特に夜間の山道を走っているとき、道路脇から急に動物が飛び出してくることがあります。なんとか回避できれば良いのですが・・・そう上手くいくばかりではありません。

ときには(動物を)ひいてしまい、命を奪ってしまうこともあるでしょう。

 

さて、そのような事態になったときですが、どのような対応をするのが望ましいのかをご存知ですか?動物とはいえ、一つの命を奪ってしまったことには変わりありませんので、責任を持ち、最後まで対応するよう心がけましょう。

ということで今回は、「車で動物をひいてしまったときの対処方法」についてお話していきます。

慌てず緊急ダイアルへ

mobile-phone-1572901_960_720

 

車で動物をひいてしまった場合、一般道であれば保健所や市役所に、高速道路であれば管轄のNEXCOに電話をすることが一般的となっていますが、夜間で就業時間が終わっていたり、電話番号が分からず困ってしまったり・・・

そんなときは、国土交通省が運営している「緊急ダイアル」に電話をかけましょう。

 

電話番号は「#9910」で、音声に従い操作を行うことで、適した解決方法を導いてもらうことができます。一番手っ取り早い方法ですので、万が一のときのため、電話帳へ「#9910」を登録しておきましょう。

参考→国土交通省「緊急ダイアル」

生きてる場合は処置しよう

動物をひいてしまったからといって、必ずしも命に関わるような事故ではないかもしれません。動物の状態を確認し、息があるようであれば、適切な処置をし、命を守ることに徹しましょう。

車を安全な場所にとめ、怪我が大したことはない・・・と判断されれば森に返してあげ、重傷であると判断した場合は、動物病院に連れていくなど、対策が必要です。

 

ただし、相手が野生動物であることを忘れてはいけません。無闇矢鱈に処置をしようと近づいてしまえば、噛みつかれてしまったり、引っかかれてしまったり・・・

怪我をしてしまう可能性も考えられます。動物を処置するときは、その辺りも考慮し、よりよい状況判断をすることが先決です。

罪に問われる?

言うまでもなく、対人事故であれば罪に問われることになりますが、動物をひいた場合、罪に問われることはありません。罰金はおろか、罰則もないので、その辺りは安心しておいて下さい。

野生動物との事故は「対物事故」として扱われることになり、「自損事故」と扱われることになります。

 

ただし、だからといって(ひいてしまった動物を)放置しておくのはどうかと思いますし、その辺りは人としてもモラルを優先し、対処するようにしておきたいですね。

高速道路上など、停車することで危険な場所であれば例外ですが、一般国道など、対処できる状態であれば、前項でお話した緊急ダイアルに電話をかけるなど、適した処理を行うようにして下さい。

警察に通報

先ほどもお話した通り、動物をひいてしまったときは「自損事故」となります。特に、大型動物(鹿や猪)をひいてしまった場合、車に大きなダメージを受けることになるので、警察に通報しておいたほうが良いでしょう。

というのも、(動物をひいたことによる)ダメージを修理する場合、保険を使い直す人がほとんどだと思いますが、「自損事故」のため、事故証明書を発行してもらう必要があります。

 

証明書がなければ保険を使うことができず、実費で修理しなければなりません。保険を使うことを前提とした場合は、必ず警察に通報し、証明書を発行してもらうようにしましょう。

※保険を使わない場合でも、警察に通報しなければいけないケースもあります

賠償責任が生じる場合も

cat-1151519_960_720

 

野生動物ではなく、人に飼われているイヌやネコをひいてしまったときは、賠償責任が生じることがあります。ペットを家族と考えている人がほとんどですので、事故後は裁判になるなど、揉めてしまうケースがとても多いです。

もちろん、飛び出して来た動物側にも非があるのですが、ドライバーには前方不注意、予測不注意による責任があるため、基本的には「ドライバーに非がある」とされるのが一般的です。

 

また、このような言い回しはしたくないのですが、ペットは「物」として扱われることになります。ペットの(物としての)価値が10万円だった場合、10万円の弁償金を支払わなければいけません。

飼い主の気持ちを考えると、どれだけお金を支払っても心穏やかなものではありませんが、飼い主のいるペットをひいてしまったときは、「賠償金が発生することもある」ということを認識しておきましょう。

奈良のシカをひいたら犯罪?

deer-224168_960_720

 

大阪や和歌山などの関西地方に住んでいる人には馴染み深い話ではありますが、奈良にある「奈良公園」には、野生のシカが我が物顔で街中を歩いています。

ほんと、行ったことがない人には想像できないでしょうが、辺りを見渡すかぎり、シカ、シカ、シカ、な状態です。

 

もちろん、国道沿いにも野生のシカが沢山いまして、中には急に飛び出してくる鹿もいます。特に奈良市内を夜間走行する場合、気をつけておいたほうが良いと思います。

そして、奈良の鹿に対してこのような噂があります。「奈良のシカを車でひいた場合、罪に問われることになる」という噂が・・・。

 

これ、よく耳にする噂なのですが、その真意は少し違ったものです。万が一、公道上で(奈良の)シカをひいてしまった場合でも、他の動物をひいてしまったとき同様、罪に問われることはありません。

ただし、奈良のシカは「国の天然記念物」に指定されていますので、故意的に傷つけた場合は、罪に問われることになります。(以前、奈良のシカが弓?で打ったバカモノがいます)

 

このことから、「奈良でシカをひいたときは罪に問われる」というのは嘘ですので、真に受けないように注意しておきましょう。