車のモデルは、「フルモデルチェンジ」「マイナーチェンジ」、いずれかのタイミングで、見た目、性能共に変化していくことになります。

その違いや、時期、買い替えるのはどのタイミングが良いのか?というテーマについて、お話していきます。

モデルチェンジを知ろう

fiti

 

上記画像は、歴代FITを並べたものになります。一見同じ車のようにも感じますが、よくみると「全く違う車」に生まれ変わっていることが分かると思います。

このように、時代の流れと共に車のデザインが変化することをモデルチェンジと呼び、「マイナーチェンジ」と「フルモデルチェンジ」の二つに分かれています。

まずは、両者の違いを知っておきましょう。

マイナーチェンジとは?

マイナーチェンジとは、その車の特性(見た目やエンジンなど)を据え置きし、例えば走行メーター周りのデザインであったり、内装に使われている素材を変更してみたり・・・

言わば「小規模」なモデル変更を行うときに使われる言葉が「マイナーチェンジ」という訳です。見た目や性能に大きな差がないため、大々的に話題となることはありませんが、車種によっては見逃せない変化をすることも考えられますので、一応気にしておいたほうが良いでしょう。

 

また、マイナーチェンジ前のモデルを「前期型」、マイナーチェンジ後を「後期型」と呼びますので、中古車を購入するときの判断材料として、覚えておいて損はありません。

要するに、前期型のほうが古い車であり、後期型のほうが新しい車となります。

フルモデルチェンジとは?

マイナーチェンジが小規模な変更である一方、フルモデルチェンジは「大規模」な変更を行うときに使われる言葉です。モデルチェンジというより、「進化」と読んだほうがしっくりくるかもしれませんね。

最近では、(見た目が)より未来志向なデザインに変更されることが多く、走行性能も過去の車に比べると飛躍的向上していますので、新車を買うときは、旧型ではなくフルモデルチェンジ後を狙ったほうが良いといえます。

 

また、モデルチェンジとは言うものの、フルモデルチェンジ後の車は、名前が同じだけの全く違う車に生まれ変わっていることになります。

デザインは一心されますし、エンジンや足回りに関しても全く違う性能になります。ひどいときはコンセプトすら変更されることになるので、その辺りは注意しておいたほうが良いですね。

旧型のコンセプトに惚れていたのに、新型になって魅力が半減した・・・なんてことも、よくある話ですから。

モデルチェンジ後、新車は買えなくなる?

フルモデルチェンジが発表され、発売を開始した時点で、旧モデルを注文することはできなくなります。ディーラーが在庫を抱えている場合は別ですが、基本的には「旧モデルは(新車で)買えない」と考えておくほうが良いです。

どうしても欲しいモデルがある場合、フルモデルチェンジ前に購入を検討するか、虱潰しに新車ディーラーへ(前モデルの在庫がないかを)問い合わせるしか方法はありません。

 

中古であればいくらでも買うことができますが、新車の購入を希望する場合、早め早めに行動することをオススメします。

フルモデルチェンジの時期は?

day-planner-828611_960_720

 

フルモデルチェンジについては、車情報誌にて予測されていることが多いですが、実際には「メーカー側の発表があるまで分からない」というのが事実です。

販売を行うディーラー側も、フルモデルチェンジの時期を把握していないことが多いので、新車で買って3ヶ月後にフルモデルチェンジが行われてしまった・・・なんてことも、実際あり得ることなのです。

 

車種によってモデルチェンジの時期は異なりますし、人気のない車種であれば、そのまま廃盤になる可能性もあります。

ですので一概に決めつけることはできないのですが、大体「4〜6年」周期でモデルチェンジが行われることが多いので、その辺りを基準として考えておけば良いと思います。

買い時は?

フルモデルチェンジが発表されることで、一気に旧モデルの需要が少なくなります。そのため、新モデル発表後は、旧モデルの値引き額が比較的高くなる傾向にありますので、その時期を狙い新車を購入することで、より安く車を手に入れることが可能です。

その半面、新型モデルの新車は値引き額が絞られているため、それこそ1万円とか、3万円の値引きしかできなくなってしまいますので、その辺りは気にしておいたほうが良いと思います。

 

買い時に関しては、旧モデルでも良いのか?新型モデルじゃなきゃ嫌なのか?で大きく変わってきますので、旧モデルが欲しい場合はフルモデルチェンジ直前、新型モデルであれば、発表から1〜2年程度を目安に考えておきましょう。