中古車購入時は、走行距離やエンジンの状態など「車の状態」をチェックすることも大事ですが、その他に「外装の傷」にも注目し、隈なくチェックしておくことをオススメします。

事前に外装の傷をチェックしておくことで

 

  • 購入するかどうかの見極めになる
  • 値引きできるキッカケになる
  • その車が大事にされていたかどうか
  • 購入後のトラブルを未然に防ぐ

 

などなど、様々なメリットがあります。ですので、必ずチェックしておくようにしましょう。

 

特に、「その車が大事にされていたかどうか」という点は、中古車の是非を見極めるのにとても有効です。なぜなら、外装が傷だらけの車は、雑に乗られていた可能性が高いからです。

 

反対に、外装に傷が一つもない車であれば、大切に乗られてきた車である可能性が高くなりますので、総合的に見ても「良い車」であると判断できます。

 

購入後に「こんなところに傷があるなんて聞いていない!」というトラブルを未然に防ぐこともできますので、その点を考えても、事前に「外装の傷」をチェックしておくことは必要だと思います。

では、外装の傷をチェックするときは、どのような部分を重点的に見ていけば良いのでしょうか?

バンパーを見る

バンパー周りは、ぶつけやすい部分であり、擦り傷やヘコみが多く見られる箇所です。

 

特に初心者ドライバーになればなるほどバンパーをぶつけてしまう傾向にありますので、バンパー周りに傷やヘコみが多い車は「運転が下手な人」に乗られていた可能性が高くなります。

 

車の運転に慣れている人であればお分かりでしょうが、熟練ドライバーは「バンパーを擦る」なんてヘマはしないです。

 

中古車の外装をチェックするときは、まずバンパーから見るようにし、あまりにも傷が多ければ、その車を「選択肢から除外」したほうが良いかもしれません。

 

運転が下手な人に乗られていた車と、運転が上手い人に乗られていた車。どちらが「良い車」である可能性が高いのか?となれば、圧倒的に後者に票が集まるはずです。

あくまで指標ではありますが、必ずチェックするようにして下さい。

カギ穴周り

キーレス車でない場合、鍵穴にキーを差し込みドアを開け閉めすることになります。ですので、鍵穴周りには傷がつきやすくなり、ボロボロになっていることが多々あります。

 

今時キーレス仕様でない車は珍しいですが、中古車市場には未だに、そのような車が出回っています。購入時はキーレスなのか、そうでないのかを確認しておくようにしましょう。

 

また、内装に関しても同じで、エンジンキー差込口周りが傷だらけになっていることも考えられます。細かいようですが、「良い買い物をした」と感じるために必要な行動ですので、今一度見てみるようにして下さい。

全体を見る

これを言っては元も子もない話になってしまいますが、外装の傷を確認するときは「車全体を見渡すようにチェックする」ことがとても大切です。

 

近くでマジマジと見るのではなく、1mほど距離をとり、眺めるように「傷」や「ヘコみ」を確認するのが良いでしょう。

 

特にヘコみに関しては、角度を変えて見なければ分からないことが多いです。より遠くから見てみたり、しゃがみこんで確認してみたり。様々な角度から見ることをオススメします。

 

ただし、ご存知の通り「どれだけ大切に車に乗っていても」1つや2つの傷はついてしまうものです。

あまりにも「完璧」な車を求めるのであれば、「新車を買えよ」という話になりますので、事前にある程度の「妥協点」は決めておいたほうが良いです。

ガラスもチェックする

「外装の傷」をチェックするとなると、どうしてもボディだけに目がいってしまいがちになりますが、「ガラス」に関してもしっかりチェックしておいたほうが良いです。

 

特にフロントガラス。

 

走行時、飛石などによりフロントガラスに傷が入ってしまったり、ヒビが入ることがあります。パッと見では分からないような「小さな傷」もありますので、よく見ておいたほうが良いです。

 

場合によっては「車検に通らない」ケースや、購入後に「傷が広がってしまう」ケースも考えられますので、注意しておきましょう。

 

中古車販売店に「ガラスの取り換えは可能なのか」を確認し、納得のいく答えが返ってこないときは、その車を選択肢から除外したほうが良いと言えますね。

 

このように、外装の傷をチェックするだけで、その中古車のもつ本来の姿を垣間見ることができます。購入前は「車に穴が空くんじゃない?」というほど入念にチェックを行い、悔いのない中古車選びをするようにしたほうが良いですね!