車にはタイヤが4本ついていますが、実はそのタイヤ全てがアクセルを踏むことで動くのではなく、例えば「前輪」だけが動いていたり、「後輪」だけが動いていたり。

具体的に言うと、4本のタイヤが同時に動く車もあるのですが、その車により「どのタイヤが動くか(駆動方式)」が異なるのです。

 

では、そもそも「駆動方式」とは何なのでしょうか?

 

くるま

駆動方式について知っておこう!

駆動方式の意味

駆動方式とは、エンジンの力をどのタイヤに伝え、どのように車を動かすのか?ということを示しているものであり、「エンジンの位置」と「駆動方式」を示す指標として、車検証などに記載されているものです。

 

駆動方式は、大きく5種類に分類され、

 

  • FF
  • FR
  • MR
  • RR
  • 4WD

 

となります。

 

数字とアルファベットで表記されているため、「何を伝えたいのか分からない」と思うかもしれませんが、前の文字が「エンジンの位置」を示しており、後ろの文字が「どのタイヤを動かしているか」を示しています。

エンジンの位置 駆動方式
FF フロント 前輪駆動
FR フロント 後輪駆動
MR ミッド(真ん中) 後輪駆動
RR リア 後輪駆動
4WD 車種によって異なる 全輪駆動

 

要するに、Fが「フロント(前)」を指すアルファベットであり、Mは「ミッド(中間)」、Rは「リア(後ろ)」を指しています。

 

くるま2

稀に「AWD」なんて表記があるけど、これは日本において「4WD」を指す言葉だよ!逆に海外では、4WDではなくAWDと認識されているよ!

駆動方式の調べ方

購入を検討している車の駆動方式、または愛車の駆動方式を知りたいと思ったときは、どこをどのように調べることで解決することができるのでしょうか?

 

愛車の駆動方式を調べるときは、「車検証」を見ることで解決することが可能です。

車検証には必ず、駆動方式が記載してありますので、ぜひ確認してみて下さい。

 

新車であれば、カタログを見ればすぐに分かります。

ただし、同じ車種であっても「グレード」により駆動方式が異なることがあります。下位グレードだと「FF」なのに、上位グレードになれば「4WD」になる。という具合です。

 

中古車の場合は、ほとんど場合「プライスボード」に駆動方式が記載されていると思います。

記載されていない場合は、販売店スタッフへ「この車って、FF?FR?」と質問することで解決することが可能です。

 

駆動方式の種類と、それぞれの特徴

車に関してあまり知識のない人からすると、「駆動方式なんて、なんでもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

車の使用目的によっては、駆動方式により使い物にならない場面がでてくることもありますし、車内の広さにも影響してしまうことになります。

 

ですので、使用目的によって、後悔しない「駆動方式」選びをしたほうが良いと言えます。

では、「FF.FR..4WD(日本では、この3種類がメジャー)」、それぞれの特徴をみてみましょう。

FF(フロントエンジン・ドライブ)の特徴

大前提として知っておいてもらいたいのは、日本で発売されている多くの車は「フロントエンジン」であることが多いです。

日本では「MR やRR」の車を見かける機会が少ないということですね。

 

そのため、メジャーな駆動方式は「FF、FR、4WD」となり、車購入時の選択肢もこの3つであることがほとんどです。

要するに、駆動方式で重視する点は、「どのタイヤがエンジンの力で動いているか」だけだということですね。

 

さて、FF(フロントエンジン・ドライブ)ですが、こちらは「前輪」が動くことにより車が走る「前輪駆動」となります。

後輪は、前輪に引っ張られるように回っているだけだということです。

 

FF車のメリットとしては、FR車には必須な「プロペラシャフト」が必要ないため、他の駆動方式に比べ「車内が広く」設計されていることが挙げられます。

また、車体重量も軽くなります。

 

車に広さ、快適空間を求める人は、文句なしで「FF車」を選択するべきだと思います。

 

製造コストも比較的低い(他の駆動方式に比べれば)ため、車両価格が安くなる傾向にありますので、できるだけ車を安く買いたい!って人も、FF車を選択すれば良いと思います。

 

余談ですが、日本で人気のある軽自動車やミニバンに関しては、そのほとんどが「FF車」として売りだされていますので、参考までに。

 

デメリットとしては、「走行性能が不安定」ということが挙げられます。

エンジンに加え、重量のあるパーツが車の「フロント」に集中してしまうため、どうしても安定性に欠けてしまうことになるのです。

 

