車に重大な問題、欠点を調べるためと、税金の支払い漏れがないかをチェックするため、車を所持する人は定期的に「車検」を受けることを義務付けられています。

車検を受けていない車、いわゆる「無車検車」で公道を走行すれば、法律により罰せられることになります。

 

車検についての考え方は、普通車と軽自動車では少し違いますし、かかる費用も変わります。

このページでは「軽自動車における車検費用の相場」についてお話していきますので、軽自動車オーナーの方はぜひ耳を傾けて頂ければと思います。

 

くるま2

車検費用って高いよね・・・

軽自動車も車検が必要?

中型二輪の場合、400cc以下のバイクに限り、「車検が免除」されています。

このことから、「排気量の小さな軽自動車も車検を受けなくていいのでは?」と思っている人がいらっしゃるようですが、普通車でも軽自動車でも変わらず、「必ず」車検を受けなければいけません。

 

新車であれば3年、そうでない場合は「2年」に一度、車検を受ける必要があります。

また、1年に一度は「12ヶ月点検」も義務付けられています(法的な罰則はありません)

 

ただし、車の使用状態、老朽化具合にもよりますが、基本的に普通車より「軽自動車」のほうが車検費用が安くなる傾向にあります。

では、軽自動車を車検に通すときにかかる費用はどれくらいなのでしょうか?相場を探っていきます。

車検に必要な費用

車検に必要な費用は、普通車と軽自動車で違いますし、費用が一定ではないため「どのように車検を受けるか」で大きく変わってきます。

「車検費用をなるべく安く抑えたい」とおっしゃるなら、「なるべく費用がかからない方法」をとることが大前提となります。

 

車検費用の内約は「法定費用」と「基本料」に分類されますので、それぞれの意味と特徴を知っておいて下さい。

法定費用

法定費用とは国が定めているものであり、車検時に必ず支払わなければいけないものです。

法定費用は、車のサイズや車種により「定額」となっています。

 

車検時に必要な法定費用は「重量税」「自賠責保険料」「印紙代」です。では、軽自動車に課せられる税額を見てみましょう。

 

自賠責保険 26,370円
重量税 6,600円
印紙代 1,100円

 

この他にも、軽自動車に課せられる税金である「軽自動車税」がありますが、こちらは車検時に支払うものではありません。

年に一度、登録住所宛に「納税書」が届くので、所定の方法(銀行など)で支払っておくようにしておきましょう。(車検時に、納税証明書が必要となります)

 

また、「車検にかかる法定費用はクレジットカードで支払える?」という疑問をよく耳にしますが、こちらは「可能」となります。

 

車検時は、後ほどお話する「車検基本料」と「法定費用」を、代行業者へまとめて支払うことになります。

お支払い時、支払い方法に「クレジットカード」を選択すれば、それでOKです。もちろん、分割払いやリボ払いにも対応していますので、ぜひ活用しましょう。

車検基本料金

法定費用とは別に、「車検基本料」というものがかかります。

車検費用は「法定費用」+「基本料」で割り出されることになりますので、如何にこの部分を安くするかが、「車検費用を節約できるかどうか」の鍵を握っています。

 

そもそも「車検基本料金」は、「業者の取り分」です。

内約としては、「代行費用」であったり「24ヶ月整備費用」ですので、それらの料金システムは「依頼する代行業者」によって大きく変わってきます。

 

料金幅も広く、基本料が2万円で済む業者もあれば、5万円、7万円と高額な費用を請求する業者もあります。

 

値段が高ければ「それ相応の整備、待遇」が受けられます。

ですので、「安ければ安い方が良い!」と一概に言い切ることはできませんが、「とりあえず車検さえパスできればそれでいい」と考えているのであれば、より安い業者に依頼するほうが良いと思います。

相場はどれくらい

では、一体「車検費用」の相場はどれくらいなのでしょうか?

