「軽自動車で旅行に行くなんて無謀・・・」

そんな言葉を一度は聞いたことがあるかもしれませんが、本当に「軽自動車で旅行」をするのは無謀な行為なのでしょうか?

 

恐らく、軽自動車が旅行に向いていないと言われる背景には、以下のような理由があるものと想像がつきます。

 

  • 乗車人数が少ない
  • 荷物を積むスペースが少ない
  • エンジンが弱く、長距離走行に向かない

 

ではその理由について、一つずつ噛み砕いていきましょう。

 

くるま

軽自動車は旅行に向かない!?

乗車人数が少ない

軽自動車は、その規格により「乗車人数は最大4人まで」とされています。

更に詳しく→軽自動車の乗車人数について

 

ですので、少人数で行く旅行であれば使えないことはないが、大人数(4人以上)の旅行に関しては「そもそものキャパシティが足りない」ということになるのです。

※子供は3人=2人と計算できます。

 

また、一言で「軽自動車」といっても、「スーパーハイトワゴンタイプ」のような車内空間がとても広い軽自動車もありますし、「セダンタイプ」のような、大人3人が乗ればギューギュー詰めになるような軽自動車もあります。

 

このことから、同じ軽自動車であっても、所有している車種により「(実質的な)最大乗車人数」が異なることになりますので、一概に「4人までなら、軽自動車でも旅行に使えるよ!」とは言えないのが現状です。

 

例えばセダンタイプの軽自動車であれば、荷物を積むことを考慮したとして「最大で大人2人」が限界値と言えますね。

 

やはり最大乗車人数が4人と少ない軽自動車は、「旅行に不向き」だと言えるでしょう。

 

軽自動車の種類(タイプ)についてはコチラのページを参考にどうぞ→軽自動車の種類

荷物を積むスペースが少ない

旅行に出かけるときは、着替えの服や下着などで荷物が多くなりますし、帰りになるとお土産が追加されたりと、更に荷物が増えることになります。

ですので、旅行に車を使うのであれば、「荷物が積めるかどうか?」も考慮しておかなければいけません。

 

肝心の軽自動車ですが、お世辞にも「荷物が沢山積める」とは言えないのが現状です。

最近ではラゲッジスペースが広い軽自動車が各社からリリースされていますが、それでもなお普通車に比べると物足りるものではなく、あくまで「軽自動車の中では(荷物をおけるスペースが)広い」というレベルに留まっています。

 

例えば、大人4人が乗車し、4人分の荷物を積むとなると、やはり窮屈に感じてしまうことになるでしょう。

 

小一時間程度の移動であればまだしも、旅行先までの所要時間が3時間とか4時間とか、長距離移動になる場合は「軽自動車で旅行するのは苦行となる」と言えますね。

エンジンが弱い

軽自動車の排気量は、規格により「660cc以下」に制限されています。

排気量が小さな車=パワーの弱い車となりますので、軽自動車は数多くある車の中で最も「(エンジンの)力の弱い」車となっています。

 

ミニバンタイプの車が2000cc〜程度であることを考えれば、如何に軽自動車が力の弱い車であるが見て取れると思います。

 

では、なぜ「エンジンの小さい軽自動車」が旅行に不向きなのかと言いますと、やはり「疲労面」でのデメリットが多くなってしまうからです。

パワーの弱い軽自動車は、ちょっとした坂道でもアクセルを強く踏み込まなければいけませんし、風に煽られるなどの「走行性能」の不安定さが目立つことになります。

 

ですので、普通車に比べて「心身ともに疲れて」しまうことになり、実質的に「旅行には向いていない」ということになるのです。

 

こればかりは一度経験してみなければ分からないことですが、軽自動車での長距離運転はホント疲れます。体感的には、普通車の2〜3倍は疲れが蓄積されているような感じですね。

 

過去に私は、大阪→東京間(約600km)を軽自動車で走ったことがありますが、静岡県に入ろうかというところで心が折れました。

いや、本当に「引き返そうかな・・・」と考えるほどに。

 

個人的に考えている目安としては、「片道200km圏内」であれば、軽自動車でも無理なく移動することはできると思います。

それ以上の距離となると、やはり体力的な面で不安が残りますし、疲れが蓄積することが原因で事故を起こしてしまうかもしれませんので注意しておきましょう。

まとめ

結論としては、「軽自動車は旅行に不向きな車」ということになります。

ですので、軽自動車を使用し旅行にでかけるときは、「乗車人数」「荷物の多さ」「目的地までの距離」をしっかり考慮した上で計画しておく必要があります。

 

この辺りの計画をズサンにすれば、楽しいはずの旅行が、「苦行」になってしまうことも考えられますので、「これは無理だ」と判断したときは、飛行機や新幹線などの別ルートを考慮することも大事なことなのかな?と思います。

 

くるま

旅行で軽自動車を使うときは、事前の計画がとても重要だよ!