昔と比べると自動車の盗難被害は減りつつあると聞きますが、それでもなお盗難のリスクがゼロになった訳ではありません。特にハイエースやランドクルーザーなど、盗難率が高い車は注意が必要です。

ですので、車を所持する人は何かしらの盗難対策をやっておいたほうが良いですね。車を盗まれたときの精神的疲労は言葉では言い表せられないほどですから。(昔、原付を盗まれたことがあります)

 

さて、そんな防犯対策の一つとして「イモビライザー」と呼ばれるものがありますが、中古車購入時は「イモビライザーなのかそうじゃないのか」を確認しておいたほうが良いです。

なぜなら、イモビライザー付の中古車は狙い目だから。

イモビライザーとは?

car_keyless_smart_entry

イモビライザー(Immobilizer)とは電子的なキーの照合システムによって、専用のキー以外ではエンジンの始動ができないという自動車盗難防止システムのこと。

引用:wikipedia

要するに、正規の鍵でしかエンジンを始動できなくなるため、過去に頻発したメーター周りから配線を抜き、無理やりエンジンを起動させるといった盗難手口を未然に防ぐことが可能になる装置のことを指します。

一昔前までは「高級車」にのみイモビライザーが装備されていましたが、最近では軽自動車などにも多く見られ、とても身近なものになってきました。

 

最早、盗難対策はイモビライザー抜きでは語ることができませんので、新車を購入するときはもちろんのこと、中古車購入時も重点的に注視したい箇所ですね。

絶対盗まれることはない?

イモビライザー搭載車だからといって、絶対に盗まれることはないのか?という問に対しては、残念ながら「そうとは言い切れない」のが現状です。

車の窃盗を生業としている窃盗団は、あの手この手で車を持ち去ろうとします。彼らにしてみたら、「イモビライザー?だから何?」って感じなのかもしれません。

 

現にイモビカッターと呼ばれる、「イモビライザーを解除するアイテム」も存在しており、それらのアイテムを駆使されてしまえば、最早我々に打つ手はありません。

ですので、イモビライザーだから安心!と過信するのではなく、プラスαの盗難対策が必要となります。シャッター付のガレージを契約したり、盗難防止アラームをつけたり。まぁ色々ありますね。

後付できる?

イモビライザーと言えば「純正品」のイメージが強いですが、実は後付することが可能です。2〜3万円ほどで車種別のイモビライザーが売っていますので、それを取り付けることで後付が可能となります。

ただし、その性能は純正品に比べ劣ってしまう可能性が高いですし、取り付けは業者にお願いしなければならないほどややこしいものです。

 

費用も安くて数万円の出費となりますので、できることなら元から(イモビライザーが)付いている中古車を狙いに行くべきですね。

合鍵はつくれる?

イモビライザーはその性質上、簡単に複製することはできませんが、専門業者に頼むことににより合鍵を作ることもできますし、万が一紛失したときに1から制作してもらうことも可能です。

ただ、本当にその車の持ち主なのか?という点を徹底的に調べられることになりますので、その辺りは予め理解しておいたほうが良いと思います(気分がいいものではないですからね)

 

料金ですが、合鍵であれば10000円〜ほどで、紛失した場合は30000円〜ほどで対応してくれる業者があります。中古車の場合、合鍵がないことも多いので、その点も事前に確認しておくようにしましょう。