今回は、安心安全と思い大事な愛車を止めておいた駐車場にて、【当て逃げされた】ときの対処方法と、当て逃げを未然に防ぐための対策方法についてお話していきたいと思います。

今まさに当て逃げされて困っている人や、「絶対当て逃げされたくない・・・」と不安に感じている人は、ぜひ参考までに。

くるま

当て逃げは犯罪だよ

当て逃げされたときの対策方法まとめ

  • 管理会社へ連絡する
  • 警察に届け出を出す
  • 加害者側の保険で修理してもらう
  • 犯人特定が難しい場合は自己負担

 

万が一、大事な愛車を駐車場にて当て逃げされてしまったときの対処方法として知っておきたいことは上記の通り。では、一つずつ簡潔に見ていきましょう。

まずは駐車場の管理者に連絡する

駐車場の管理会社へ連絡する

駐車場の利用規約には、必ずと言っていいほど「駐車場内で起きた事故については責任を負いません」的な説明分が記載されていますし、実際駐車場で起きた当て逃げに関しても管理者が責任を追ってくれることはない訳ですが、だからと言って【絶対連絡してはいけない】ということではありません。

当て逃げ犯を捕まえるためには監視カメラの映像など、決定的な証拠が必ず必要となってきますので、駐車場管理者に問い合わせ、「当て逃げ犯を捕まえたいのですが、協力してくれませんか?」と問いてみましょう。

 

多少は嫌な顔をされることは間違いない事実ではありますが、駐車場管理者さんの協力なしでは悪どい当て逃げ犯を捕まえることが難しくなってしまうので、まずは必ず【駐車場の管理者さんに連絡】することを心がけて下さいね!

メモ必ず駐車場管理者にコンタクトを取ろう

警察に届け出を出す

警察へ通報

駐車場の管理者から証拠となる監視カメラ映像の提供を約束して貰った場合や、全く取り合ってくれなかった場合は、迷うことなく警察へ「当て逃げされました」と通報しておきましょう。

当て逃げを通報すると面倒な手続きなどで時間を取られてしまいますが、通報しなければ【泣き寝入りしなくてはいけない】ことになりますので、面倒でも通報することをオススメします

ただし、犯人検挙率は低い・・・と考えておこう

当て逃げされたときは「面倒でも警察に通報しておこう」とは言ったものの、残念なことに当て逃げに関する検挙率はそれほど高くありません。つまり、犯人が特定されない可能性が高いということですね。

人間に対するひき逃げであれば事件の重要性が高いため、沢山の人員を割いて調査してくれますが(ひき逃げの検挙率は90%以上と言われています)、当て逃げの場合はそうはいかない場合が多く、悪い言い方をすると「まともに捜査してくれない」ということになってしまいます。

 

だからと言って被害届を出さずにいると自分が損をするだけなので通報は絶対やっておくべきですが、後は犯人が捕まることを祈り、待ち続けるしか方法がない・・・というのが現状です。

メモ警察へ通報しても、犯人検挙の可能性は案外低い

犯人が特定できたときは、加害者側の保険会社へ請求できる

くるま

当て逃げ犯に弁償してもらおう

駐車場の管理者の協力や警察の協力が実を結び、【当て逃げ犯を特定】することができれば、当然ながら犯人へ弁償金を請求することができます。多くの場合「任意保険」へ加入しているでしょうから、具体的に言えば犯人ではなく、加害者側が加入している保険会社へ修理金額を請求できるってことですね。

相手が任意保険へ入っていないときは多少面倒にはなりますが、【ブツケた相手が悪い・・・】と割り切り、必ず修理にかかる費用を請求するようにして下さいね、無駄な情は不要です。

メモ
修理にかかるお金は、相手側に全額負担してもらおう

犯人が捕まらなかったときは自己負担、または車両保険を利用

万が一当て逃げ犯を特定することができなかったときは、残念ながら修理費用は自己負担となってしまいます。非常に悔しいでしょうし、その気持ちは痛いほどよく分かりますが、犯人が捕まらない以上どうすることもできませんからね、ここは割り切って修理する以外道はありません。

もちろん自己負担で当てられた傷を修理するという選択肢もありですが、任意保険にて「車両保険」へ加入している場合は、保険利用にて修理することも可能です。

 

