軽自動車は普通車に比べると「車体価格」が安く設定されており、買い手からすると「手の伸ばしやすい車」であることは間違いありません。

年間維持費も安くなりますので、軽自動車は非常に「コストパフォーマンス」に優れた車だと言えますね。

 

そもそもの「車体価格」が安い軽自動車ではありますが、それでもなお新車購入時には「値引き交渉」するのが基本です。やらなきゃ損!

ただし、残念なことに「軽自動車の値引き額」は普通車のソレと比べると、とても安いものとなっています。

 

ではなぜ「軽自動車」は値引き額が小さいのか?相場はどれくらいなの?「値引き額を上げる」交渉術はあるの?という点について、詳しく見ていきましょう。

 

くるま

軽自動車は普通車に比べて「値引き額」が少なくなる傾向にあるよ!

軽自動車の値引き相場は?

普通車であれば、「20万円〜」ほどの値引きも珍しいことではないのですが、軽自動車に関しては「値引き額が小さく」設定されていることがほとんどです。

人気車種であれば「3万円の値引きが限界です・・・」と言われることもありますし、ディラーによっては「1万円の値引きでいっぱいいっぱいです・・・」なんてこともある訳です。

 

ただ、商談初期は「値引き額を安く提示する」ことが基本です。ですので、ここから更に「値引き額を上げることができるかどうか」が、如何に安く買えるかどうかの境目となります。

 

営業マンの「値引きは◯◯円が限界です」という言葉に、「そうですか、分かりました!」と首を縦に振るだけでは、確実に損をすることになります。ですので、最低限の値引き交渉は必ず行うようにしたほうが良いです。

 

さて、軽自動車の値引き相場ですが、「5〜10万円」程度となっています。現実的な数字として、「7〜8万円」の値引きを目安に交渉してみるのがベストですね。

軽自動車の値引き額はなぜ少ない?

軽自動車の値引き額が少なくなる一番の原因は、元々の「車体価格」が安いということが挙げられます。

 

普通車は値引き額が高くなる傾向にありますが、軽自動車に比べ「車体価格が高く」なります。少なくとも2oo万円はしますし、平均すれば「(乗り出し価格)300万円」程度になることがほとんどです。

 

一方の軽自動車ですが、どれだけ高くとも200万円を超えるような車種は一握りですし、多くの場合150〜180万円程度で購入できてしまいます。

ですので、車体価格の高い普通車よりは、どうしても「値引き額」が少なくなってしまうのです。

 

それに加え、軽自動車は1台あたりの「製造コスト」が高いです。

最近の軽自動車は内外装共にとても豪華な仕様になっていますし、エンジン、足回りなど、走行性能に関しても普通車顔負けレベルで充実しているものが多いです。

 

というより、軽自動車の品質が高くなりすぎて、ユーザーの目が肥えてしまってます。

「外装はオシャレでかっこ良くないとダメ」「内装は質感が重要だね」「軽自動車だからって、走行性能は必要だよねー」と、価格以上のものを求めているのにも関わらず、「値段は安くないとね」と、価格面でも駄々をこねているのです。

 

上記の条件を満たし、尚且つ価格を安く設定しなければ、売れない(人気がでない)ことになります。このことから、製造コストが高くなる一方、利益率は低いという悪循環が生まれているのです。

 

そのため、軽自動車販売は「薄利多売」方式です。要するに、利益率が低い分、数を売って利益を出す!ということ。

利益が少ないということは、値引きできる幅が狭くなってしまいます。ですので、結果として「軽自動車は値引き額が少ない」ということになるのです。

 

くるま2

軽自動車の値引き額が少ないのにも、しっかりとした理由があるんだねー

値引き交渉テクニック

euro-447214_960_720

 

ここまで読み進めて頂いて、「軽自動車は普通車に比べ値引き額が少ない」ことは、なんとなく理解してもらえたとは思います。

そこで次は、ただでさえ少ない値引き額を、最大限まで高めるための「値引き交渉術」についてお話していきたいと思います。

 

上手く交渉できる人と、交渉が下手な人との間には、「数万円(場合によっては数十万円)」の価格差がでてしまうことにもなりますので、これからお話する内容を参考にして頂き、取り入れてもらえればと思います。

 

これからお話する交渉テクニックは以下の5つ。

 

くるま3

  1. 下取り(買取価格)を底上げする
  2. 人気が低い車を選ぶ
  3. 他社と競合させる
  4. 絶対に引き下がらない
  5. オプションで交渉する

では、一つずつみてみましょう。

下取り(買取価格)を底上げする

交渉テクニックというよりは、手持ちのお金(購入資金)を増やし、結果として「安く」軽自動車を購入するための方法です。言わずとも、車を所持していることが大前提となります。

 

新車購入時に、愛車を下取りに出す人が多いと思いますが、実は下取りは「愛車を最大限に安く」買い取られてしまう可能性が高いのです。

「値引きしてもらえた!」と喜んでいる裏で、実は下取り価格で損をしており、結果として「高い買い物になってしまった」なんてことも十分考えられることなのですね。

 

