車の走行性能をアップさせたり、外見的に好みにしてみたり。愛車へ改造を施しているような人も多いと思いますが、そのような「改造車(カスタムカー・ドレスアップカー)」を売るには、普通車(改造していない車)と同じ感覚でいては損をする可能性があります。

しっかりとした知識やノウハウを知っておけば、改造車を売るときに非常に大きな「得」をすることも考えられますので、知識の一つとして「改造車を売る方法」を身につけて貰えればと思います。

そもそも改造車って?定義は?

racing-858404_960_720

 

一言で「改造車」と言えど、人によってその定義が異なることになります。例えば、エンジンチューンやローダウン、マフラーの交換をしたようなバリバリの改造車でなければそう呼ばない人もいるし、ちょっとステッカーを貼っただけで「俺の車は改造車」と言い張る人もいます。

そのため、人による認識の違いは大きく違ってくるのですが、改造車の定義は「市販の状態に手を加えた、明確な意思で改造された車のこと」を指す言葉です。

 

フルエアロ化された車はもちろん改造車ですし、エンジンやマフラーにをいじっている車もまた「改造車」となります。

保険面で不利になることも

多くの人が自賠責保険の他に「任意保険」の加入を検討することだと思いますが、改造車の場合、保険加入面において不利になってしまうことも考えれます。

車に何かしらの改造を施した場合、車検証へ「改」も文字が記載されることになります。そのため、保険会社によっては「車検証に改の文字が買いてある車は契約できません」と契約を拒否する会社もあるのです。

 

また、改造していることを隠して契約してしまった場合、万が一の事故の際、保険を使うことができない・・・なんてことになる可能性もありますので、その辺りは十分注意して下さいね。

改造車は売ることができる?

car_kaizousya

さて、本題に入りますが、結論としては「改造車を売ることは可能」ということになります。基本的に車は「改造車であっても故障車であっても」、売ることができないということはあり得ませんので、まずは査定を受けてみることから始めてみましょう。

 

ただし、買取り店には得意不得意があり、例えば「うちは改造車を専門に扱っているんですよー」という業者もあれば、「改造車など断固として買い取ることができない」という業者もあります。

その点を考慮し、この続きを読み進めて頂ければと思います。

違法改造車の場合

公道を安全に走行するため、法律により「違法改造」についての取り決めが行われています。違法改造車の場合、買取りを拒否される可能性が高くなりますし、査定額も下がってしまう傾向にあります。

なにより違法改造は法律に反した「ルール違反」となりますので、買取り云々の前に、そのような行為をすることは絶対にやめておきましょう。

 

違法改造とは、例えば「方向指示器の点滅スピードを極端に速くする」「マフラーを取り外して走行する」「タイヤに角度をつけ、車体からはみ出すようにする」などが挙げられます。

そもそも違法改造は車検にも通りませんので、該当する方は「査定前に元に戻しておく」ことをオススメします。

合法であれば全く問題ない

改造車と言えば何かとマイナスのイメージを持たれてしまいがちですが、合法的に改造を施している車を売ることに対しては、全く何の問題もない。と言い切れます。

むしろ、万人受けする綺麗なカスタマイズを施している車であれば、(買取店によれば)メチャクチャ高査定をつけてもらえることすら考えられます。

 

改造車って、何かと需要がありますからね。「俺は改造車以外は乗ることができない」なんて人もいる訳でして、「改造車」ということに価値を見出してくれる買取り店も沢山ありますから。

「改造車って売れるの?」と不安に感じている人は、自信を持って査定に望めば良いと思います。

より高く売る方法

bank-note-209104_960_720

 

さて、ここまでで「改造車は売れる」ということは分かって頂けたと思いますが、どうせ売るなら少しでも高い査定額をつけてもらいたいところですよね?

例え一万円の増額であっても、狙ってみることをオススメします。

 

でも、改造車をより高く売る方法なんてあるの?って話ですが、主に3つの方法を使い分けることで「高く売る可能性を底上げ」することが可能になります。

複数の買取り業者へ査定を依頼する

これね、改造車であっても普通車であっても、車を売るときには絶対にやっておきたい項目です。場合によって数十万円単位の差がでてしまうことになるので、やらなきゃ損なのです。

理屈としては、複数の買取り業者へ査定を依頼することで、その中から一番高い査定額をつけてくれる業者を見つけることができる。ということになります。

 

I社では100万円の査定、J社では80万円の査定、K社では120万円の査定。買取り業者によって、これぐらいの差が出てしまうことも珍しいことではないですからね。

できるだけ多くの買取り業者へ見積りをお願いするようにしましょう。

※複数業者へ査定を依頼するときは「かんたん車査定ガイド」のような一括見積りサービスが便利です。

専門店で売る

ここまでで何度もお話している通り、世の中には改造車を好んで買取ってくれる買取業者と、改造車に対して嫌悪感を示している買取業者があります。

どちらが高い査定額をつけてくれると思いますか?という問に対しては、圧倒的に前者へ票が集まるはずです。そもそも、改造車を認めていない買取店であれば契約することすら難しいと言えるでしょう。

 

そのため、改造車を売るときは「専門業者」へ買取りを依頼することが絶対条件となります。先ほどお話した「一括見積りサービス」を駆使することで、高く買取ってくれる専門業者に出会える可能性が高くなりますので、参考までに。

個人売買

個人的な意見としては、取引が面倒なのと、何かとリスクが付きまとうことになるのでオススメはしていませんが、車を個人間で売買する、いわゆる「個人売買」をすることで、改造車を高く売れる可能性が高くなります。

 

というのも、世間的には「改造車は悪」なんてイメージを持たれていますが、その中には当然「改造車でなければ車に乗りたくない」と考える人もいる訳でして、そのような思考の人は改造車に対し独特な価値観を持ちあわせている人が多いです。

要するに、少しぐらい高いお金を払ってでも改造車を買いたい!って人もいるってこと。

 

友達の中から買いたい人を探すとか、ヤフーオークションなどを駆使し、車を買いたい個人を探し出すことができますので、選択肢の一つとして「個人売買」も考えてみてはどうでしょうか?

 

以上が、改造車を高く売る方法となります。