車の査定額を決める要因は沢山ありますが、その要因の一つに「見た目」が挙げられます。傷だらけの車や、凹みだらけの車は査定額が著しく低下することになるのですね。

そこで思いつくのが「車をピカピカに洗車すれば査定額が上がるんじゃね?」ということ。実際、査定前に普段はやらないような丁寧な洗車をする人は多いと思います。

 

果たして、査定前に洗車をすることで、査定額へ好影響を与えることはできるのでしょうか?

洗車は査定額へ影響する?

vw-1409153_960_720

 

まず、洗車をすることで車本来の価値(査定額)を上げることができるのか?というと、残念ながら答えは「NO」です。洗車如きで車の価値を底上げすることは不可能なのです。

というのも、本来査定に影響するのは「傷」「凹み」「割れ」など、車本体へダメージが蓄積されている箇所に対して減額されることになります。ですので、洗えば取れるようなちょっとした「汚れ」が、査定額へ影響するとは考えられないことなのです。

 

査定前に丸一日を消費し洗車をする人もいるようですが、その労力は無駄になる可能性も考えられます。あまりに強烈に汚れている車・・・でない限りは、洗車機に通すだけで十分だと思います。

やっておいて損はない

ただ一つだけ言えることは、「洗車することは損ではない」ということ。査定を行うのは紛れも無く「人」ですので、見た目が与える影響って相当なものだと思います。

凄く汚い車と、凄く綺麗な車。両者を並べ、「どちらが大切に乗られてきた車だと思いますか?」というアンケートをとれば、圧倒的大差をつけ「凄く綺麗な車」に票が集まると思います。

 

「大切に乗られている車=コンディションの良い車」と捉えられることも考えられますので、その点を考慮すると「洗車をしたほうが査定額に良い影響を与える可能性が高い」とも取れますね。

洗車をすることで根本的な車の価値を底上げすることはできなくとも、間接的に「好影響」を与えることはできるかもしれない・・・ということです。

 

そこまで張り切る必要なないと思いますが、念のため洗車をしてから査定に出すことで、良い結果を得られることになるかもしれませんね。

内装も綺麗にしておく

car_zaseki_pikapika

 

エクステリア(外装)に比べると意識が向かなくなりがちなインテリア(内装)ですが、査定のときは外装同様、「内装」に関しても綺麗にしておいたほうが良いといえます。

個人的な意見ではありますが、私が査定に出すときは「外装」よりも「内装」に重きをおき、なるべく綺麗な状態で査定に望むようにしています。

 

というのも、外装は「間接的要因」、例えば走行中の飛石や、意図しない接触事故で傷が付いたり、凹んだりしてしまうものですが、内装に関しては「直接的要因」、要するに、自分次第でどうにでもなる箇所だからです。

より大切に車を所有している人の車と、車なんてどうでもいい!と大切にしていない人が所有している車では、圧倒的大差をつけて「内装の状態」に差がでてしまいます。

 

車の内装を見れば、その人がその車をどれだけ大切にしてきたか。ということが汲み取れますので、間接的に「査定へ好影響」を与えることが可能になります。

このことから、査定前は内外装ともに「綺麗な状態」で挑む姿勢が大事だといえます。