運転席や助手席に限り、「走行時はシートベルトを着用しなければならない」と認識している人も多いと思いますが、実は「後部座席」のシートベルトも着用が義務化されています。

後部座席になるとどうしても「シートベルトはしなくても大丈夫」と考えてしまいがちですが、安全面を考慮すると「着用して当たり前」のものですので、必ず着用するようにしましょう。

 

また、車を運転するドライバーは、同乗者へシートベルトの着用を促さなければいけません。シートベルト未着用のまま走行してしまうと、取り締まりの対象になりますし、事故のときの保険についてもマイナスな影響を与えてしまいます。

違反点数や反則金について

police_patocar_woman

一昔前であれば「後部座席のシートベルト着用」は義務ではなかったのですが、平成20年6月による法律改正で、「後部座席のシートベルト着用の義務化」が行われるようになりました。

何故か「高速道路だけ」に適用される法律だと思っている人も多いですが、「一般道」においても適用される法律ですので、その点についてはしっかり認識しておいたほうが良いですね。

 

違反に対する罰金や違反点数ですが、高速道路走行時の未着用の場合で「違反金:1点、反則金なし(運転席、助手席も同様です)」、一般道であれば「違反点数なし、反則金なし」の口頭注意だけとなります。

一般道に関しては、取り締まりの内容が薄いと感じるのですが、決まりは決まりです。違反金がなくても、反則金がなくても、安全のために(後部座席も)必ずシートベルトの着用を心がけましょう。

着用が免除されるケースも

あまり知られていないことですが、道路交通法により「シートベルト着用が免除」される項目があります。下記に該当する場合はシートベルト着用義務が免除されることになります。

 

チェックリスト

  1. 自動車を後退(バックさせるとき)は免除
  2. 消防車を運転するとき(消防士限定)
  3. 警察官など、仕事上シートベルトの着用ができない場合
  4. 選挙カー
  5. ゴミ収集や郵便配達など
  6. 妊娠中、肥満、障害など、シートベルトの着用が難しい場合

このようなケースに該当する方はシートベルトの着用義務が免除されますので、一応覚えておくようにしましょう。一般ドライバーであれば「後進のとき」「妊娠中」「肥満である」が該当しますね。

シートベルト未着用は危険

seatbelt_no

運転席であっても助手席であっても後部座席であっても、シートベルト未着用のときに事故が起きれば非常に危険です。車外に吹き飛ばされる可能性もありますし、ハンドルや座席に体を強打してしまうことも考えられます。

特に車外へ吹き飛ばされてしまえば大怪我をすることは免れませんし、後続車に轢かれてしまうリスクさえもあります。

 

スクリーンショット 2016-08-07 16.25.13

警察庁のHPにて、シートベルト着用についての映像をダウンロードすることができます。この機会にでも視聴するようにし、より一層、シートベルト着用の重要性について知ってもらえればと思います。