車の価値を決める基準は「ボディの状態」「エンジンの状態」「年式」と、様々な観点から査定額がはじき出されることになりますが、その中でも重要視されているのが「走行距離」の存在。

車の査定は、その車が生まれてから、一体どれだけの距離を走ったのか・・・ということを重点的に見られることになりますので、結果として「多走行車(走行距離が多い車)は売ることができない」と認識されているのです。

走行距離が多すぎる車は売ることができない?

speedometer-653246_960_720

 

走行距離が多すぎる車は「価値がない」「ゴミ同然」「売ることなんてできる訳ない」という話を一度は聞いたことがあると思いますが、はっきりいってこれらの話には一切の信憑性はないものと考えておいて下さい。

私の経験上、走行距離がどれだけ多い車でも売ることができていますし、買取りを実現した例をいくつも見てきています。

 

もちろん、走行距離が少ない車と比べると「査定額が安くなる」のは仕方のないことですが、走行距離が多いからといって「絶対売れない」という先入観を持つことは非常に勿体無いです。

過走行車(多走行車)でも買取り先が見つからない。というのは稀なことですので、「走行距離が多い車は売れないんだ・・・」と嘆く前に、とりあえず査定を依頼してみてはどうでしょうか?

10万kmを超えた車の場合・・・

総走行距離が多い車でも売れる!とは言い張ったものの、やはり「(走行距離が)10万kmを超えるような車」の場合、それ相応の覚悟はしておく必要があります。

というのも、車の価値は10万kmを境に極端に少なくなる。とされているからです。そもそも、走行距離が10万kmを超えるような中古車に買い手がつくことはほとんどありません。要するに、需要がないのです。

 

そのような需要のない車を買取るには、業者側にも非常に大きなリスクが伴うことになりますので、その点を考えれば「走行距離が10万kmを超えるような車」には査定がつかない(つきにくい)ということになります。

もちろん(査定額が)0円ということは稀ですが、走行距離が少ない同一車種と比べると、極端に安い査定額がつけられることは予め理解しておいたほうが良いですね。

日本国外では人気がある

日本国内では「10万kmを超えるような中古車なんて・・・」とされていても、海外では「え、こんなにコンディションの良い車は見たことがない!」となることが多いです。

そもそも日本車って凄く高性能なので、海外ではめちゃくちゃ評価されているのです。日本と海外では元々の価値観が違いますので、走行距離が多い車であっても、高値で取引されることはそれほど珍しいことではありません。

 

そのため、日本にある買取り業者は「走行距離が多い車なんて売れない」という先入観を抱いている日本国民から非常に安い金額で車を買取り、より高く売れる海外の自動車市場にて販売を行う。というケースがとても多いです。

このように、海外で転売することを目的に買取りを行っている業者であれば、過走行車であっても比較的高い査定額をつけてくれることになります。要らぬ先入観は拭い捨てるようにし、まずは査定を受けてみる!という気持ちが大切ですね。

より高く売る方法

euro-870757_960_720

 

走行距離が多い車でも「売ることができる」ということは分かって頂けたと思いますが、もう少し欲を出し「少しでも高く売りたい」と考える場合、ある方法をとることで査定額の底上げを図ることが可能となります。

そもそも、より車を高く売るためには、沢山の車買い取り業者から査定を受け、その中で最も高い査定額を弾き出してくれた業者で買取ってもらう。という手順が必要不可欠です。

 

そうですね・・・最低でも5社、欲を言えば8〜10社ほどに査定を依頼するのが鉄則です。

とは言っても、5社も10社も、一件ずつ買取り業者に足を運んだり、お問い合わせするのは非常に骨が折れる行為です。そこで便利なのが「かんたん車査定ガイド」のような一括見積もりサービス。

 

要するに、面倒な複数業者に査定を依頼する行為を一度の申し込みで一気に済ませることができる。というサービスです。最大10社の買取り業者へ一括査定をお願いすることができるので、愛車を最大限高く売りたい!ってときはぜひ活用してみることをオススメします。

少ない内に売ることがベスト

money_fly_yen

 

10万kmを超えるような走行距離が多い車でも売れるということは分かって頂けたと思いますが、できるだけ「走行距離が少ない内に売る」ことが、愛車の価値を最大限高く見出すことができる一つの方法となります。

車の価値は、おおよそ「5万km」を超えた辺りから徐々に低くなってきます。そのため、「いつかは車を売ろう」と考えている間にも、少しずつ車の価値が下がってしまっているのです。

 

ですので、「車を売ろうかどうか迷っている時間」ってのは、ほんと無駄な時間です。自ら車の価値を下げているといっても過言ではありませんので、その辺りを考慮し、早め早めの行動を起こすことをオススメします。

例え1万円でも高く売れたほうが良いに決まってますもんね。