色の好みは人それぞれであり、千差万別です。ですので、中古車を選ぶときには、「自分が好きな色」でボディカラーを決めるのが一番良いと思います。

最近では、赤や黄色などの「原色カラー車」が多くなっており、中古車販売店を見回しても、色とりどり沢山の車が並んでいます。

 

しかしながら、車には「人気色」というものがあり、ボディカラーによって「車の価値」が上下してしまったり、「購入金額」が高くなることが考えられます。

 

このページでは、「中古車購入時のボディカラー」についてお話していきますので、車選びの基礎として参考にして頂ければと思います。

人気色は?

例えば、「スバル インプレッサ」であれば、イメージカラーに「青」が採用されています。このように、車種ごとのイメージカラーが決まっているような車であれば、その色を基準に購入を検討するほうが良いです。

反対に、特にイメージカラーが定められていない車の場合、一般的に「人気」とされているボディカラーを選択するほうが良いと言えます。

 

日本人は、「落ち着きのある色」が好きです。裏を返せば「派手なカラー」を嫌う傾向にあり、その傾向がボディカラーにも反映されています。

 

日本で人気のある色は、ブラック、ホワイト、シルバーの3色。特にパールホワイトは人気が高いので、特に拘りがないのであれば「白」の車を買ったほうが無難。だと言えますね。

査定額が変わる?

車を購入するときは、売却時のことも考えておいたほうが良いです。車は資産ですので、買値だけでなく、「売値」にも注目しておかなければ、数十万円単位の損をしてしまう可能性すら考えられます。

 

「車の色」も例外ではなく、ボディカラーによって査定額に差がでることになります。

 

例えば、先ほど「ブラック、ホワイト、シルバー」が人気があるとお話しましたが、このような人気な(無難な)カラーであれば、それほど査定額に悪影響を与えることはないかと思います。

反対に人気のない色(赤や緑などの原色)であれば、査定額がグンと低くなってしまう可能性が高いです。

 

中古車買取店は、基本的に買い取った車を「売る」ことになります。商売の基本である、安く買って高く売るを徹底しないことには、商売が成り立たなくなってしまうのです。

 

となれば、高く売れる可能性の低い「不人気カラー」の車であれば、例え人気車種であっても値段を下げなければいけません。

 

例えばですが、真っ青なアルファードと、パールホワイトのアルファードがあったとしましょう。よほど「青」に拘りがある人でなければ、パールホワイトを選択するかと思います。

 

「青」のアルファードは売れることなく、中古車店の駐車場を賑やかにさせるオブジェクトの一つと化してしまうことでしょう。販売店は、大赤字ですね。

 

そのような車を売り叩こうと思えば、あなたならどうしますか?

 

そうです、価格を下げることにより、「色」のデメリットを帳消しにしようと考えますよね。このように、不人気カラーの車は売れる可能性が低くなるので、同時に「買取金額」も安くなってしまうという訳です。

原色は買わないほうが良い?

売却時のことを考えると、人気がないであろう「原色カラーの車」は買わないほうが良いといえます。ただし、原色がイメージカラーになっている車の場合、この限りではありません。

 

とはいっても、ボディカラーを妥協してまで「人気色を選んだほうがよいの?」となれば、そこには疑問が残ります。

 

あなたは「赤」が好きだとします。どうしても「赤の車」が欲しいと考えているのにも関わらず、「売却時のことを考えて妥協しよう」となるのでしたら、直感通り「自分の好きなボディカラー」を選択したほうが良いです。

 

車は長く乗るものですので、愛着を持って所持するのが好ましいといえます。

 

基本的には「黒、白、銀」の3色をベースに中古車選びを始め、「お、この赤の車が格好良い!」とフィーリングが合う車を見つけることができたのでしたら、原色であれなんであれ、その直感を信じることが良い結果を残す秘訣となることでしょう。