年式の新しい中古車になると、メーカーの「新車保証期間」が残っているものがあります。中古車保証に比べると新車保証は「質が良い」ですので、できれば継続したいところです・・・。

果たして、中古車は新車保証を継続することができるのでしょうか?

新車保証って?

money_hosyousyo

そもそも「新車保証とは?」って話ですが、これはその名の通り「新車で買ったときのみ付属する保証」のことです。保証内容の質は最高で、中古車の保証内容とは比べ物にならないほど(保証内容が)バラエティー豊かとなっています。

 

例えばトヨタであれば「一般保証」と「特別保証」、この二つで「新車保証」は成り立っています。

一般保証であれば「3年間、または60000kmまで」の保証期間があり、特別保証に関しては「5年、または100000kmまで」となっています。半端ないですよね。

 

保証内容としては、一般保証が「消耗品、油脂類」を対象にしているもので、特別保証は「エンジン、足回り、電子関係」などを対象としています。

より詳しくは「トヨタ公式サイト」にてご確認下さい。

中古車に継続できる?

さて前置きが長くなりましたが、新車保証を中古車が継続することはできます。大事なことなんでもう一度言いますが、「中古車は新車保証を引き継ぐことができる」というのが結論です。

例えば、新車で購入後1年で売却された・・・という中古車の場合、(トヨタであれば)一般保証が2年、特別保証が4年残った状態で、車を所有することが可能となります。

 

ただ、かなり「継続に関する手続き」が面倒。しかも、お金がかかってしまいます。まぁ「破棄する」という選択肢もありますが、できる限り継続したほうが良いというのが本音ですので、次項で「手続き」についてお話していきます。

販売店にお願いすることも

あ、そうそう、「手続きなんかやってられっかー」って人のために一応補足しておきますけど、中古車販売店によっては「新車保証の手続きを代行」してくれる業者さんもあります。

もちろん手続き費用+代行費用がかかりますので出費は多くなりますが、面倒だったり時間がない人は、お金を払って代行してもらうことの選択肢の一つとして考えておいて下さい。

新車保証の継続方法

undoukai_relay

中古車へ新車保証を継続させる場合、面倒ですが「手続き」を行わなければいけません。(中古車を)買ってそのまま放置しているだけでは「無保証車」となり、故障などがあったときは全て自費で対応しなければならなくなります。

忘れず対応するようにしておきましょう。

 

さて、新車保証の継続方法ですが、これは「(各メーカー毎の)ディーラー」へ中古車を持込み、継続手続きを行うことになります。また、当日は「保証書」が必要なのでお忘れなく。

点検を受け、特に問題がない場合は流れに沿って手続きを進めていけば完了です。

できないことも

残念ながら、新車保証が受けられないケースというのも存在します。

例えば、「保証期間が過ぎていた場合」「点検で問題があった場合」などですね。新車保証は年数だけでなく「走行距離」によっても保証期間が終わってしまうことがあるので、愛車のODOメーターを確認してみるようにして下さい。

 

「点検で問題があったケース」に関しては、問題があった一部の箇所のみ「保証対象外」となるケースがほとんど。例えば、点検時に「ワイパーゴム」が劣化していたとなると、「ワイパーゴム」に関しての保証が受けられなくなるということです。

全ての保証が無効になる訳ではないので、その辺りはご安心を。

費用はどれくらい?

money_10000

残念なことに、新車保証を継続するだけなのにも関わらず「お金」がかかってしまいます。そうです、世の中結局金なんですよ・・・。

とはいっても、ケチって新車保証を破棄してしまえば、もしものとき大損害を生み出してしまう恐れがあります。グッと我慢し、(有料で)新車保証を継続しておくようにして下さい。

 

さて費用についてですが、これは国産車と外車によっても変わりますし、メーカーによっても異なってしまいます。一概に「◯◯万円!」とは言えませんが、

国産車の場合で1〜2万円程度、外車の場合で2〜4万円程度と考えておけば間違いないでしょう。この辺りは、お持ちの車種により、各ディーラーへお問い合わせ下さい。