プライスボードや中古車情報誌を見てみると、チラホラと「乗り出し価格は◯◯万円です!」みたいな表記を見かけることがあります。一体、「乗り出し価格」とはどのようなものなのでしょうか?

中古車を買う上で、「車両価格」と「乗り出し価格」の違いについては必ず知っておいたほうが良いですし、知らなければ後々トラブルに発展することも考えられます。

 

ということで、今回は「中古車の乗り出し価格って一体なに?」というテーマについてお話させて頂きます。

 

くるま

車両価格と乗り出し価格の違いを知っておこう!!

総支払額のこと

money_carton_cashtray

乗り出し価格とは、要するに「総支払額」のことです。もう少し具体的に言うと、「消費者が最終的に支払う合計金額」ということになります。

そもそも、車の売買って「車両本体」にかかる費用と、それに加え「法定費用」「整備費用(代行費用)」、この2つが必要になるんですね。ほんと、お金がかかります。

 

いわゆる「諸費用」と呼ばれているもので、車を買うには「車体本体価格」+「諸費用」=総支払額 という計算方法が成り立つわけです。

車には沢山の税金が課せられますし、書類などの雑務もほんと多いです。車庫証明とか、名義変更とかの代行費用もかかるので、その辺りは覚悟しておいたほうが良いですよー

合計いくらぐらい?

さて、乗り出し価格(総支払い額)ですが、大体15〜30万円ほどかかると考えておけば間違いありません。私の場合、「30万円ぐらいはかかるだろうなー」と予め考えておくことで、想像と現実の落差を限りなく少なくするようにしています。

「想像→30万円ぐらいかかるだろうなー」「現実→20万円で済んだ!」ラッキー!!みたいな感じです。

 

そもそも、普通車か軽自動車かによって「かかる税金」は異なってきますし、「(書類などの)代行費用」も販売店によって大きく差がでてしまいます。

中古車販売って「手数料収入」に依存している面もあるので、どうしても「代行費用や整備費用が高く」なってしまうことになります。

 

安くすることはできる?

「総支払い総額(乗り出し価格)」を安くすることはできる?という問に対しては、「(一応)できる」というのが結論です。できなくはないけど、微妙・・・って感じです。

そもそも、車体価格と法定費用(税金など)を値引きしてもらうことは難しい(税金に関しては不可能)ので、中古車売買で値切るとすれば「代行費用(整備費用)」に限定されます。

 

例えば、車庫証明代行費用であったり、整備費用であったり、名義変更登録代行費用であったり、少なく見積もっても数万円以上はかかる項目ですので、ここから値引きをお願いするのが妥当です。

ただし、前項でもお話した通り、中古車販売は「手数料収入」を頼りに営業を維持している業者がほんと多いです。車両価格を安くできるのも、この「手数料収入」あってのものですので、本来値引きをお願いするのはNGなんです。

 

「買うから安くしてよ!」「安くしてくれなきゃ買わない」と、取り違えた値引きを要求する人がいますが、これ、ほんとやめましょう。みっともないだけですよ。

消費者には「買わない自由」がありますが、販売店側にも「売らない自由」があります。要するに、顧客と売り主に上下関係はなく、あくまで対等な関係だということです。

 

値引きをお願いするのは有りっちゃアリですが、個人的に言えば「お金ではなくオプション」で結果として値引いてもらうことが理想だと思っています。

例えば、「ガソリン満タンサービス」などがありますね。

 

結論としては、「総支払額を安くすることは可能だが、本来オススメできるものではない」ということで。