新車にしても中古車にしても、車を購入するときは「テンションが上がる」ものであり、勢いだけで「よし、この車にしよう!」と決めてしまう方が非常に多いです。

車って、見た目とか性能面で選んでもいいと思うけど、相性っていうかなんていうか、、、フィーリング的な部分も大切なので、間違っても「勢い」だけで買ってしまうと、後で後悔する可能性がとても高くなります。

 

そんなこんなで、「中古車を買ったのは良いけど、気に入らないから返品したい。確かクーリングオフ制度ってのがあったよね!」と考える人も多いと思いますが、果たして中古車はクーリングオフすることは可能なのでしょうか?

今回は「中古車のクーリングオフ事情」についてお話していきたいと思います。

中古車はクーリングオフの対象?

kinshi_car

 

そもそもクーリングオフとは、「商品購入から8日以内」であれば返品できる制度であり、悪質な訪問販売や電話勧誘から消費者を守るために作られている制度です。

クーリングオフ英語cooling-off period)とは、一定の契約に限り、一定期間、説明不要で無条件で申込みの撤回または契約を解除できる法制度である。ただし、申込者が商人または契約が開業準備行為であるものに対しては、適用されない。

法律の条文そのものには「クーリングオフ」という表現は無く、上記のような内容を法文で表現している。引用:wikipedia

一見「クーリングオフ」は全ての契約に対して有効な取り決めのように感じますが、実際は「訪問販売」や「電話勧誘」による「悪質な販売方法(と見なされた)」場合のみ適用される制度です。

要するに、購入者自身が「これ買う、絶対買う!」と納得し、自ら購入の意思を固めた場合に限り「クーリングオフ制度が適用されない」こともあるので注意が必要です。

 

では、「車の売買」に関してはどうなのか?というと、結論は「車(新車・中古車)はクーリングオフの対象外」ということになっています。

購入後、「やっぱりいらないんでクーリングオフして下さい」ということはできませんので、十分注意して下さい。それに加え、車の売買はキャンセル、返品も非常に困難を極めることになりますので、「ま、いっか」と安易な契約はしないことをオススメします。

 

チェックリスト

■補足

車って、実際乗ってみらければ分からないことって沢山ありますよね。買った後に「なんか違う・・・」と感じることも多いです。

買った後でも返品できればいいのに・・・と感じたことがある人は、「返品オッケー」な中古車購入方法が便利です。詳しくは公式サイトよりお確かめ下さい。

なびくる+

安易な中古車選びは身を滅ぼす

中古車はクーリングオフはもちろんのこと、キャンセル、返品に対してとてもシビアであることは分かって頂けたと思いますが、このことを踏まえ、中古車選びはより慎重に行ったほうが良いといえます。

安易な中古車選びは「ハズレ」を引いてしまうことになりかねませんし、購入後の修理費用でバカほどお金がかかってしまうことも考えられます。

 

素人目で見れば、どの中古車も「どんぐりの背くらべ」と感じてしまうかもしれませんが、よく観察し、よく調べあげることで、その中古車の良し悪しというものが見えてきます。

勢いだけで買ってしまうのではなく、複数の販売店を見て回り、「この車と出会うのは運命であり、必然的だったんだ・・・」と感じた場合のみ、購入に踏み切ることにしましょう。