検証の所有者欄があなたの名前に変更されることになります。

解除する方法

さて、所有権を解除する方法ですが、「自分で行う方法」と「代行してもらう方法」、この2通りがあります。代行してもらうほうが気持ち的にも時間的にも楽なのは間違いありませんが、無論「お金」がかかってしまいます。それも数万円単位で。

時間が取れるのであれば、自分で解除することをオススメします。

 

車の所有権解除を行うには、各地域の「陸運局」へ足を運ぶ必要があります。平日しかやってないので時間を合わすのが難しいですが、その辺りを上手く調整して下さい。

必要な書類ですが、コチラは「元の持ち主」から別途書類を送付してもらう必要性があります。車検証の所有者欄に「前の所有者(信販会社やディーラー)」の連絡先が書かれていると思いますので、そちらへ「所有権を解除したいのですが」と伝えることにより、必要書類を揃えてもらうことができます。

 

牛

  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑証明書

恐らくこの3つが送付されることになるので、大切に保管しておくようにしましょう。また、所有権解除のときはご自分の印鑑証明が必要になりますのでご注意を。

所有権は解除しておくべき?

車を手放すときまで所有権を変更しないという人も多いと思いますが、個人的には「所有権解除はしておいたほうが良い」と思っています。というより、やっておいて下さい。

時間的な都合やその煩わしさから、そのまま放置しておくことになりがちですが、所有権が信販会社やディーラーになっていることにより、いずれ不都合を被ってしまうことになります。

 

例えば、「車を乗り換えよう!」となったとき、今乗っている車は「売却」もしくは「廃車」、「友達にあげる」といった行動にでることがほとんどだと思いますが、これらの行為は所有権が「自分」になってからしかできないことです。

要するに、所有権が自分以外の誰かになっているときは、売ることもできなし、廃車することもできない。もちろん譲渡することもできない。ということになるのです。

 

いざというときに慌てて所有権を解除しようとしても、前の所有者の書類が必要ですし、陸運局に通うための時間も必要になるので、すぐに行動に移すことができません。

なので、所有権解除は「できるときにやっておいたほうが良い」というのが結論です。時間のあるときにでも、パパっと終わらせてしまいましょう!