ですので、愛車を手放すときは「下取り」ではなく、専門業者へ「買取」してもらったほうが「より高く」引き取ってもらうことができるようになります。

「ユーポス」や「ラビット」が有名ドコロですね。

 

そして、更に買取価格を底上げするためには、「複数の買取業者」への見積もり依頼が重要になります。

3社よりは5社、5社よりは8社と、より多くの業者に見積依頼することがオススメです。

 

過去の例をあげますと、沢山の買取業者へ査定をお願いしたことにより、当初は60万円と言われたHONDA ストリームを、85万円で買取ってもらうことに成功したことがあります。

その差なんと25万円。バカにできる数字ではありませんよね。

 

愛車を手放すときは少しの手間をかけ、下取りではなく「買取」に出すことをオススメします。

 

※複数の買取業者へ査定をお願いするなら、かんたん車査定ガイドのような一括査定サービスが便利です。

人気が低い車を選ぶ

人気の高い軽自動車は「値引き額」が少なくなりますが、反対に「あまり人気のない軽自動車」は値引き額が多くなる傾向にあります。

 

そもそも人気が高い軽自動車は、少ない値引き額でも勝手に売れてしまいます。

それをディーラー側が見逃すはずもなく、足元を見る訳ではありませんが、どうしても値引き額が「3万円〜5万円」程度に収まってしまいます。

わざわざ「高く買ってくれる」客に、安く売る必要性がありませんから・・・。

 

反対に、人気のない軽自動車であれば、ディーラー側も「値引き幅」を大きく設定しやすくなりますし、「安くしてでも売りたい」気持ちが強くなりますので、結果として「値引き額が多くなる」ことになります。。

 

特に、フルモデルチェンジ直前のモデルや、人気が落ち目になってきているモデルは狙い目です。

他社と競合させる

1つのディーラーで商談(値引き交渉)を行うのではなく、2つ、3つのディーラーと同時に交渉を行い、一番「値引き額が多い所」で契約する。という交渉テクニックです。

 

この場合、自動車メーカーを分散させなければいけない(例:HONDAとトヨタ)と考える人も多いようですが、決してそういう訳ではありません。

例えば、HONDA N-BOXを検討しているのであれば、HONDAディーラー3社で同時に商談を行っても良いということです。

 

「向こうのディーラーさんは6万円の値引きを約束してくれていますが・・・」と、他社と競合させることにより、「それではウチは・・・」と、少しずつ値引き幅が広くなっていく可能性が高くなります。

もちろん限界値はありますが、競合させた場合とそうでない場合とでは、値引き額に大きな差がでることは明確ですので、足を運ぶ手間はかかりますが、ぜひ試してみるようにして下さい。

絶対に引き下がらない

新車の値引き交渉は、基本的に「押し」の姿勢が重要。

もちろん、頭ごなしに「値引きしろよ!」と怒鳴りつけるのではなく、常識の範囲内で「押し気味の値引き交渉」をするということです。

 

ディーラー側の心理としては、「できる限り値引きしたくない」というのが本音。

ですので、仮に最大10万円の値引き幅がある車種であっても、最初は5万円、交渉があれば6万円・・・と、徐々に値引き額を上乗せしていくことになります。

 

反対にユーザー側の心理としては、「少しでも安く買いたい」というのが本音ですよね。

そのため、当初は5万円と言われた値引き額が、6万円になったことで「1万円も値引き額が上がった」と満足してしまう人がとても多いのですが、そこで諦めてしまえばディーラー側の思うツボとなります。

 

仮に最大値引き幅が「10万円」であった場合、更に「4万円」の値引きを狙うことができる訳です。

「6万円」と言われたことで「引く」のではなく、更に値引きすることはできないのか?と「押す」姿勢を持つことで、最大限に安く車を購入できる可能性が高くなります。

オプションで交渉する

元々の車体価格が安く設定されている軽自動車は、最大値引き幅がとても少ないです。値引いてもらえても「10〜15万円」が最大値ですので、それを超えた値引き額を引き釣り出すのは至難の技です。

また、人気車種ともなると「雀の涙程度(3万円〜)」の値引きしか期待できないこともあります。

 

そのようなときは、車体価格から値引きしてもらうのは諦めることにし、「オプション」を値引いてもらう、または「サービスしてもらう」ことを考慮し、交渉してみましょう。

 

例えば、20万円のナビを18万円にしてもらうことができれば、2万円の値引きに成功したと言えますし、5万円のスタッドレスタイヤをサービスして貰えれば、5万円の値引きに成功したといえます。

 

ディーラー側も、車体価格を値引くことを考えれば、このようにオプションを値引く、またはサービスするほうが遥かに気が楽なので、値引きに成功する確率がグンと高くなりますよ!

ぜひお試しあれ!

 

これが、「軽自動車を最大限に値引きするための交渉テクニック」の全てですので、ぜひ参考にして頂き、良い結果を残して頂ければと思います。