車を所有している人には例外なく「自動車税」を支払う義務があります。車を売るときは、未経過分の自動車税を返金してもらえることになるので、忘れないようにしておきましょう。

自動車税ってどの税金?

自動車税どれ?

取得税、重量税、自動車税、軽自動車税、車には色々な税金があるため、自動車税と聞いても「どの税金なのか分からない」という人は多いと思います。

自動車税とは、毎年4月を過ぎた辺りから、車検証に登録している住所宛に届く納付書で支払うべき税金のことで、5月31日までが納付期限となっているものです。

 

取得税、重量税に関しては、車購入時や車検時に収めることになる税金ですので、自動車税とは性質が違います。自分で(コンビニや銀行で)支払うべき税金が、自動車税と覚えておけば良いでしょう。

ちなみに軽自動車の場合、自動車税ではなく軽自動車税となります。

未経過分の自動車税は返ってくる?

自動車税は予め1年分の税金を支払う、言わば前払い制度となっていますので、車を売ったときや廃車をするときは、先に支払った税金に関して疑問が残ります。

「先に払ったんだから返金しろよ」と。

 

しかし、安心して下さい。廃車に関しては「返付金」として、未経過分の自動車税が還ってくることになります。ちなみに未経過分の自動車税とは、先払いした税金の残り期間のことを指し、廃車時にはその金額分の税金が還付されることになります。

例えば4ヶ月残っているのであれば、「支払った自動車税÷4ヶ月」が返金されるべきお金となります。

 

さて、問題なのは「売却時」に関してです。車を売るときは廃車ではなく名義変更として扱われるため、役所からの返付金を受け取ることはできません。

あくまで、返付を受けられるのは廃車のときに限るからです。

 

では、車売却時に残っている自動車税は泣き寝入りせざるを得ないのか?と言うと、決してそんなことはありません。確かに役所からの還付はありませんが、その肩代わりとして買取業者が未経過分相当の金額を支払ってくれることになります。

結果としては「還付される」ことになりますので、未経過分の自動車税は、廃車のときも売却時にも、必ず返金されるものと言えますね。

事前に確認しておきましょう

売却時に自動車税が返ってくることを知らない人が多い現状を利用し、正当な還付を行わない業者も中には存在するようです。もちろん、そうではない優良な買取り店がほとんどなのですが、念には念を、事前に確認しておくようにしましょう。

また、商談時に「自動車税」について説明をしてくれる業者もあれば、なんの説明もなく返金を行う業者もあります。いずれにせよ、事前の確認はしておいたほうが良いと言えますね。

 

査定見積書に「還付金相当額」と記載されている場合もありますし、どこかしらにまとめて記載されていることもありますから、そちらに関してもしっかり聞いてみることをオススメします。

重量税は返金される?

車売却時に自動車税が返ってくるのだから、重量税も返ってくるのであろう。と考える人も多いでしょうが、残念ながら還付対象なのは自動車税だけであり、重量税は返金されません。

重量税は車検にかかる法定費用として支払うものですので、自動車税とは性質が違うのです。車検の残り期間に応じて未経過分の重量税が残っていることになりますが、こちらは「車の価値」の一つとして計上されることになります。

 

未経過分の重量税に関しては、実質的に査定額に含まれることになりますので、その辺りは理解しておくほうが良いですね。返ってくるものと考えていては、要らぬトラブルを巻き起こしてしまうことになってしまう恐れがありますから。