車は定期的に整備、(部品の)交換をすることで、常に正常なコンディションを保つことができます。また、的確なメンテナンスをすることで、車の寿命を伸ばすこともできます。

「ブレーキパッド」のように、定期的な交換を怠ってしまえば「安全面」に支障をきたしてしまう箇所もありますので、その辺りも十分考慮しておきたいものです。

 

このページでは、そんな命に関わると言っても大袈裟ではない「ブレーキパッド」の交換時期や、交換に必要な費用についてお話していきます。

あーーー、ぶ、ブレーキが効かない!!!なんてことになる前に、必ず交換しておくようにしましょう。

 

くるま

走行中にブレーキが効かなくなるなんて・・・想像しただけで震えるね。

ブレーキパッドって?

車の速度を落とすときは、ブレーキを踏むことにより「摩擦」を発生させ、速度の増減を行うことになります。そのため、「摩擦を起こせなくなった(起こしにくくなった)」場合、ブレーキ性能が大幅に落ちてしまうことになります。

その「ブレーキを踏み、摩擦を生み出す」のに必要なのが、今回テーマとしている「ブレーキパッド」となります。

 

要するに、ブレーキパッドを消耗するということは即ち「ブレーキ性能の低下」となりますので、それを防ぐためにも定期的な交換が必要ってことですね。

ほんとに危ないので、「え、、、私の車大丈夫?」と、少しでも不安を感じるようであれば、お近くのカー用品店やガソリンスタンド、もしくはカーディーラーなどで検査してもらうようにして下さい。

 

「ブレーキが効かない=事故」に繋がりますので、自分の命を守るため、同乗者の命を守るため、他人を巻き込んでしまわないため、的確な処置が必要です。

ブレーキパッドの交換時期

ブレーキパッドにもグレードと言いますか、なんと言いますか、、、「品質が良いもの」と「品質が悪いもの」がありますので、一概に「この時期に交換しておけ!」と決めつけることはできません。

が、ある程度の目安は定められていますので紹介します。あくまで目安ですので、「この車のブレーキはやばい(やばそう)」と感じるのであれば、目安にとらわれずに交換するようにして下さい。

 

まず知っておいてもらいたいのが、新品時のブレーキパッドは「(厚さが)10mm程度」だということ。この数値を目安に、ブレーキパッドの寿命を考えていきます。

ブレーキを踏み込む度にブレーキパッドはすり減ります。使用と共に消耗していく「消耗品」ですので、すり減り具合により交換するかどうかの判断基準となります

 

一般的に、ブレーキパッドが半分(5mm)で黄色信号となり、2mm以下で赤信号となります。

ですので、5mmを切った時点で交換しておくのが良いと思います。2mm以下ともなると、ブレーキ性能が大きく低下してしまいますから。

 

また、ブレーキパッドの消耗により車検に通らない可能性もでてきます。車検項目に「ブレーキパッドの消耗」は考慮されていませんが、「ブレーキが効きにくい車」は車検落ちする一つの要因となるのです。

この辺りは依頼する「車検代行業者」が判断してくれるでしょうが、念のため知っておいたほうが良いでしょう。

 

もう一つ、「走行距離」を目安とし、交換時期を判断する方法があります。一般的には「3万km前後」が交換目安となっていますので、参考までに。

一般人が1年間に走行する距離は10000kmとされていますので、おおよそ「3年に一度」交換しておけば良い計算になりますね。

キーキー音がなる

ブレーキを踏むたびに「キーキー」と音がなる場合、ブレーキパッドがすり減っている可能性が高くなります。

その他にも「気温」や「角が立っている」により、キーキーという音が鳴っている可能性も考えられますが、念のため検査してもらうことをオススメします。

 

というのも、ブレーキパッドのすり減りが原因で「キー」と音がなっている場合、その時点で(ブレーキパッドが)1mm〜2mm程度まで消耗していることになります。

言わずとも「交換しなければいけない時期」となりますので、注意が必要です。

交換費用はいくらぐらい?

くるま2

どうせお高いんでしょ?

ブレーキパッドにも高価なものや、そうでないものもありますので一概には言えませんが、経験上「1〜3万円」程度で収まることが多いです。

「ブレーキパッドの交換費用は高いよ!」と鼻の穴を広げて持論を展開してくる人もいますが、ブレーキパッドの交換費用って(車の修理費用の中では)それほど高くはないんです。

 

例えばカー用品店大手のオートバックスでは、(1箇所につき)5400円〜でやってもらえますし、車検時にお願いすることでもっとお安く交換してくれることもあります。

お金はかかってしまいますが、ブレーキパッドは命に関わる重大なパーツでもありますので、車を所有する全ての人の宿命とし、定期的に交換するよう心がけておきましょう。