新車であっても中古車であっても、車は高価な買い物であることに変わりありませんので、現金一括ではなく「ローン」を組み、購入する人がほとんどだと思います。

車って、ミニバンクラスにもなれば300万円は超えますからね。簡単に現金一括払いで買える金額ではありません。

 

ですが、中には「現金一括で買ったほうが色々得だから、ローンを組む奴は馬鹿だよ」と言い張る人もいる訳でして・・・。果たして、このような人が主張する「色々得」な部分には、どのような意味合いが含まれているのでしょうか?

今回は、「車は現金一括払いで買ったほうが得?」というテーマについて、お話していこうと思います。

現金一括で車を買うことで得られるメリット

euro-1557431_960_720

 

さて、まずは「現金一括払い」で車を購入することで得になる部分についてお話していこうと思います。ローンを組むか、現金払いかで悩んでいる人は、これからお話するメリットを考慮し、行動に移して頂ければと思います。

毎月の維持費が安くなる

車って、所持しているだけで沢山のお金がかかってしまうものです。駐車場代、ガソリン代、保険代、税金などなど、少なくとも1〜3万円ほどの出費を毎月のように支払っていかなければなりません。

そこに、毎月のローン返済がプラスされるとすれば・・・想像しただけで鳥肌が立つほど恐ろしいものです。

 

総支払金額にもよりますが、恐らく毎月の返済額は「3〜5万円ほど」に収まる場合が多いでしょうから、上記維持費と合計すれば、毎月「4〜8万円」ほどの出費を覚悟しておかなければいけないことになります。

恐ろしいですよね。

関連ページ→車の維持費はどれくらい?

 

現金一括払いで車を買うことにより、毎月のローン返済額が0になります。そのため、月の維持費を限りなく抑え、車を所持できることになるので、その点でみると、ローンより現金払いのほうが良い。ということになります。

ローン金利がなくなる

皆さん、簡単に「ローンを組む」とおっしゃいますが、ローンを組むということは借金をすることと同じです。

もちろん、消費者金融でお金を借りるのと、ローンを組むのでは根本的な違いはありますが、お金を借りるという面においては、いずれにしても同義だということになります。

 

ディーラーであれば1〜7%、中古車販売店であれば3〜10%ほどの金利がつくことになり、総支払額に大きな変化をもたらしてしまうことになります。

できるだけ金利が低い時期に購入することで、金利による総支払金額の増加を抑えることはできますが、やはりそれでも勿体無いと言えますね。

 

例えば、車両価格300万円の車を60回払い、金利5%、ボーナス払いなしでローンを組むとします。そうなると一体、金利だけでどれだけの増額が待っていると思いますか?

なんと、「396,822円」もの金利が発生することになります。元金が300万円ですから、おおよそ10%以上ものお金を金利として支払わないといけなくなるのです。

 

現金一括払いでは、金利の影響を受けることなく車を買うことができるので、その点でみると、現金一括払いで買ったほうがお得。だということが分かりますね。

ローンで買うときに得られるメリット

credit-card-1520400_960_720

 

現金一括払いで車を買うことによるメリットが分かったところで、続いて「ローンで車を買ったときに得られるメリット」についてお話していきます。

両者のメリットを見比べながら、現金で買うか、ローンで買うかを判断するようにして下さい。ちなみに、私のようにお金がなく、そもそもの土俵に立てない人は、一括ではなく「頭金」をつけることも考えておくべきだと思います。

値引き面で有利

なんとなく、現金一括で買ったほうが値引きをしてもらえそうな気がしますが、実際はその逆です。実は、現金払いをするより、ローンで車を買うほうが、値引率が上がる傾向にあるのです。

これ、かなり意外じゃないですか?

 

少しイヤラシイ話になってしまいますが、車販売業者(ディーラーや中古車会社)は、それぞれ信販会社と契約し、顧客に自動車ローンを組んでもらいます。

そして、顧客がローンを利用することで、売上の数%を「インセンティブ」として信販会社から受け取れるようになっています。要するに、マージンがもらえるのです。

 

信販会社もローン金利で丸儲け、販売会社もインセンティブで丸儲け。そりゃ、顧客にローンを勧めたくもなりますよね。販売利益の他に、このような収入源があるのですから。

ま、この辺りは商売だから仕方ないとして、上記のような理由があるからこそ、ローンで車を買ったほうが値引きしてもらえやすい傾向にあると言えるのです。

 

ですので、現金一括払いに比べると、ローンで車を買ったほうが「値引き額が上がる傾向にある」と言えます。ただし、どちらかというと、ローン金利が丸々無くなる分、現金払いに分があることは間違いありません。

信用がつく

世の中、なによりも信用が大事です。信用がない人は誰からも信じてもらえなくなりますし、社会からも見放されてしまう可能性がありますので、如何なるときも「信用をつける」ということを忘れてはいけません。

生きていく上で、信用は必要不可欠なものですから。

 

そもそも、ローンは信用がなければ審査に通ることはありません。過去にお金絡みのトラブルを犯してしまった人は(いわゆる)ブラックリストに名を刻むこととなり、先数年間はお金を借りることはもちろんのこと、ローン審査にも通らなくなってしまいます。

そこで、車をローンで購入することにし、全額返済することにします。そうすれば、「この人は、自動車ローンという高額なローンを滞り無く支払った信用のある人だ」となり、社会的な信用を得ることができるのです。

 

上記のような理由から、(現金で買えるにも関わらず)わざわざローン払いにする人もいるぐらいなので、信用が欲しい!という人は、現金ではなくローンで車を買ってみてはどうでしょうか?

ローンか現金、どっちがいいの?

どっち

詰まるところ、現金で買うほうが良いのか、ローンを組むほうが良いのかという問に対する答えとしては、「(可能であれば)現金一括で買ったほうが良い」と言えます。

一番の理由はやはり「金利」の問題。

 

金利のせいで、本来なら必要ないお金(しかも数十万円単位)を支払うぐらいであれば、現金一括で買ったほうが良いに決まってますよね?ほんと、勿体無いですから。

車を一括で買えるほどの資産をお持ちであれば、ローンなど眼中に入れず、現金一括で車を手に入れるようにして下さい。(ローンを勧めてくる業者もいますが、無視しておきましょう)

 

また、ローンで買う人も、可能であれば「頭金」をつけることで、金利や毎月の返済額を抑えることができます。もちろん、頭金0円でローンを組むことも可能ですが、できることならつけておいたほうが良いといえるでしょう。