ただし、保険を利用することにより毎月の保険料金が高くなってしまうことも考えられるので、ちょっとした傷程度の修理であれば、実費のほうが結果として安く済むかもしれませんから、その辺りの計算を忘れずに。

メモ犯人が捕まらないときは自己負担で修理となる

当て逃げされないための対策方法

  • 駐車しにくい場所は避ける
  • 人目に付くところに止める
  • ドライブレコーダーの設置
  • 枠の真ん中へ綺麗に止める

続いて、「当て逃げされないための対策方法」をまとめてみましたので、一つずつ簡潔に見ていきましょう。ちょっとしたことで防げる事故は必ずありますので、細かいことにもシビアに対応することで当て逃げされる可能性を少しでも減らすことができますよ!

駐車しにくい場所は避ける

駐車しやすい場所

当て逃げの多くが、「ドライバーの技量不足」で起こっています。

具体的に言うと、バックで駐車する技量を持ち合わせていない人が、後方確認不足で隣の車へブツケてしまう・・・という事故が圧倒的に多いので、逆に考えると【できるだけ駐車しやすい場所】へ止めておくことで当て逃げされるリスクをできる限り減らすことができる・・・と言えますね。

 

例えば、1台辺りの駐車スペースが広い場所であったり、ポールや壁などの障害物がない場所であったり、一目見て「この場所は誰でも簡単に駐車できるな」という場所に愛車を止めよう!ってこと。

メモなるべく駐車難易度の低い場所へ愛車を止めよう

なるべく一目につくところへ止める

くるま

目立つ場所へ車を止めよう

なぜ「当て逃げという卑怯極まりない犯罪」が起きてしまうのかということを心理面で見て解くと、恐らく「誰にも見られていないからいいや」「証拠がないからどうせバレない」という心理が働き、逃げてしまうものだと考えられます。

特にちょっとだけ擦ってしまった・・・程度の事故であるほど当て逃げされる確立は高くなるんじゃないかなーと考えられますね。

 

なので、車を駐車するときは【なるべく人目につくところ】に止めることで、少なくとも「誰にも見られていないから」という心理的安心感を根絶やしにすることができると思うし、当て逃げしようなどと安易に考えてしまう人も少なくなるでしょうから、とにかく人通りの多い目立つ場所へ愛車を駐車することを徹底しておきましょう。

メモ人目は、当て逃げの抑止力となる

ドライブレコーダーを設置しておく

くるま

少しお金はかかるけど、ドライブレコーダーをつけていれば何かと安心

少々値は張りますが、エンジンを止めている状態でも録画を続けてくれるドライブレコーダーがありますので、取り付けておくことで【万が一、当て逃げされてしまったときの証拠】を得ることができます。

ドライブレコーダーを取り付けるだけでは当て逃げ予防にはなりませんが、当て逃げされた後のことを考えると控えめに言って【圧倒的に有利となる】こと間違いなしなので、不安な方は取り付けておきましょう。当て逃げだけでなく、他の事故を起こしてしまったときにも活躍しますからね。

 

当て逃げされた場面やナンバープレート、犯人の顔まで映り込んでいれば犯人特定は容易ですからね、最早ドライブレコーダーは必須アイテムです。

メモドライブレコーダーはあらゆる面で活躍する最高のパートナー

なるべく枠内真ん中にきっちり止める

くるま

しっかり確実に停めておこう

当て逃げは「当てて逃げるやつ」が100%悪いことは紛いもない事実ではありますが、愛車の駐車方法が原因で当て逃げされてしまうケースも考えられるので、駐車する際はなるべく枠線ど真ん中に停車するようにしておきましょう。

例えば右の枠線にタイヤが乗ってしまうほど片側に寄っていたり、停車線より物凄く手前に停めてしまったり・・・、そうなれば当てられてしまう可能性が高くなってしまうのは言うまでもありませんよね?

 

なるべく枠線の真ん中に車を入れてやることでブツケられるリスクをかなり低減させることができますので、駐車するときはよりストイックに「完璧な駐車」を心掛けるようにして下さいね!

メモ当てられたくなかったら完璧に駐車するべし

以上、当て逃げされたときの対処方法と、当て逃げされないための対策方法まとめでした。