中古車選びをするときは「走行距離(どれだけの距離を走っているか)」を目安に目利きを行うことが一般的とされていますが、「過走行車(多走行車)」の場合、どのように判断すれば良いかをご存知ですか?

ちなみに過走行車(多走行車)とは、その言葉通り「総走行距離が非常に多い車」を定義する言葉です。

 

車のコンディションって、ほんと「走行距離」に左右されるものです。中古車購入前は「どれだけの距離を走っている車なのか?」を見極めるのが「当たりの中古車」を買うために必要なスキルですので、その辺りはシビアに考えておいたほうが良いです。

ということで、今回は「中古車における過走行車」についてお話していこうと思います。

過走行車の定義

meter-1088413_960_720

 

そもそも「過走行車」の定義ってとても曖昧なものなのですが、個人的には「(普通車で)10万km以上」、「(軽自動車で)8万km以上」と考えています。

もちろん、その数字以上の中古車がダメっていう話ではありませんが、ある程度の線引をするために定義付けを行うようにしています。実際、10万kmを超えた車は価値が下がりますし、コンディション的にも良くないものが多いです。

 

中古車市場にはこのような「過走行車」が多く流通していますので、「この車良いね!」と思う中古車があれば、まずは何よりも先に「走行距離」をチェックすることをオススメします。

中古車選びの指標として「走行距離」は切っても切れないほど重要な指標ですから。

買わないほうが良い?

くるま

過走行車は買わないほうがいいの?

結論から言いますが、ハッキリ言って「過走行車は買うべきではない」といえます。全ての過走行車がそうとは限りませんが、やはり「故障するリスク」が(低走行車に比べ)高くなることは事実です。

買った後の修理代が数十万円もかかってしまった・・・となれば本末転倒ですよね。できる限り(10万km)を超すような過走行車には手を付けないほうが良いといえます。

 

ただ、過走行車には過走行車の良い部分というかなんと言いますか・・・メリットがあるのも確かです。故障するリスクを負ってでもそのメリットに魅力を感じれば、敢えて「過走行車を買う」という選択肢もありかな?とは思います。

 車両価格がめちゃ安い

「過走行車」って、相場に比べかなり安い値段って売っています。相場が100万円とすれば、(10万km超えの)過走行車は30万円で売っている。みたいな感じです。

ですので、「より安く車を買いたい」と希望している人からすれば、「過走行車って最高じゃん」となる訳です。相場の半額以下で買えるんですからね。

 

また、車を乗り潰すことを前提に所有する(通勤用とか、とりあえずの足とか)のであれば、敢えて過走行車を選ぶのもありだと思います。とりあえず走れば良いんですからね。

これが過走行車一つ目のメリットです。

高級車に乗れる

例えばベンツだったり、BMWであったり、アウディであったり、一般的に「高級車」と位置づけられる車に新車で乗ることは(収入的に)困難だとしても、中古車では可能になります。特に過走行車の場合は。

600万円の高級車が100万円以内で買えたりしますからね。中古車って、ほんと夢が広がります。高級外車に乗れば大きい顔もできますし、友達に自慢することだってできちゃいますから。

 

ただ、外車は故障したときに困ることが多いです。修理部品を取り寄せなければいけなかったり、工賃が高かったり。高級外車に乗るときは、その辺りも考慮しておきましょう。

最終的な結論としては、「過走行車には注意しておきましょう」ってことで。