維持費が安く、コンパクトで運転しやすい軽自動車は、老若男女問わずとても人気が高いです。このページをご覧頂いている人の中には、今まさに「軽自動車を買おうとしている」人もいるのではないでしょうか?

しかし、いざ軽自動車を買うとなると

  • ■ほんとに軽自動車でいいのか不安
  • ■軽は事故に弱いって聞くけど・・・
  • ■買った後で後悔しそう・・・
  • ■中古の軽自動車は大丈夫?

 

などなど、様々な不安が頭をよぎることだと思います。そこでこのページでは、軽自動車選びで悩んでいる人に向けた「軽自動車を選ぶときのチェックポイント」を紹介していきます。

軽自動車を買うときに、重点的にチェックしておいたほうが良い項目

 

syndicate-1207270_960_720

 

特に始めて車を買うときは、以下のような疑問が頭の中を駆け巡るはずです。

 

  • どのような箇所をチェックすれば良いか分からない
  • 車選びで後悔したくない・・・
  • 車を買うにあたり、不安しかない・・・

 

そのため、車を買うまでに非常に無駄な時間を過ごしてしまったり、適当に車を選び、後々後悔してしまったり。失敗することも多いと思います。

そこで、軽自動車を買うにあたり、重点的にチェックしておきたいポイントをまとめてみます。

チェックリスト

  1. 予算を決めよう
  2. ボディタイプを決める
  3. 燃費を見る
  4. 広さを確認
  5. 走行距離に気をつける
  6. エンジンを見る

予算を決めよう

一昔前の軽自動車のイメージは、「安く買えるもの」でしたが、最近の軽自動車はとても高くなっています。新車であれば200万円を超えるのもあるので、簡単に手を出せる金額ではなくなってきているのです。

200万円出せば、ミニバンクラス、コンパクトカークラスにも手が届きますので、車体本体価格ベースで考えると、軽自動車を買うのも、普通車を買うのもさほど変わりありません。

 

出せる予算が200〜300万円あるのでしたら、【本当に軽自動車で良いのか?】【普通車のほうが良いんじゃない?】と、再度確認してみて下さい。

ただし、本体価格ではさほど差がなくとも、維持費面では軽自動車に圧倒的な軍配があがります。購入後の維持費を限りなく安く抑えたい場合は、普通車よりも軽自動車を選んだほうが良いと言えます。

参考→軽自動車の維持費について

ボディタイプを決める

一言で軽自動車と言っても、沢山の車種がありますし、車種によってボディタイプが違っています。それぞれ特徴がありますので、軽自動車を買うときは「ボディタイプ」にも気を配ったほうが良いです。

「セミトールワゴン」「スーパーハイトワゴン」「セダン」「SUV」などなど、軽自動車には色々な種類がありますので、ぜひ見比べてみて下さい。

 

なお、一般的にイメージされる軽自動車のボディタイプは「セミトールワゴン」「スーパーハイトワゴン」ですので参考までに。

より詳しくはコチラのページ→軽自動車の種類について

燃費を見る

軽自動車を選ぶメリットとして、【燃費の良さ】が挙げられます。ガソリン単価は年々高くなっていますし、少しでも燃費の良い軽自動車を選ぶことで、後々のお財布への負担を最大限少なくすることができます。

「軽自動車だから、燃費は良いでしょ!」と適当に選ぶのではなく、しっかりと検討することをオススメします。

 

↓いくつか例を挙げておきます

カタログ燃費 実燃費
NBOX 25km 17〜20km
アルト 37km 27〜34km
コペン 22km 13〜17km

 

広さを確認

軽自動車は、お世辞にも「車内が広い」とは言えません。どちらかというと(車内が)狭いのが一般的で、窮屈な車種になると足元がギューギューで乗り心地がとても悪いものもあります。

特に、定期的な長距離運転をする場合、車内の広さ=疲労度に直結しますので、できるだけ広い軽自動車を選ぶほうが良いですね。

 

たとえば、HONDAのNBOXや、ダイハツのタントは車内空間がとても広く設計されています。「え、こんなに広いの?」とビックリするほど快適な車内空間を実現していますので、広い軽自動車をお探しの場合、それら車種を検討してみてはどうでしょうか?

反対に、燃費が頗るよりアルトや、走りを求めたコペンなどは、車内空間がとてつもなく狭いです。

走行距離に気をつける

走行距離

軽自動車を新車で買うときは気にする必要はありませんが、中古で軽自動車を買うときは、走行距離を念入りに考慮しておいたほうが良いです。

軽はエンジンが小さい分、普通車よりもエンジンの寿命が短い傾向にあり、走行距離が多いものになると、購入後に様々なトラブルに発展する可能性が高くなります。

 

一概には言えませんが、5万kmを超える軽自動車を購入するときは注意しておき、理想は(走行距離が)3万km以内のものを狙い撃ちするほうが良いです。

参考ページ→軽自動車の寿命はどれくらいなの?

エンジンを見る

エンジンを見る・・・というと難しく感じてしまいますが、要するに「軽自動車がどのような走りをするのか」を確認しておきましょう!って話です。

中古車は試乗することができませんが、新車であれば試乗することができます。ですので、購入を検討している軽自動車を30分程度街乗りして、軽自動車の走行性能を体感してみましょう。

 

特に、車の運転に慣れている人は要注意。普通車→軽自動車に買い替えるときは、エンジンのパワー不足にストレスを感じますし、人によっては「こんな車、運転できるか!」と匙を投げてしまうかもしれません。

必ず試乗するようにし、エンジンのパワーや癖を確認しておきましょう。