一般的に車は、年式が新しいものほど価値が高くなり、古いものほど価値が低くなる傾向にあります。

価格面で言えば、「安く買いたい場合は低年式」、「価格を気にしないのであれば高年式」となりますね。

 

中古車を購入するときは、事前に「どれくらいの年式の中古車を買うのか」ということを事前に決めておいたほうが色々捗ることになります。

 

では、中古車購入時の「年式の目安」はどのように設定するのが良いのでしょうか?また、「走行距離」と「年式」では、どちらを優先したほうが良いのでしょうか?

予算によって決める

詰まるところ、「年式」を目安として中古車を購入する場合、「予算」によって決めるのが一番合理的かつ、円滑に購入へと足を運ぶことができるようになります。

 

というのも、冒頭でも触れた通り「年式の新しい車は価格が高くなる」からです。目安を知ったり、検討する以前に、その年式が「予算内」に収まらないのであれば、そもそも論議する必要性はありませんから。

例えば、予算が150万円だとします。

 

いくら中古車とはいえ、人気車種でなおかつ高年式の車となれば、200万円は下らないでしょう。とても、予算内で収まるレベルではありません。

解決策としては、「予算の底上げ」「より安い中古車を探す」のいずれかになります。

 

「より安い中古車を探す」場合は、どうしても車のグレードを下げるしかありません。要するに、「年式を下げる」ことで、簡単に解決できる問題なのです。

まずは中古車にかけられる予算を決めることにし、その範囲内で「年式」を決定するようにしましょう。

モデルで決める

車は、おおよそ5年周期で「フルモデルチェンジ」を行い、それよりも短いスパンで「マイナーチェンジ」されることがほとんどです。

 

フルモデルチェンジの場合、見た目も一新されることになりますし、性能面で見てもグレードアップされることになります。要するに、車種名が同じな「別の車」に生まれ変わる訳です。

 

日本の自動車技術は年々成長しています。数年前、誰が「自動でブレーキを踏んでくれる機能」が搭載されることを想像できたでしょうか?誰が「自動運転」を現実にできると考えていたでしょうか?

このように、日を追うごとに車の持つポテンシャルはどんどん高くなっているのです。

 

誰しも「新しいモデルの車」が欲しくなるのは当然の心理ではありますが、その心理が中古車市場に多くの変化をもたらすことになります。

 

「新しいモデルが発売された=旧モデルの需要が減る」ということになりますので、結果として旧モデルの価格崩壊が起きることになります。

 

値幅はその車種の人気度によって左右されますので一概に言うことはできませんが、車種によっては数十万単位で値が動くことも十分考えられます。

 

ですので、中古車を購入するときは「車のモデル」を考慮することで、より安く手に入れることができるようになります。狙い目としては、現行車より2つ前のモデルがオススメです。

 

年式に換算すると、8年落ち〜10年落ちとなりますので、「安く買う」という点に関しては、これ以上ない選択肢であることは間違いありません。

走行距離は?

中古車を買うときの基準として、「走行距離」を気にする人は多いと思います。参考ページ→走行距離の目安

では、「年式」と「走行距離」とでは、どちらを優先的に考えておくほうが良いのでしょうか?

 

結論としては「走行距離」に重みをおいたほうが良いといえます。どれだけ高年式の車であっても、走行距離が10万kmオーバーとなれば、その価値は激減しますから。

 

もう少し噛み砕いて結論を出すとすれば、「走行距離=年式」という図式が、一番理想的です。両者ともが比例して始めて、価値のある車となるのです。

 

中古車を選ぶ走行距離の目安として、「1年=1万km」という考え方があります。この考え方に沿って、年式を割り出すことで、「買い」な中古車を割り出すことができるようになります。

 

例えば、「5年落ち」の中古車であれば、走行距離は「5万キロ前後」が理想的です。3年落ちであれば「3万km」、10年落ちであれば「10万km」が目安ですね。

 

走行距離か、年式か?ではなく、「走行距離も年式も理想的な中古車」を買うことを目標とし、中古車選びをスタートすることで、良い車に巡り会える可能性は相当高くなることでしょう。