夜間走行時は、必ずヘッドライトを点けて走行しなければいけません。しかし、「一体、どのタイミングで点灯すれば良いのか?」と、点ける時間帯に疑問を感じている人は沢山います。

確かに、太陽が沈み、辺り一帯が暗くなり始めたときは「まだ大丈夫かな」と点けるタイミングを逃し、気づいたときには無灯火で走行してしまっていた・・・なんてことは、よくある話です。

無灯火走行は、法律により罰せられます

bmw-1660952_960_720

 

「まだまだ明るいし、無灯火走行上等じゃい!」と、夜間にも関わらずブイブイ無灯火で走っていると、【無灯火義務違反】となり、法律により罰せられてしまいます。

お巡りさんに停められ、違反点数及び反則金が課せられてしまうので、気をつけておきましょう。こんなことで、点数を引かれたり、反則金を支払うのは馬鹿らしいですからね。

 

そもそも、「無灯火義務違反ってなに?」という話ですが、「道路交通法第52条」にて定められている法律であり、私達ドライバーが逆立ちしても逆らうことのできない仕組みになっています。

第五二条 車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。引用:道路交通法

 

違反すると、反則金が6000円(普通車)で、違反点数が1点です。

ヘッドライトは何時ぐらいに点けるのがいい?

sun-404062_960_720

 

じゃあ一体、何時になればヘッドライトを点灯すればいいの?と疑問に感じますが、ご存知の通り日本には四季があり、日が暮れるタイミングも時期により前後してしまいます。

なので、一概に「◯時になればヘッドライトを点けろよ!」とは言えません。

 

しかし、道路交通法によると、「日没から日の出の時間帯は、ヘッドライトを点けろよ。でないと、捕まえて罰則を与えちゃうよ?」と定められていますので、最低でも、法律で決められている「日没」までには、ヘッドライトを点けないといけません。

「日没」の基準が曖昧ですが、これは日没時間を調べることで解決できます。例えば、Googleで「日没」と検索して下さい・・・すると、

日没

↑このように、各地域の日没時間を表示してくれます。この時期の18時前って、目視ではかなり明るい時間帯なのですが、日没時間として定められている以上、この時間帯には駆らなずヘッドライトをつけ、走行しなければなりません。

「まだ明るいから・・・」と余裕を持っていると、無灯火義務違反として罰則を受ける可能性があるので、気をつけておきたいところですね。

暗くなる1時間前ぐらいに・・・

だからといって、毎回夕方になると、Googleを開き、日没と検索、時間を確認して、ヘッドライトを点灯!

なんて、面倒でやってられませんので、暗くなる大体1時間前程度から、ヘッドライトを点灯しておけば間違いありません。車種によると【自動点灯機能】がついている車もあるので、そちらを活用するのも一つの手ですね。

 

ただし、対向車があるときは迷惑にもなりかねませんので、その辺りの調整は必要です。また、道路交通法により「対向車が眩しいと感じる場面では、ヘッドライトを消せよ」という法律もあります。

車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。引用:道路交通法

 

↑一応、意識するようにしておいたほうが良いと思います。

夕暮れ時は、事故の確率が頗る高くなる

時期季節問わず、夕暮れ時(16〜18時)は【薄暮の時間】と呼ばれ、一年を通し最も事故が起こりやすい悪魔の時間帯と言われています。

また、この時間帯は人間が最も眠たくなりやすい時間帯となり、一日の中で最も集中力に欠けてしまう時間帯でもあります。暗くなり、目が慣れていない状況で、睡魔が襲ってくれば・・・考えただけで恐ろしいですよね。

 

【まだ明るいから大丈夫!】と、自分では高をくくっていても、実際は目が慣れておらず、危険な状態になっているかもしれません。

早め早めにヘッドライトを点灯することで防げる事故もあるはずなので、その辺りを意識し、安全安心なドライブライフを送って下さい。

ヘッドライトの自動点灯が義務化に

mini-cooper-783702_960_720

 

2016年9月、国土交通省は「車のヘッドライト自動点灯を義務化にする!」と発表しました。

今でも「自動点灯機能(オートライト機能)」が付加している車はリリースされていますが、2020年以降に発売される車に関しては、例外なく「自動点灯機能」を付けなくてはいけなくなりました。

 

ユーザーとしては、便利な機能が付くのは嬉しいことですし、事故の可能性を少しでも下げることができるのなら、喜ぶべきことなのでしょうが・・・

便利な機能が付加価値としてつくということは、車両本体価格が高くなるということなので、経済的には「チョットマテヨ」って感じです。