車を売却する理由として、買い替えであったり、お金が欲しいからであったり。人それぞれ様々な理由があることだと思いますが、中には「調子が悪い車」を売りたいと考えている人もいることでしょう。

エンジンの調子が悪かったり、うんともすんともいわないような不動車がこれに該当しますね。

 

車売却に詳しくない人からすると「調子が悪い車(故障しているような車)なんて売れる訳ない」という先入観を持っている人が大多数だと思いますが、その考えは今すぐにでも取り除くべきだと思います。

調子の悪い車は売れる

調子悪い車を売る

 

「調子が悪い車は売れない!」という先入観を持っている人は、ひとまずその思考を「そんなことはない」と書き変えることから始めてみて下さい。

実は車買取りはエンジンの調子がどれだけ悪い車であろうと、不動車であろうと。その価値がマイナスになることはあり得ないのです。

 

例えば廃車にすると、「廃車にかかる費用および、それに伴う時間」がかかってしまいます。車を処分するだけで大事なお金と時間を消費しなければなりませんので、そうなると愛車の価値はマイナスになることになってしまいます。

極端な話、例え0円の査定額しかつかないような場合でも、廃車費用や手続きにかかる時間を考慮すると、それはマイナスではなくプラスとなるのです。

査定額は間違いなく下る

「調子の悪い車」を売るときにまず理解しておかなければならないのが、(調子の良い車に比べると)間違いなく査定額は下がるということ。

一概には言えませんが、調子の良い車に100万円の査定額がついたとすれば、調子の悪い車は10万円とか5万円とか。極端に査定額が下がってしまうことになります。

 

例えばエンジンの調子が悪い、もしくは走行に重大な問題がある車は、市場価値がほぼ0に等しくなります。要するに需要がなくなる訳なので、調子が良い車に比べると、査定額は低くなってしまう傾向にあるのです。

そもそも、車買取り業者は「安く買って高く売る」ということを大前提として車を買取っている訳なので、良い車には(高く売れるため)高い査定額を提示し、悪い車には低い査定額をつけるのは最早当たり前のことなのです。

調子が悪い車にも価値はある

では何故、買取り業者は価値がない(低い)調子の悪い車を買取るのか?という疑問に対してですが、これは「調子の悪い車にもそれなりの価値があるから」というのが答えとなります。

エンジンの調子が悪い車や、そもそも走行することができない不動車の場合、先ほども言った通り市場価値はほぼ0となってしまいます。そのため、中古車市場に流通させることは困難となります。

 

ですが、車の価値ってなにも「流通させる」だけではないのです。

1台の車には3万点のパーツが使われていると言われていますので、調子の悪い車であっても「使えるパーツ」は残っているもの。それを再利用することにより、その車の価値を見出すことが可能となります。

 

それともう一点。

日本では「こんな車に価値はないよ」と判断された車であっても、海外では「めちゃくちゃ価値がある」ってことがあります。日本と海外ではそもそもの価値観が違うので、無価値であると判断された車へ存在する理由を付け加えることが可能となるのです。

 

少し悪し言い方をすると、買取り業者は日本で調子の悪い車を安く買取り(仕入れ)、海外に転売することで大きな利益を上げることができるようになります。

このことから、調子の悪い車であっても、買取ってくれる業者はある。と言えるのです。

査定前にはしっかり伝えることが大事

正直に生きる

 

査定前はどうしても「マイナスになる部分は隠しておきたい」という心理が働いてしまいますが、その思考は今すぐにでも捨てるようにして下さい。

そもそも査定士はプロですので、素人である私たちが取ってつけたような対策をしたところで全てを見抜かれてしまいます。隠し通せるものではありませんので、事前に申告しておいたほうが好印象を与えられることは間違いありません。

エンジンの調子が悪い場合

そもそも、何を持ってエンジンの調子が悪いと感じているのかは分かりませんが、査定前は必ず「エンジンの調子が悪いような気がするのですが・・・」ということを事前に伝えておくようにしましょう。

走行中に嫌な異音がする場合であったり、明らかに走行時のパフォーマンスが落ちていた場合であったり・・・事前に伝えておくことでより円滑な査定をお願いすることができるようになります。

 

車に関してそれほど知識のない素人が「エンジンの調子が悪い」と感じていたとしても、査定のプロからすると「これぐらいであれば特に問題はない」と判断してくれることも考えられます。反対も然りですが・・・

まずはプロの目で判断してもらうことにしましょう。

不動車の場合

エンジンがかからない、もしくはエンジンは動くがまともに走行できないような不動車の場合も、必ず事前申告をしておくようにしておきましょう。

というのも、不動車の場合そもそも査定に応じてくれない業者があるからです。

 

いざ査定を受ける段階で「実は不動車なんです・・・」となってしまうと、それはトラブルの火種になってしまうことも考えられます。

そのような事態を防ぐためにも、必ず事前に伝えておくようにしましょう。

廃車は止めておこう

jiko_car_kosyou

ここまで読んで貰えれば、「どのような車であっても売ることはできる」ということを分かって頂けたと思います。ですので、廃車にする選択肢は捨てるようにし、まずは査定を受けてみることから始めてみましょう。

 

車を廃車するときって、(車種にもよりますが)1〜3万円程度の費用がかかってしまいますし、手続きが面倒であり、時間も取られてしまうことになります。

なにより大事な愛車をスクラップにしてしまうなんて・・・心苦しくありませんか?

 

例え1円しか査定がつかなくても、廃車費用を考えればとても大きなプラスとなります。また、自分では「無価値」と感じていた車に数十万円の査定がついたという事例も沢山存在しています。

自身が持っている先入観を捨て、まずは査定を受け、愛車の価値を確認してみることをオススメします。