長距離を走るときは、高速道路を利用することになりますが、特に普段から運転に慣れていない人や、高速道路に慣れていない人は、一般道との感覚の違いに注意しておかなければいけません。

高速道路を利用するときに注意しておきたいこと

street-918868_960_720

 

高速道路はその名の通り、一般道よりも早いスピードで走行できる道路のことを指します。そのため、一般道と同じスピード感覚でいることは非常に危険なことなのです。

ちなみにですが、高速道路には最低速度も設けられており、渋滞や緊急事態を除き、時速50km以下での走行が禁止されています。

 

このことから、高速道路を走行するには沢山の注意点やコツがありますので、ここでまとめておきたいと思います。高速道路走行で気をつけておきたいポイントとコツは以下の通り。

ポイントとコツ

  • ■合流に注意しておこう
  • ■スピード感覚に気をつける
  • ■走る車線を考えよう
  • ■乗る前にガソリンをチェック
  • ■トイレは済ませておく
  • ■ETCは意外と危険
  • ■車外へは絶対出てはダメ
  • ■横風に注意
  • ■煽ってくる車もいる
  • ■落下物はやばい
  • ■シートベルトは後部座席も
  • ■逆走車に注意

合流に注意しよう

高速の乗口に入ってすぐ、違う高速に乗り換えてすぐなど、高速道路には合流しなければいけない箇所が沢山あります。合流時は事故が多いので、気をつけるようにしておきましょう。

合流時のコツですが、まずは指示器を出し、合流したい気持ちを相手に伝えます。

 

相手によっては加速し、スペースを開けてくれることもありますし、逆に減速し、前にスペースを開けてくれることもありますが、稀に「お前なんか入れてやるかよ」と、意地悪してくるドライバーもいます。

いずれにせよ、コチラがどのスペースに入りたいのかを相手へ伝えるためにも、前に入れて欲しい場合は加速、後ろに入れてもらいたい場合は減速し、相手にコチラの意図を伝えることが大事です。

 

上手く合流できず停車してしまえば大変ですし、慌てて接触事故を起こしても大変です。合流時は、慌てずゆっくりと、相手ドライバーとの意思の疎通を図りましょう。

スピード感覚に気をつける

一般道では、最高速度が20〜60kmに制限されていますし、どれだけスピードを出せる道路でも60kmが最高速度と定められています。

一方の高速道路は、最高速度が60〜100kmの幅で定められており、一般道と同じスピード感覚で走行することは、非常に危険な行為となるのです。

 

また、高速走行が怖いからといって、速度を落とす行為も危険です。他のドライバーからすると、時速40kmとか50kmとかで走っているドライバーがいることは想定の範囲外です。

意図せぬ接触事故を巻き起こしてしまう結果に繋がりますので、スピード感覚を磨き、流れに沿った走行を心がけるようにしましょう。

走行する車線に注意

高速道路には2車線、4車線など、車線の数に違いがありますが、基本的には「左車線が走行車線」、「右車線が追い越し車線」となっています。

ですので、高速道路走行に慣れるまでは、左側車線を走行することを意識しておきましょう。

 

右車線は追い越し車線と定められていますが、現実は「スピード違反をする車専用の車線」となっています。時速120kmとか150kmとか、恐ろしいスピードを出しているドライバーが沢山いますので、なるべく近づかないほうが良いでしょう。

ガソリンに注意

super-1408490_960_720

 

 

高速道路に入る前に、ガソリン残量をチェックしておきましょう。高速道路上でガス欠を起こせば事故のリスクも増えますし、色々大変です。走行距離を考え、必要分を予め給油しておくのがベストです。

高速道路上には50km感覚でSA(サービスエリア)があり、大きなものになるとガソリンスタンドが併設されたSAもあるのですが、場所によれば「ガソリンスタンドが全くない高速道路」もありますので、注意しておきましょう。

 

例えば、関西にある舞鶴若狭道に関しては、最大160kmに渡り、ガソリンスタンドがない道が続きます。燃費の良い車であればまだしも、悪い車に関しては死活問題です。

気をつけましょう。

トイレに注意

これ、ほんと注意したほうがいいです。私は趣味で釣りやスノボをやっているため、月に10回程度、高速道路を利用するのですが、ときたま「◯ん◯漏れそう・・・」となるときがあります。

残念ながら漏らした経験はないのですが、パンツにちょっとシミができる程度に限界だったことはあります。もうね、SA降りてスーパーダッシュです。(稀に個室が一つも空いていないときがありますが、マジで地獄を見ることになります)

