中古車の中には「認定中古車」と呼ばれ、販売されているものがあります。日本車にも「認定中古車」として発売されているものもありますが、主に「中古の外車」に多いイメージです。

「認定」という言葉がついていることもあり、「恐らく、認定中古車は質の良いものなんだろうなー」という漠然なイメージを持っている人は多いと思いますが、「認定中古車とは?」という質問に対し、まともな返答ができる人が限られてくるのでは?と思います。

 

ということで、今回は「認定中古車とは?」というテーマに沿ってお話していきますので、(主に外車の)中古車の購入を検討している人は、選択肢の一つとして読んで頂ければと思います。

 

くるま

「認定」ってついているだけで、なんとなく良いイメージがあるよね。実際はどうなのかな?

認定中古車って一体なに?

porsche-826385_960_720

 

そもそも「認定中古車ってなに?」って話ですが、これは「ディーラーや正規代理店が(この車は最高だ)と、様々な観点から見た条件をクリアした中古車」のことであり、要するに「質の良い中古車」ということになります。

ディーラーや正規代理店の主観だけではなく、中には(主に日本車に多い)「第三者機関」により厳しいチェックを行っているところもありますので、その点で見ても「安心できる中古車」といって間違いありません。

 

それに加え、認定中古車には「沢山の優遇」が付属されます。例えば「納車時の点検が凄い」とか、「保証期間が長い」とか、「保証内容が(良いほうに)ぶっ飛んでいる」とか、なにしろ購入者側に沢山のメリットがあるのです。

例えばBMWの場合

日本でも人気のある外車として有名な「BMW」ですが、こちらも「認定中古車制度」を実施しています。特に外車はトラブルが多いイメージがありますので、保証内容が優れていたり、期間が長いのは安心です。

さて、BWMの「認定中古車」へ付属される内容ですが、例えば保証期間は「2年間」、しかも走行距離制限がありません(通常の中古車保証の場合、3000kmとか10000kmに制限されています)

 

中古車を買うときは「保証内容」を重点的に考慮しておくべきですし、ここまで(保証内容を)優遇してくれる認定中古車は、はっきり言って「買い」としか言えません。

他にも沢山の外車正規代理店で「認定中古車制度」が設けられていますので、予めチェックしておくことをオススメします。

メリットやデメリットは?

text_merit

 

ここまでで「認定中古車」の全貌は理解して頂けたと思いますが、それでもなお納得しきれていない人も多いと思いますので、続いて「認定中古車のメリット・デメリット」についてお話していきたいと思います。

認定中古車だからといって、他の中古車と「天と地の差があるのか?」といえばそうではありませんが、敢えて認定中古車を選ぶメリットはありますし、反対に買わないほうが良いデメリットもあります。

 

では、一つずつみていきましょう。

認定中古車のメリット

チェックリスト

認定中古車を買う一番のメリットは、やはり「保証面で優遇がある」ということです。故障する不安が強い中古車で、「安心できる」ということはとても大事な要素なんですね。

特に外車はその傾向が強いので、輸入中古車の検討をしている人にオススメです。

認定中古車を買うってことは、要するに「安心を買う」ということにもなります。信頼できる輸入車ディーラーが「この車は大丈夫!」と烙印を打ってくれていますので、不安を最小限に抑え中古車を購入することができますね。

万が一、致命的な欠陥があったとしても、認定中古車に付属している保証でなんとかすることができます。購入者側のリスクが極端に少なくなりますので、その点でみても「メリット」と感じることが多いでしょう。

認定中古車のデメリット

チェックリスト

「認定中古車」だからといって、これと言ったデメリットはありませんが、敢えて言えば「価格が高い(傾向にある)」ということが挙げられますね。

中古車は「安く買える」のが魅力の一つですので、あまりに(車両価格が)高くなるのであれば、本末転倒になる恐れがあります。

車種やブランドによりけりですが、基本的には「(他の中古車に比べ)車両価格が高くなる」という傾向にあります。「そこまで予算が出せない・・・」という人にとっては、一つのデメリットになることでしょう。

一般的な中古車は買わないほうが良い?

認定中古車に魅力がありすぎて、その他の中古車の良さが霞んでしまいがちですが、個人的には「認定中古車」に絞って車選びをすることはオススメしていませんし、今まで一度も認定中古車を買ったこともありません。

というのも、仮に「認定中古車以外は買わない」と中古車を探しだしてしまえば、極端に「視野が狭くなる」ことになります。認定中古車って、そもそも数が少ないですからね。

 

中古車を買うメリットの一つに「沢山の車から選ぶことができる」ということがありますので、「視野を狭くする」ということは、本来ある中古車のメリットを潰してしまうことになります。

 

そもそも、一般的な中古車の中には「質の良い車」も沢山ありますし、保証内容が優れている販売店さんも沢山あります。ですので、「一般的な中古車は買わないほうが良い?」という疑問に対しては、「そんなことない」というのが私の答えです。

あくまで認定中古車は「数ある選択肢の一つ」として捉え、より良い中古車を探し出すための方法として考えておくほうが良いと思います。