車検にかかる費用を、普通車と軽自動車で比較してみます。また、法定費用、基本料に加え、「車検に通らない箇所」がある場合、「修理・交換費用」がかかることになりますので注意しておいて下さい。

 

それを考慮し、「修理・交換費用」は2万円と設定し算出してみます。

普通車 軽自動車
合計 110,640円 84,000円
法定費用 60,640円 34,000円
車検基本料 30,000円 30,000円
修理・交換費用 20,000円 20,000円

 

あくまで相場ですので、参考程度にお願いします。

余談ですが、私が前回車検を受けたときは、「修理、交換費用」で7万円ほどの請求がきました。なんでも、シャフト部分に不備があったそうで、修理する以外道がなかったようです。

 

車検には様々な基準が設けられており、必要箇所に不備がある場合「車検に通らない」ことになります。

そのため、基準に満たないほどダメージを受けている箇所は必ず交換が必要となり、その分「車検費用」が高額になってしまうことも考えられます。

 

「交換箇所」が0の場合もあれば、交換箇所だらけで費用が30万円もかかってしまう。なんてことも考えられることですので、その辺りは覚悟しておいたほうが良いと思います。

車検はどこで受けるほうがいい?

冒頭でも触れましたが、車検を代行してくれる業者は沢山あり、どこの業者を利用し、どのように車検を受けるかによって、大きく「車検費用」に差がでてしまいます。

ですので、「できる限り車検費用を抑えたい!」となれば、代行業者選びが命運を分けるといっても可笑しくないのです。

 

車検代行を依頼できる方法として、「ガソリンスタンド」「カー用品店」「ディーラー」がありますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

また、自分で車検を受ける「ユーザー車検」についても、ここでお話したいと思います。

 

くるま

どれを選ぶかによって、車検費用に大きな差がでるよ!

ガソリンスタンド

ガソリンスタンド

 

ガソリンスタンドに対して「給油するだけ」というイメージを持っているかもしれませんが、オイル交換をしてくれたり、タイヤ交換やワイパー交換など、給油とは別に様々なサービスを行っている所がほとんどです。

整備士が常駐しているガソリンスタンドも多く、そのような店舗では「車検代行サービス」を行っていることもあります。

 

行きつけのガソリンスタンドがある場合、そこで車検をお願いするのも良いかもしれませんね。

また、「どこに車検を依頼したら良いのか分からない」「車検とか面倒くさい」と思っている人は、あちこちに点在しているガソリンスタンドに依頼するのが手っ取り早いと思います。

 

ガソリンスタンドで車検を受けるメリットとしては、「値段が安い」「手軽」という点が挙げられます。

他の車検代行サービスに比べ「車検基本料」が安い傾向にありますので、とにかく「安く」済ませたいと思う人は、ガソスタにて見積もりを上げてみてはどうでしょうか?

 

また、ガソリンスタンドはそこら中にありますので、とても「手軽」に車検を依頼することができます。

車検に対して「難しいイメージ」を持っている人でも、「え、これだけでいいの?」と拍子抜けしてしまうほど「手軽」だといえますね。

 

デメリットとしては、やはり「整備面」で不満に感じることが多くなります。

というのも、ガソリンスタンドのメイン事業は「給油」ですので、「車検」に対してそれほど力を入れている事業所はないと想像がつきます。

 

要するに、「最低限の整備」しかしてもらえない可能性が高いので、「しっかり整備をしてもらいたい」という人にとって、ガソスタ車検は向いていないといえるでしょう。

車の不具合は事故の原因にもなり、「命に関わること」になる危険性がありますので、ある程度しっかりとした整備をしておきたいところですね。

カー用品店

私は先日、人生で始めて「カー用品店」で車検を受けてみることにしました。

なんとなく「カー用品店で車検を受けるのは嫌だな・・・」という先入観があり、これまで避けてきたのですが、「何事も経験だ」ということで、受けてみることにしました。

 

ちなみにカー用品店とは「オートバックス」や「イエローハット」のことを指します(今回はイエローハットに車検をお願いしました)