 

高速に乗る前はトイレを済まし、緊急時に備えて「携帯トイレ」や「下痢を止めるアイテム(ストッパ)」などを車内に常備しておくことも考えておきましょう。

ETCは意外と危ない

料金所で足止めを食らうことがなく、素通りできる便利なETCですが、これ、意外と危険ですし、事故も多いです。特に高速道路に慣れていない人は注意しておくよう心がけて下さい。

一番危ないのが、カードの入れ忘れ。カードを入れ忘れてしまえば当然ゲートが開きませんので、急ブレーキを踏むキッカケとなってしまいます。

 

後続車からすれば「前の車が止まるなんて聞いてねーぞ」って感じですので、そのままのスピードで通過してしまい、玉突き事故へ発展してしまう恐れがあります。

仮にカードを入れ忘れてことでゲートが開かなくても、ゲートを壊すぐらいの勢いで突っ込んだほうがまだマシです(ETCのゲートは突っ込まれることを前提に作られています)

車外には出ない

高速上で車外にでてしまい、後続車にハネられるという悲惨な事故が後を絶ちません。いわずとも、高速道路上では時速100km近い車が沢山走行していますので、ハネられれば命の保証はありません。

また、高速走行中のドライバーも、「高速道路には人がいないもの」とし、運転しています。仮に人が飛び出ても対処できるドライバーなど皆無ですので、その辺りは十分理解しておきましょう。

 

高速道路上で故障などのトラブルが起きてしまったときは、路肩に車を移動させ、発煙筒や三角板で後続車へ「私はここにいますよ」とアピールします。

車外に安全な場所があると確認できた場合のみ、即座に「助手席側」からそこに移動し、ない場合は車内で大人しく過ごしておきましょう。万が一、後続車が突っ込んできた場合を想定し、シートベルトは着用したままのほうが良いです。

 

ちなみに、高速道路上でトラブルが起きた場合、「#9910」に電話することで解決できます。電話帳にでも登録しておきましょう。

横風に注意

湾岸線など、特に海沿いを走る高速道路では「横風」が非常に強いときがあります。車高の高い車であればハンドルをとられることもありますので、注意しておいて下さい。

また、トンネルを出た直後は油断していることもあり、急激な横風に対処できないケースも考えられます。風が強い予報が出ている日は、ハンドルを強く握るなど、意識しておくことが重要です。

 

余談ですが、先日明石海峡大橋を渡ったとき、風速20メートルを超える横風がびゅんびゅん吹いていました。恐怖以外の何者でもなかったので、明石海峡大橋を渡るときは風に注意して下さいね。

煽ってくる車

何をそんなに急いでいるのかは知りませんが、車間を詰めてきたり、パッシングで煽ってくるドライバーも一定数存在しています。

特に、右車線を走行しているときに多いですね。ほんと、何様なんだか。

 

このように、煽ってくるようなモラルが欠如した人間を相手にするのは損です。事故に巻き込まれてしまうかもしれませんし、さらに煽りをヒートアップさせてしまう原因にもなります。

「どーせバカだし」と相手にせず、先に行かせてあげるようにして下さいね。

落下物は危険

以前、私が運転していた訳ではないのですが、落下物に接触してしまったことがあります。バンパーはボロボロ、持ち主の気持ちはズタボロで、どうしようもありませんでした。

高速道路上には凄く高確率で落下物が落ちていますので、発見した際は回避するようにして下さい。また、#9910に通報し、落下物があることを伝えておきましょう。

シートベルトについて

なぜか、後部座席はシートベルトをしなくてもいい!みたいな風潮がありますが、一般道でも高速道路でも、後部座席のシートベルトは着用義務が定められています。

参考→後部座席のシートベルト着用について

 

運転席や助手席は当然のこと、後部座席もシートベルト着用を徹底しておくようにしましょう。

逆走車に注意

自分が逆走するのもそうですが、他のドライバーが逆走してくる可能性も考えておくべきです。

そんなことあり得ない、逆走ってwwwと、考えていた時期が私にもありました。が、実際に逆走している車を見てからは、その考えは180度違うものになりました。

 

私たちが「そんなことはあり得ない」と考えていることでも、世の中にはあそれを平気でやってのける人がいるのです・・・。先入観は捨てるようにし、危険予知を怠らないようにしましょう。

 

以上、高速道路走行時の注意点と、コツでした。