車のヘッドライトが片方切れているまま走行している車をよく見かけますが、あれ、法律的にはどうなるのかをご存知ですか?知らないまま放っておいたら、後々大きな損を被ってしまうことになるので、注意して下さい。

ヘッドライト切れは違反

car-483774_960_720

 

結論から言うと、ヘッドライトが片目でも切れた状態で公道を走行する行為は、「違反」となり、「整備不良」として罰則を受けることになります。

整備不良で検挙されると、反則金(罰金ではありません、詳しくは罰金と反則金の違いで)と違反点数が課せられますので、ヘッドライトが切れてしまったときは、早急に対処するようにしておきましょう。

整備不良の罰則

そもそも、「整備不良とは?」という疑問に対してですが、簡単に言うと「車検に通らない状態の車」を指す言葉であり、ヘッドライト切れの他にも、ウインカーが切れていた、テールランプが切れていた。など、このような場合でも、整備不良として罰せられることになります。

 

整備不良で切符を切られた場合、「(制動装置など)違反点数2点、反則金9000円」、「(尾灯など)違反点数1点、反則金7000円」が課せられることになります。

ヘッドライト切れの場合、恐らく後者の「1点、7000円」が適用されるはずです。

車両等の使用者その他車両等の装置の整備について責任を有する者又は運転者は、その装置が道路運送車両法第三章 若しくはこれに基づく命令の規定(道路運送車両法 の規定が適用されない自衛隊の使用する自動車については、自衛隊法 (昭和二十九年法律第百六十五号)第百十四条第二項 の規定による防衛大臣の定め。以下同じ。)又は軌道法第十四条 若しくはこれに基づく命令の規定に定めるところに適合しないため交通の危険を生じさせ、又は他人に迷惑を及ぼすおそれがある車両等(次条第一項において「整備不良車両」という。)を運転させ、又は運転してはならない。

引用:道路交通法第62条

見逃してくれることも

以前、私がヘッドライトが切れていたことで警察に止められたときの話です。もちろん、故意的にヘッドライトを切らしたのではなく、走行中に切れたところを、運悪く警察に見つけられ、止められてしまいました。

当然、私には何の過失もない訳でして(ヘッドライトが切れるなんて予測しきれない)、警察官に猛抗議・・・。切符切られたくないですからね、当然です。

 

すると、警察官は慣れたような感じで、「あー、そうなんですか・・・でも、違反は違反なんで、すぐに直しておいて下さいね」と注意しただけで、何事もなかったかのように去っていったのです。

内心、凄くホッとしましたよ。今までの人生を真面目一筋で生きてきた私にとって、警察に止められるほど非日常なことはありませんからね。怖かったです。

 

このように、ヘッドライト切れが故意的でない場合、警察官からの注意だけで済むことが多いようです。だからといって安心するのもどうかと思いますが、参考までに。

ヘッドライト切れは危険です

こちらも私の経験談なのですが・・・以前、友達たちと車3台で釣りに出かけたときのお話です。

日の出から釣りを開始したかった私たちは、夜中の2時に地元を出発。当然辺りは真っ暗ですし、交通量も少ない時間帯です。そんな中、私は友達の車に乗り込み、現地へと向かうことになりました。

 

少し走ってから、ある異変に気付きます。そうです、友達の車のヘッドライトが切れていたのです。「おい、ヘッドライト切れてんぞ」と注意したところ、「あー、せやねん。今度直そと思っててん」との返し。

こんな夜中にカー用品店が開いてるはずもなく、仕方なく、交換せずに現地へと向かうことにしました。この甘さが、後の不幸を招きます。

 

地元から現地まではおおよそ1時間、喋ったり歌ったりしている内に、あっという間に高速出口に着いたのですが、そのとき、トラブルは起こります・・・。

なんと、点いていたもう一方のヘッドライトまで切れてしまったのです。わ、笑えない・・・・

 

当然、夜中なので真っ暗ですし、和歌山県の真ん中辺りで、街頭すらない道が続きます。ほんと、1メートル先が見えないほど真っ暗な状態で、当然車を運転できる状態ではありません。

しかし、高速道路出口で立ち止まる訳にも行かず、一寸先は闇な状態の中、なんとか一般国道の路肩に停車することができました。ほんと、1分ぐらいの時間でしたが、生きた心地がしませんでした。

 

すぐさま、他の友達に連絡し、その日の釣りは断念。日の出まで、路肩に車を停め、過ごすことになってしまいました。ダメなことなんですが、ある意味いい思い出です。

 

このように、ヘッドライトの片目が切れているということは、もう片方が切れたときに想像もつかないようなトラブルに発展する可能性を秘めています。

そうならないためにも、定期的な交換をしておくことをオススメします。