 

カー用品店で車検を受けるメリットは、何と言っても「安心感」です。

素性の分からない個人整備工場やガソスタで車検を受けるときに比べ、「大手用品店」で車検を受けるという事実は、それだけで「安心感」を得ることができるのです。

 

また、価格面でみても安く、なんと車検整備料金が「7000円〜(イエローハット)」となっています。

軽自動車であれば、法定費用と合わせても「40000円」ほどで済みますので、他と比べても「安い」といえますね。

 

デメリットは、「予約が取りにくい」ということ。

客数の多いカー用品店では、「予約がとれない」ことも十分考えられますので、車検の残日数が少ない人は早めはやめの行動をオススメします。

ディーラー

building_car_dealer

ディーラーとは、各自動車メーカーが新車を販売している店舗のことを指します。

車をディーラーに持ち込むことで、他の方法同様、「車検」を受けることができます。

 

また、「他メーカー」でも問題ありません。

例えば、あなたが「トヨタ」の車に乗っていても、「HONDA」のディーラーで車検を依頼することができるということです。

 

他メーカーだからといって手を抜かれたり、嫌な顔をされることはないのですが、やはり「専門的な知識」で言えば、同一メーカーのほうが一枚上手です。

 

そのため、トヨタであればトヨタのディーラー、HONDAであればHONDAのディーラーに車検を依頼したほうが良いと言えますね。

 

ディーラーで車検を受けるメリットとしては、「整備面での安心感」が挙げられます。

個人が運営している整備工場より、大手自動車メーカー系列である「ディーラー」のほうが「整備の質」が高いといえるでしょう。

 

また、交換パーツは「メーカー純正」のものを使用してもらえますので、その点でみても安心感が違いますね。

 

しかし、「値段が高い」というデメリットもあります。

「安全・安心」をお金で買うようなものですので、その辺りはお財布と相談して決めるようにして下さい。恐らく、1万円〜3万円ほど高くなると思います。

ユーザー車検

car_syaken_seibi

車検は「プロに代行してもらう」のが一般的ですが、実は「自分で」車検を受けることもできます。

該当箇所を検査し、不都合があれば取り替える。これらの作業を自分1人でこなし、車検に通すことを「ユーザー車検」と呼びます。

 

ユーザー車検のメリットは、何と言っても「料金が安い」ということ。

代行業者に依頼すると、「法定費用」に加え「車検基本料(整備料)」がかかります。

 

ユーザー車検でも「法定費用」の支払額は一定ですが、整備、交換、手続きを全て自分でやることになるので、「車検基本料」を節約することができます。

車検基本料金は依頼する業者によって異なりますが、軽自動車の場合「2〜8万円」程度の幅で考えておけば間違いないと思います。

 

ですから、軽自動車を「ユーザー車検」で通す場合、少なくても「2万円」ものお金を節約できるという訳です。

 

デメリットとしては、やはり「専門知識」が必要なところでしょう。

車検の仕組みについて熟知しておかなければなりませんし、車の整備技術も必要です。

 

ユーザー車検は「費用を安く抑えられる」反面、「ハードル(敷居)が高いもの」だと認識しておきましょう。

ホリデー車検

ホリデー車検は、全国チェーン展開している「大手車検代行業者」であり、とても人気のあるサービスです。

47都道府県に営業所がありますので、見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

ホリデー車検のメリットは、なんといっても「価格面」にあります。

車検費用(法定費用を除く)の全国平均が「58000円」なのにも関わらず、ホリデー車検の平均は「36000円」とかなりお安い水準となっています。

 

ホリデー車検費用

 

↑このように、軽自動車であれば「法定費用+基本料」で53834円〜59234円となっています。この数字は、他の車検代行業者では考えられないものですね。

 

デメリットとしては、近所に「営業所がない」かもしれないところ。

わざわざ交通費を叩いて通うぐらいなら、最寄りの代行業者にお願いするほうが良い場合もありますから。

 

選択肢の一つとして、ホリデー車検も考えてみてはどうでしょうか?