また、加速性能もFRに比べ劣ることになりますので、「車にはスピード感を求めているぜ!」って人には、FF車は向かないと言えます。

FR(フロントエンジン・リアドライブ)の特徴

FRは、車のフロントにエンジンを積み、後ろのタイヤで車を動かす駆動方式で、FF車ほどではありませんが、日本ではメジャーな駆動方式の一つです。

 

メリットとしては、「走行性能に長ける」という点で、FRはその特性から多くのスポーツカーに採用されています。

 

というのも、後輪を「走る」ために動かすことで、前輪を「ハンドリング(方向転換)」に集中させることが可能になり、結果として「安定した走行」が実現するのです。

走るのも前輪、方向転換も前輪となれば、やはり噛み合わない部分もでてきますから。

 

車に「走り」を求める人は、走行性能に長けるFR車を選択するほうが良いといえますね!

 

デメリットですが、FF車とは比較できないほど「車内が狭く」設計されていることがほとんどです。

ミニバンのように、広く、快適に車内空間を楽しみたいのであれば、FR車を選択する必要性は皆無です。

 

また、車体価格も高くなる傾向ですので、お財布にも優しくない駆動方式だと言えます。

4WDの特徴

上記のFF、FR車は、前輪、後輪いずれかのタイヤを使用することから、2WDと呼ばれることがありますが、4本のタイヤ全てを走りに使う車のことを「4WD(四駆とも言いますね)」と呼びます。

 

ランドクルーザーやハイエースなどが、代表的な4WD車となります。

 

4本全てのタイヤを走行に利用しますので、言わずとも「走行安定性」はピカイチで、悪路であっても問題なく走行することが可能です。

また、2WDと比べてもパワーが段違いに違いますので、「車はパワーが重要なんや!」って人は、迷わず4WDを選択してみてはどうでしょうか?

 

ただし、デメリットとして「車両価格が高い」「燃費が悪い」など、コスト面での悪条件が目立ちます。

他の駆動方式に比べ、コスト面で大きな差をつけてしまいますので、より経済的な車に乗りたい人は、真っ先に選択肢から外すべき駆動方式だともいえますね。

四駆は雪道で大活躍!

冬になると雪が積もる地域にお住まいの方は、「雪道を走行する」ことも考慮しておかなければいけません。

もちろん、冬季はスタッドレスタイヤを装着、もしくは「タイヤチェーン」の装備は必須となるのですが、大雪が降った日など、それらの装備では太刀打ち出来ないことも考えられるのです。

 

私の話で申し訳ないのですが、私は冬になると毎週のようにスノーボードを楽しみに雪山に通います。もちろん、車で。

 

スタッドレスタイヤを装着しているのは言うまでもありませんが、乗っている車は「エリシオン」というFF車です。

 

本当は四駆が欲しいのですが、経済的な理由で妥協しました・・・。

 

平均的な積雪であれば、特に問題なくスキー場へ到着することが可能なのですが、大雪が降った後や、路面がアイスバーンになっているときなどは、やはり「キュルキュルキュル」とタイヤが空回りすることが多いです。

坂道であれば、登り切れずに滑り落ちてしまうことも・・・。

 

そんなときは「スタッドレスタイヤ+タイヤチェーン」で対応するのですが、チェーンを装備している私たちをあざ笑うかのように、4WD車は楽々坂道を登っていきます。

「パパー、あの人たち、2WDだよーwww」とバカにされているのでしょう。きっと。

 

このように、2WDでは対処しきれないような雪道(悪路)でも、4WDであれば問題なく走行することが可能なのです。

 

くるま3

車内が広いFF車、安定走行のFR車、力持ちの4WD車!

駆動方式は変更できるのか?

FF車を買った後に、「やっぱり4WD車にしとけば良かった」と後悔し、駆動方式を変更しよう!となることもあるかもしれませんが、購入後に駆動方式を変更することは可能なのでしょうか?

 

結論は、「多分できる」と思います。

ですが、駆動方式を変更した!という話は、私の人生の中で一度も聞いたことのないセリフですので、ほんとのところはどうか分かりません。

 

例えできたとしても、多額な費用がかかると思います。

下手すれば、車1台買えるレベルの費用がかかるかもしれませんね。

 

ですので、現実的には「駆動方式を変更することはできない」と考えておいたほうが良いでしょう。