買取り業者へ査定をお願いすると、内外装、足回り、エンジン周りと、非常に細かい箇所までチェックされることになります。当然、減点箇所が見つかる度に査定額は安くなってしまうので、できることなら査定前に「マイナス要因を潰しておきたい」と考えるのは当然の心理です。

そんな数あるマイナス要因の中に「傷」「凹み」がありますが、これらは車を所持している以上、必ずといって良いほどついてしまうものです。(特に傷は)

 

そこで思いつくのが、「査定前に傷や凹みを修理しておこう」という考え。傷や凹みが少なくなれば査定額が上がるんですから、できることなら直しておいたほうが良いですもんね。

ただ、その行動は本当に正しい選択なのでしょうか?もしかして、無駄なことをやっている・・・かも!?

傷や凹みは直したほうが良い?

muscle-car-1130606_960_720

 

車を売るって決めた途端、洗車をしてボディをピカピカにしてみたり、掃除機をかけてみたり、普段はやらないような対策を行う人って多いですが、ハッキリ言って、査定前のそんな小細工は思っているほど通用するものではありません。

相手は査定のプロですからね。その辺りの心理は痛いほど理解しているはずです。

 

では、傷や凹みに関してはどうなのでしょうか?直したほうがいい??

わざわざお金をかける必要はない

大きな傷や大きな凹みって、自力ではどうしても直せないことが多いです。プロの手を貸りてようやく誤魔化せるレベルにもっていける程度なので、素人にはどうすることもできません。

そして、仮に「傷や凹みの修理」をプロに頼むとなれば、結構なお金がかかってしまいます。傷であれば一箇所につき数千円〜、凹みであれば1万円以上のお金がかかることも珍しいことではありませんからね。

 

まぁ、そこまでお金をかけたとして、査定で「修理金額以上」の増額が望めるのであれば、投資と割りきって修理することをオススメしますが、現実はそう甘くありません。

恐らく、査定で増額される金額よりも、プロに依頼した修理金額のほうが高くついてしまいますので、要するに「損をする」ことになります。嫌な言い方をすれば、無駄金ってことです。

 

ですので、査定前にわざわざお金をかけて修理する必要性は全くありません。そもそも買取り業者はよっぽど大きな傷や凹みでなければ気にしないどころか、減額対象にすらならないことも考えられます。

あまり深く考えず、ありのままの状態で査定に挑むのがベストだと言えますね。

自力で直せる範囲は直す

これも必須って訳でもありませんが、暇で時間を持て余しているのであれば、査定前に「自力で直せる範囲」の傷や凹みは修理しておいても損ではありません。

例えば、小さい傷であれば「コンパウンド」を使うことで消すことが可能です。もちろん、誰がどう見ても「これは消せないだろ・・・」って傷は無理ですが、薄く線が入ったような小さい傷であれば、コンパンドの力のみで消すことが可能です。

 

凹みに関してですが、規模が小さいものであればドライヤーを用いて修理することが可能です。YouTubeにいい感じの動画があったので紹介しておきますー

傷や凹みはどれぐらい減額される?

euro-870757_960_720

 

傷や凹みに関しては、買取り業者によりその扱いに大きな差がでます。これぐらいの傷はいいですよー!って言う業者があると思いきや、傷だらけですねこの車・・・と言い張る業者もあります。

要するに、買取り業者の裁量によるよー!としか言えない訳ですので、解決策としては「より沢山の買取り業者に査定をしてもらう」ことで、傷や凹みに寛容な買取り業者を見つけ出すことが大事です。

 

より多くの買取り業者へ査定をお願いするなら、「かんたん車査定ガイド」のような一括見積もりサービスが便利ですので参考までに。

減額される金額

傷や凹み一点に対し、どれくらいの金額がかかるのか?という疑問についてですが、大体「傷1点につき1000〜5000円(傷の幅や深さによる)」、「凹み一点につき1〜3万円程度」が減額されることになります。

言わずとも、大体の金額ですのである程度の参考までに留めておいて下さい。これより低い減額で済む場合もありますし、その反対も十分考えられますので。

1cm未満の傷は全て減額対象?

1cm未満の傷は全て減額対象だよ!という情報を見かけたことがありますが、この情報は信憑性のないものと認識しておいて大丈夫だと思います。

1cm未満の傷がダメなら、車体についている傷の大半が減額対象になってしまいますもんね。普通に車を使用していれば自然とつくレベルの傷が減額対象になることはそうそう考えられないので、あくまで噂と捉えておきましょう。

 

まぁ、この辺りも買取り業者の裁量が大きいです。1cm未満の傷もダメ!と言い張る業者があるかもしれないし、5cmまでの傷ならOK!と言ってくれるような業者もあります。

その辺りも踏まえ、やはり車を売るときは沢山の買取り業者へ査定を依頼したほうが良いといえますね!