中古車を買う方法は多岐にわたりますが、その中の一つに「中古車オークション代行」という方法があります。メディアの露出も多くなり、実店舗も増えていますから、一度は「オークション代行」という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか?

ただ、どれだけオークション代行を利用した中古車売買が盛んになったとはいえ、その実情を根本から知っている人は数少ないと思います。

 

ということで今回は「中古車オークション代行とは?」をテーマにお話を進めていきますので、「オークション代行で中古車を買おうと思ってるんだけど・・・」という人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

業者専門のオークションがある

hammer-611582_960_720

 

そもそもオークションと聞くと「個人でも参加できるんじゃないの?」と思いますが、実は車業界には「業者しか参加できないオークション」が存在します。

事業者として中古車販売業務をしており、なおかつ古物商の免許を持っていなければ参加する権利が与えられませんので、「車を買いたい!」という一般の参加者は参加する権限がないということです。

 

中古車販売店は、顧客から車を買取り販売する。といった方法の他に、このような「業者専門のオークション」から中古車を仕入れ販売し、その差額を利益として挙げていることがほとんどです。

商売では基本の、「安く仕入れて高く売る」を実現している訳ですね。

オークション代行業者とは

さて、そんな業者専門のオークションの存在が明らかになった訳ですが、人によっては「販売店ではなく、直接オークションを経由して車を買いたい」と考えることもあるでしょう。

しかし、先ほどもお話した通り、事業として活動していない一般個人が業者専門のオークションへ参加する権利はありません。

 

そこで現れたのが、「中古車オークション代行業者」です。要するに、オークションから車を買いたい個人と、のっけから「個人はダメ」と弾き返している業者専門オークション会場の間を取り持ってくれる業者となります。

このような「中古車オークション代行業者」を利用することにより、今までは足を踏み入れることさえ許されなかった「業者専門オークション」から、一個人が比較的簡単に車を買うことができるようになりました。

販売店よりお得?

何を持って「お得」というのかにもよりますが、「価格面」だけで考えれば、販売店で買うよりは、中古車オークション代行で車を買ったほうが「お得」だといえます。

先ほどもお話した通り、中古車販売店はオークションから車を安く仕入れ、利益を上乗せした価格で販売を行っています。商売ですから当たり前のことですね。

 

一方の「中古車オークション代行業者」ですが、こちらは仕入れ価格と販売価格の差額で利益を上げているのではなく、「仲介することによる手数料収入」を元に営業を行っています。

要するに、「車の価格」に対し、5%とか10%の手数料を設けることで、利益を上げている訳です。

 

例えば100万円の車の場合、(手数料が5%と仮定すれば)5万円を上乗せし、顧客に販売するということです。言わずとも、200万円の車であれば10万円の仲介手数料が必要となります。

 

このように、販売店では「利益を上乗せされた価格」で買わなければならなかったものを、決まった手数料だけで買うことができる訳ですので、実質「オークションの落札価格」で車を購入することができる訳ですので、価格面で見れば「お得」だということが見て取れると思います。

整備や名義変更について

一般的な中古車販売店で車を買った場合、その多くで「整備」や「名義変更」など、手続き面を代行してもらうことが可能です。

お金はかかりますが、(車に関して)素人の一般消費者が、書類面の手続きを行うことは相当ハードルが高いです。そのため、ほとんどの場合は中古車販売店へ代行手続きをお願いすることになるはずです。

より詳しく→中古車の諸費用について

 

一方の「中古車オークション代行業者」ですが、多くの場合、整備や名義変更など、中古車販売店であれば代行してくれる項目をお願いすることができないことがほとんどです。

手続き面はWEBで検索し、自分でなんとかならなくもないですが、整備に関してはずぶの素人がやるものではありません。

 

そのため、結局「他の整備工場」へ整備を依頼することになり、(オークション代行を使い)安く買えたはずの車が、最終的には「中古車販売店で買ったほうがお得だった」なんてことにも成りかねません。

また、オークション代行で車を買うときは、現車を見れません。その全てを写真で判断し購入することになるので、現車に会えるのは「購入後」ということになります。

 

中古車オークション代行業者を利用するときは、上記のようなリスクについてもしっかり考えておいたほうが良いと言えますね。

中には悪徳な業者も

pop_chuui

 

どんな業界でも共通して言えることですが、優良な業者がいる反面、その裏では「悪徳」な業者も存在しているということを理解しておかなければなりません。

それほど大胆な手口で客を騙そうとする業者は減ってきているものの、客のことを全く考えていない自己中心的な業者はまだまだ存在していますので、その辺りは十分注意しておいたほうが良いですね。自分の身を守れるのは自分だけですから。

 

例えば、「適当な車」を売りつけられること。

そもそも、一般的な中古車販売店の場合、客が車を確認し、納得した上で購入することになります。ですので、販売する車の質には十分配慮していることがほとんどです。良い車でないと売れませんからね。

 

一方の中古車オークション代行ですが、コチラに関しては「車の質」なんてものはどうでも良いのです。客の希望を聞き、それに大体一致した車を充てがえておけばいいだけですからね。

どんな車を売ろうとも、「手数料収入」をメインにしている以上、一定額の利益を上げることができますから。

 

安く買えたのは良いが、質の悪い中古車を掴まされてしまったとなれば本末転倒です。オークション代行業者の中には、そのような悪質な(セコい)業者もいることを認識し、その辺りを十分考慮した上で利用するほうが良いですね。

まとめ

中古車オークション代行業者は、一般的な中古車販売店より安く買える傾向にあるけど、整備面や手続き面でデメリットに感じる部分が多く、現車を確認することができないこともあり、質の悪い中古車を掴まされる可能性が高い。ということです。

メリットも沢山ありますが、デメリットも沢山ありますので、その点をしっかり理解した上で利用しなければ、後々後悔することになると思います。