詳しく→ホリデー車検公式サイト

より安く済ませるには?

車検料金は、必ず一定額必要な「法定費用」と、代行業者が独自に決めている「基本料金」をプラスした額で割り出されることになります。

ですので、車検費用を安くするためには、「基本料金が安い」業者へ車検を依頼することが大前提です。

 

さらにここから「より安く済ませるには?」とストイックに考えるのでしたら、「要らないパーツは直さない」「クーポンを使う」、この2通りの方法をお試し下さい。

 

では、一つずつ見てみましょう。

要らないパーツは直さない

車はおおよそ「3万点」の部品で構成されていると言われています。

ですので、整備時に「不具合のある箇所」が沢山でてくることも考えられる訳ですが、ここを徹底して省くことで、車検費用をできる限り安く抑えることができます。

 

というのも、車検が通るか通らないかは、なにも「全ての不具合」を見ている訳ではありません。

例えば、ブレーキランプが点灯しないとか、スピードメーターが正常に動いていないとか、基準違反のスモーク(フルスモークなど)だとか、これらの不具合であれば「車検に通らない」ことになります。

 

反対に、「エンジンオイルの汚れ」であったり、「バッテリーの状態」であったり「ブレーキパットの消耗具合」であったり、そのような箇所は車検で指摘されることはありません。

 

要するに、「問題なく走行を走れるレベル」の整備がされていれば、車検に通るということです。

 

代行業者で見積もりを上げたとき、「エンジンオイルが汚れているから交換したほうが・・・」「ブレーキパットが3mmに減っているけどどうしますか?」と聞かれることがほとんどです。

もちろん、オイルもブレーキパットも交換しておいたほうが良いのは確かですが、「車検に通るかどうか?」を基準に考えた場合は「必要のない整備」となります。

 

両者を合わせれば1万円以上の出費ですので、それを省くだけでも「1万円」の節約ができるという訳です。

このように、必要最低限以上の整備を省くことにより、車検費用をより安く済ますことが可能です。

クーポンの利用

車検に適用されるクーポンが手に入るサービスがあります。

EPARK車検というサービスなのですが、全国2000店舗以上から車検代行業者を選ぶことができ、なんと最大「車検基本料82%オフ」になってしまうという、驚異的な車検クーポンサービスなのです。

 

詳しく→EPARK車検公式サイト

 

では、EPARK車検を利用し、私が住んでいる「大阪府堺市」でクーポンを探してみます。

 

都道府県検索

 

まずはお住まいの都道府県を指定し、市区町村を選択します。私の場合、ここでは「堺市」を選択します。

大阪府全体で、車検を安く受けることのできる代行業者が「155店舗」あることが分かりました。

 

では、堺市だけで絞り込んでいきます。

 

堺市

 

堺市西区を指定し検索したところ、「3件」の車検店舗が見つかりました。

家の近所だけで3件あることにびっくりですが、さらに1店舗に絞り、詳細を見ていきます。

 

軽 車検料金

 

この店舗の場合、軽自動車の車検基本料金が「25,800円→12,900円」と50%オフになっていました(先着3名限定みたいです)

総額でみても「47,270円」ですので、とても安いですね。

 

もうね、ハッキリいって使わないと損。近々車検を受けなければいけない人は、ぜひいちど「クーポン探し」を行ってみて下さい。

まとめ

長くなりましたが、軽自動車にかかる大体の「車検費用相場」を分かって頂けたと思います。

車検費用は最低でも「5万円程度」が必要になりますが、ここで紹介した方法を実践することで、最大限に「車検料金」を安くすることが可能です。

 

どうせなら、例え1000円でも安く済ませられるほうが良いですよね?

面倒臭がらず、しっかりリサーチすることで、あわよくば「数万円」ものお金を節約することができますので、ぜひこの記事を参考にして頂き、良い結果を出して貰えたらなと思います。