外車には「右ハンドル仕様車」と「左ハンドル仕様車」があります。

一昔前であれば「左ハンドルは外車であることの証明だ!」なんて言われていましたが、時代は流れ、「え、なんであの車は左ハンドルなの?」と疑問を持たれるほど、左ハンドルへの認識は薄れてしまうことになりました。

 

最早、左ハンドルはステータスでもなんでもないです。「俺の車、左ハンドルなんだぜ!」なんて言葉を口にしようものなら、裏でヒソヒソと陰口を叩かれること間違いなしですね。

 

さて、そんな外車だからこそ論点となる「右ハンドル、左ハンドル」の問題ですが、これ、売却時にはどのような影響を与えられてしまうのでしょうか?

右ハンドルの外車のほうが高く売れるのか、左ハンドルの外車のほうが高く売れるのか?果たして、どちらの外車のほうが高く売ることができるのでしょう?

どちらが高く売れる?

steering-wheel-801994_960_720

 

右ハンドルの外車が高く売れるのか、左ハンドルの外車が高く売れるのか?という疑問に対しての結論ですが、これはケースバイケースである。としか言うことができません。

そもそも外車の価値ってのは「ハンドルの位置」で決まるものではなく、ブランドが持つパワーであったり、そもそもの走行性能だったり、後は走行距離や年式など、様々な観点から査定額がはじき出されることになるからです。

 

ただし、場合によれば右ハンドル仕様の外車のほうが高く売れることはありますし、反対に左ハンドル仕様の外車のほうが高値で取引されることもあります。

その違いは「日本国内で使用される」ものなのか、「海外で使用される」ものなのかによって差がでてしまうと考えられます。

日本で流通する外車の場合

ご存知の通り、日本で流通している国産メーカーの車は、例外なく「右ハンドル」になっています。一部の逆輸入車、外車のみが左ハンドルになっていますが、それ以外の車に関しては「右ハンドル」であることが当たり前の常識なのです。

道路も左側走行になっていますし、例えば「コインパーキングの発券機」「高速道路の発券機」などは全てが右ハンドルであることが前提に作られていますよね?左ハンドルの場合、いちいち車から下りなければ発券することができません。

 

このように、「右ハンドル」が当たり前になっている日本で流通する外車に関しては、左ハンドルよりも右ハンドルの外車のほうがニーズがあると考えるのが自然です。

ステータスだかなんだか知りませんが、たかだかちょっとした見栄を張るためだけに左ハンドルを選択するような人は、最早少数派ですから。

 

ですので、日本で流通する外車に関しては圧倒的に「右ハンドル」の需要が高くなり、その点を踏まえて考えると「右ハンドルの外車のほうが高く売れる」可能性が高い。と言えますね。

外国に流すための外車の場合

自動車買取業者は何も、日本で流通させるためだけに車を買取っている訳ではありません。日本では二束三文な車であっても、海外では非常に高い値段で取引されていますので、そこを狙った買取業者も沢山存在します。

日本クオリティでは「ダメ!」と言われた車でも、他の国では「こんな高品質な車は考えられない」ということがほんと多いです。日本って、凄い細かい国ですからね。はい。

 

ご存知の通り、日本は左車線走行が当たり前となっていますが、海外では(どちらかと言うと)右車線走行が主流です。

map of world出典:http://frimminjimbits.blogspot.jp/

↑この画像、青の国が左側走行で、赤が右側走行の国となっています。この画像を見ると、如何に「右車線走行」が主流なのかが見て取れますね。

右車線走行の国が多いということは、それだけ「左ハンドル」の需要も高くなるということ。そのため、海外に輸出することを目的とした買取の場合、右ハンドルより左ハンドルのほうが高く売れる傾向にある。と言えますね。

外車を売るなら専門業者が良いよ

世の中、沢山の車買い取り業者が乱立したかのようにそびえ立っていますが、当然その一つ一つに得意分野があり、買取査定額にも大きな差が生まれてしまいます。

A車では100万円と査定された車が、B社では150万円の査定額を出してもらえた。みたいな感じで。

 

ですので、外車を売ろうと考えているなら、「外車に特化した買取業者」へ査定を依頼したほうが良いということです。例えば、「外車王」がそれに該当しますね。

 

右ハンドルが高く売れるのか、左ハンドルが高く売れるのか?という点に関しても、最終的には「販売店のさじ加減」ということになりますので、その辺りを考慮し、より高く売れる方法を模索することをオススメします。