田舎道を走っていると、軽トラックの荷台に人が乗っている・・・という光景を目にすることがあります。一般的な感性で考えると、「軽トラの荷台に乗るなんて危ない」と思いますし、「違法じゃないの?」と疑問も湧きます。

当たり前のように、荷台へ人を乗せて走っている軽トラがいますが、果たしてこの行為は違法ではないのでしょうか?

基本的には違反

police-970011_960_720

 

軽トラックの荷台へ人を乗せて走行する行為は、基本的には違反ということになります。この「基本的に」というのが話のミソであり、その辺りをよく認識しておかなければいけません。

というのも、道路交通法第55条にて

車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。ただし、もつぱら貨物を運搬する構造の自動車(以下次条及び第五十七条において「貨物自動車」という。)で貨物を積載しているものにあつては、当該貨物を看守するため必要な最小限度の人員をその荷台に乗車させて運転することができる。

引用:道路交通法

このような取り決めが行われているからです。要するに、「人が乗る」ことを前提に作られている場所以外に、人が乗ることを禁止する。という法律になっています。

運搬目的であればOK

ただし、「当該貨物を看守するため〜」と記載されている箇所を見て分かる通り、「運搬目的で、なおかつ見張りの必要な荷物がある場合、荷台に人が乗ることを許可する」となっています。

例えば、軽トラの荷台へ冷蔵庫を乗せ運搬する場合。ロープで縛ることにより安定性を保つことができますが、それでもなお不安が残ります。このような場合、貨物落下防止のため、人が乗っても良い。ということです。

何人まで乗れる?

となれば、極端な話、荷台に10人乗って移動するのも大丈夫なの?って話になりますが、貨物の落下防止を防ぐために必要な人数が10人と判断されたときに限り、(軽トラの荷台へ)10人乗せても大丈夫。ということになります。

現実問題、10人も乗れないでしょ?という正論はさておき、軽トラの荷台に乗れる最大人数は決まっていないということで認識しておきましょう。

 

ただし、明らかに運搬目的ではなく、移動手段として荷台を使った場合、道路交通法第55条により、取り締まり対象になることも考えられるので注意しておきましょう。

罰金はどれくらい?

貨物を運搬する訳でもなく、移動目的として軽トラの荷台に乗る行為は「乗車積載方法違反」となり、罰金をとられることになります。また、一部条件を満たすことで、警察の許可をとり荷台に人を乗せることはできるようです。

乗車積載方法違反をした場合の罰金ですが、軽トラックで6000円、大型トラックであれば7000円の罰金がとられます。罰金云々の問題ではありませんが、注意しておくようにしましょう。

高速道路も走行できる?

interstate-1149592_960_720

 

(貨物の)落下防止目的であれば、軽トラの荷台へ人を乗せても大丈夫だということが分かりましたが、それでは「高速道路」を、(荷台へ)人を乗せた状態で走行しても大丈夫なのでしょうか?

結論としては、「法律的には問題ない」ということになります。高速道路走行時に、軽トラの荷台へ(貨物保護目的で)人を乗せる行為は、基本的に合法となっています。

 

ただし、高速走行することが前提の高速道路上に落下してしまえば、十中八九、重傷を負ってしまうことになりますし、命に関わる事故に発展する可能性が高くなります。

更に、いくら合法の上とはいえ、高速道路を(荷台に人を乗せ)走行していれば、非常に高い確率で警察から注意を受けることになるでしょう。「他の方法はなかったのか!」と。

 

このように、荷台に人を乗せて高速道路を走る行為は危険かつ迷惑になる行為ですので、法律上は大丈夫でも、自粛しておいたほうが良いといえますね。