誰しも愛車をできるだけ高く売りたいと思っているでしょうが、ほとんどの人は「査定額に妥協」し、車を手放すことになっているはずです。

場合によっては数十万円単位の(査定額)増額を見込むことができるというのに・・・妥協してしまうなんてほんと勿体無いです。

 

ということで今回は「車査定時により高く車を買取ってもらうための交渉術やコツ」についてお話していきますので、参考にして頂ければと思います。

車の査定額を1円でも高くするための交渉術

車を売るには交渉が大事

 

愛車を1万円でも高く、いや、1円でも高く売るためには、何よりも買取業者との交渉を大事にするべきです。

「とにかく売れればいいや・・・」って気持ちで(査定に)挑むのと、「何が何でも高く売ってやる」と明確な意思を持って査定に挑んだ場合では、その結果に非常に大きな差をもたらすことになります。

 

では、車を売るときは業者側にどのような交渉や駆け引きを行ったほうが良いのか?という点に関して書いていこうと思います。どれもこれも大切な要素となるので、バッチリ実践して貰えればと思います。

良い人になる

世の中の人間を二分化すると、悪い人と良い人に分かれます。この両者、どちらが好意を持って貰えるか?というと、圧倒的に後者である「良い人」に票が集まることになります。

ですので、車を売るときは「査定士さんに対して良い人になる」ことが大事。より具体的に言うと、印象が良い人になる必要がある。ということです。

 

何度か現役の査定士さんからお話を伺う機会があり、「良い査定をつけたくない客はいる?」と聞いたところ、「もちろんいるし、そのような客にはできるだけ低い査定額をつける」と言い切られてしまいました。

査定士さんも人間ですから、ムカつく人間にはそれなりの対処しかしないのですね。(もちろん、表向きはそうではない)

 

例を挙げると「横暴な態度をとる客」であったり、「明らかに無愛想な客」であったり。そのような人は査定士さんからも悪い印象を持たれてしまいます。

徹底的に良い人を演じることで、査定額を上げてもらえる可能性も0ではありませんので、その辺りは意識しておいたほうが良いですね。

アピールポイントを全力で伝える

査定士さんは言うまでもなく査定のプロなのですが、それでもやはり目に見えない部分を完璧に見抜くことはできません。その穴を埋めるためにも、全力で愛車のアピールを行うことが重要となります。

例えば、今まで一度も(車内で)タバコを吸ったことはない!だとか、走行中は常にアクセルワークを意識している!だとか、週に1回は洗車をしている!とか。

 

持ち主にしか分からないアピールポイントを全力で伝えることにより、査定額が上がるきっかけになります。もちろん、嘘をつくのは良くありません。

希望額は言わない

車を査定に出すと、凄く高確率で「希望額はいくらですか?」と聞かれることになります。やらしい話、買取り業者は予め希望額を聞いておくことにより、より安くクルマを買取りたいと考えているからです。

売り手側が「より高く愛車を売りたい!」と考えている裏で、買取り業者は「より安く買取りたい!」と考えているもの。

 

誤って(希望額)相場よりも安い金額を提示してしまったが最後。より低い査定額でクルマを買い取られることになってしまいます。

(しめしめ・・・この客は相場が分かってないぞ・・・)みたいな。このような事態を事前に避けるためにも、断じて希望額は言わないことを徹底するべきです。

ライバルと競合させる

何事も、独占してしまえばパフォーマンスは落ちてしまうものです。競合相手がいなければ競う意味がなくなりますので、業者側に圧倒的有利な環境を与えてしまうことになってしまいます。

具体的には、複数の車買取り業者を見積りを出し、ライバル争いをさせることで査定額を上げることができるということ。

 

例えばA社に対して、「C社はおたくよりも5万円高い査定額をつけてくれていますが・・・」と交渉することにより、どうしても車を買取りたいA社は「では、それよりも1万円高い金額で買い取らせてもらいます」となる訳です。

限界はありますが、ライバルと競合させることで査定額をより高く底上げすることが可能となります。

査定額を上げるためのコツ

YUKA160322010I9A4289_TP_V

 

ここまでで、より高い査定額をつけてもらうための交渉術については分かってもらえたと思いますが、更にさらに、査定額を底上げを狙うのであれば、実質的な行動を起こすことが重要となります。

交渉術にプラスαすることで数万円ほどの査定額アップが考えられますので、ぜひ実行してもらえればと思います。

下取りはしない

新車に買い替えるときは、買取りではなく「下取り」を考える人が多いと思いますが、より高く車を売りたいのであれば、下取りではなく買取りを選んだほうが良いと言えます。

というのも、下取りは買取りに比べて査定額が低くなる傾向にあるので、結果として安い査定額で車を手放さなければいけないことになるからです。

 

ほんと、数万円ではなく数十万円以上の差がでることも珍しいことではないですから、下取りではなく買取りで売ることにしたほうが良いですよー!

下取りと買取りの違いのページも併せて読んで頂くとより理解が深まります。

洗車、掃除をする

それほど効果が高い訳ではありませんが、査定前に洗車、車内の掃除をすることで査定額の増額が望めるようになります。お金をかける必要はありませんが、時間の許す限り綺麗な状態で査定を受けることをオススメします。

 

外装がホコリに覆われていたり、水垢がこびり付いているような車よりは、ピカピカに光り輝いている車のほうが査定士さんの印象が高くなることは明確です。

厳密には汚れが査定額に影響することはない(稀)のですが、査定士さんに与えることのできる印象を上げることで、その他項目に好影響を与えることができる可能性が上がる。ということです。

 

洗車機に通すだけでも良いので、少しでも綺麗な状態を保っておきましょう。

できるだけ多くの査定を受ける

これ、車を高く売るためには必須項目です。

1社だけで査定を受けるのではなく、複数業者へ査定をお願いすることで、より高い査定額を提示してくれる買取り業者を見つけ出すことができるようになるのです。

 

そうですね・・・出来れば3社以上、欲を言えば5社〜程度の査定を受けることをオススメします。交渉術でもお話した通り、業者間のライバル争いを誘発することができますし、なによりより高い査定額をあぶり出すことが可能ですので、より多くの業者へ査定を依頼するようにしましょう。

 

A社は50万円、B社は70万円、C社は65万円・・・

このように、車買い取り業者によって査定額に大きな差が出ることになります。上記の場合は20万円もの差額がでていますからね、無視できる金額でないのは確かです。

妥協はしない

妥協は損

 

ここまでで、車をより高く売るための交渉術および、コツについてのお話は終わりです。長くなりましたが、この全てを実践することで、飛躍的に査定額を底上げできることになりますので、ぜひ参考にして下さい。

また、査定額に対して妥協をすることだけは絶対に避けなければいけません。

 

例えば、希望買取り査定額が100万円で、実際の査定額は95万円だった場合、「5万円ぐらい、誤差の範囲だし・・・」と妥協してしまう人も多いでしょうが、これ、めちゃ損ですからね。

車の価値的に考えると「たかだか5万円」と思ってしまいがちですが、5万円って相当な大金です。5万円あれば100均で450個ほど買えますし、旅行にいくことだってできます。今このページを見ているパソコンやスマートフォンを買い替えることもできますね。

 

いずれにしても(査定額に)妥協してしまうということは大きな損を被ることになりますので、決して妥協することなく、より高い査定額を目指し、行動して頂ければと思います。