世の中には「運転マナー」がなっていないドライバーが沢山います。

一般道であるにも関わらず、100km以上のスピードを出していたり、信号を守らなかったり。最低限のルールすら守ることのできない「危なっかしい人」が・・・。

 

そのような人に限って「自分は運転技術がピカイチ」「自分に限って事故することはない」と考えているのが救いようのない話ですが、中には人に迷惑をかけるような運転をする「勘違い野郎」が一定数存在します。

もちろん、スピードオーバーも信号無視も、「人に迷惑をかける」という点では同じですが、それ以上に腹が立つのが「煽ってくるドライバー」です。

 

例えば、高速道路の追い越し車線(右車線)を80〜100km程度で走行していれば、「どけどけー」と言わんばかりにパッシングを行い、車間距離を詰めて煽ってくるような人のことです。

ひどい場合は蛇行運転までプラスしてきますから、ほんと質が悪いです。

 

もしその行為がキッカケで事故を起こせばどうなるか?ということすら分からないのですかね?

 

そして、「煽り行為」をしてくるドライバーは、相手を見て「煽るかどうか」を決めていることが多いです。要するに、自分に反撃してこない相手を選んで煽っているのです。

 

一番被害を受けやすいと感じるのは「軽自動車」であり、例えば高級車と軽自動車を乗り比べてみれば分かると思いますが、ほんと「煽られる」頻度に天と地ほどの差がでます。

これはなぜなのでしょうか?

 

くるま

最低限のルールすら守れない人は、車を運転する資格がないよ!

軽自動車は舐められる?

軽自動車は、普通車に比べボディーサイズが小さいですし、排気量も小さく、基本的にパワーの弱い車に位置づけられます。

ですので、大きな車を運転しているドライバーからすれば、軽自動車は「弱い存在」のように感じることになり、結果として「舐められる対象」となってしまうのでしょう。

 

ボディサイズの小ささと、乗っている人の大きさは比例しないことも分からないのでしょうか?

煽った相手がゴリラのような体格で、空手の達人であればどうするのでしょうね?

 

私は以前、短期間ではありますが「BMW(親の車)」と「軽自動車(HONDA Life)」を乗り分けていた時期がありました。

 

BMWを運転しているときは、心なしか皆さん車間を開け、落ち着いた運転をしてくれまして、煽られたことなどただの一度もなかったと記憶しています。

 

しかし、軽自動車に乗っているときに限っては、「煽られまくりの舐められまくり」でした。たまたまかもしれませんが、こうも体感に違いがあるということは、やはりそういうことなのでしょう。

 

面白かったのは、50ccの原付に煽られたときです。

16歳ぐらいの方だと思いますが、私の軽自動車の後ろを蛇行運転し、なにやら文句を言っているようでした(何を言ってるのか分かりませんが)

 

さすがにこのときは飲んでいたお茶を吹き出してしまうほど笑ってしまい、なぜか愛おしさすら感じてしまいましたね。

 

このように、軽自動車は原付きにまで煽られてしまうほど「舐められて」いますので、それが不快に感じる方は、煽られにくい車(大型ミニバンや高級車)を検討するほうが良いかもしれません。

煽られたときの対処方法

どれだけ安全な運転を心がけても、どれだけルールに沿った運転をしていても、煽られるときは煽られてしまいます。

車に乗ることで気が強くなる人も一定数いらっしゃいますからね。こればかりは、自分でどうこうできる話ではないので仕方のないことです。

 

大事なのは、煽られたときに「どう対処」するかであり、対処方法を間違えてしまえば「更に煽りが激しく」なったり、最悪のケースでは「事故」に繋がることも考えられます。

 

では、一般道や高速道路で煽り行為の被害にあったときは、どのような対処方法が正解なのでしょうか?一つずつ噛み砕いてみていきましょう。

道を譲る

煽る側の心理状況は、「俺の行く道を塞ぎやがって」「トロトロ走ってるんじゃねーぞこの野郎!」って感じでしょうか?

要するに、「ここは俺の道、だからお前たちは俺の前に立ちふさがることは許されない」と、なんとも自己中心的な考えをしているのです。

 

ですので、一番の得策は「さっさと道を譲ること」です。

「どけどけー」と言われているのですから、無駄な反抗や対抗はせず、道をゆずることを優先しましょう。

平常心を乱さない

初心者ドライバーになればなるほど、煽られた恐怖心から「焦って」しまうことが多いのですが、なるべく平常心を保つようにしましょう。

というのも、焦りが原因で事故を起こすリスクが高くなるからです。

 

煽ってくるような非常識なドライバーは、「パッシング」をしたり、「クラクション」を鳴らしたり、あらゆる手を使い「自分は強いんだぞ!」ということをアピールしてきます。

煽り耐性のないドライバーは、「早く道を譲らなければ・・・」「こ、怖い・・・」と平常心を乱してしまいがちですが、ソレが原因で事故を起こしてしまえば自分が損をするだけです。

 

事故した原因が、相手の「煽り行為」によるものと立証することは難しいので、結局全責任を自分で負わないといけない可能性すらあるのです。

 

煽られたときは、「あー、またバカなドライバーが調子に載ってるよ・・・」ぐらいに考え、焦らず平常心を保つようにしておきましょう。

怒らない

煽られたときはその怒りから「怒って」しまうこともあるでしょうが、怒りに任せて文句を言ってみたり、煽り返したりすることだけは止めるようにしましょう。

相手と同じレベルまで自分を落とすことになりますし、更なるトラブルへ発展するケースも考えられます。

 

恥ずかしながら、私は過去に「煽ってきたドライバー」とトラブルになったことがあり、その結果は悲惨なものでした。

 

ドライブしようぜ!と、夜中に友人と大阪の国道(片側1車線)を走っていたときの話です。

そのときは時間を持て余しており、時間潰しのためのドライブでしたので、国道を「法定速度」より少し遅い速度で走行していました。

 

すると、後ろから爆音とともに猛スピード(多分100kmはでてた)で(センスの悪い)改造車が接近し、パッシングはするわ蛇行運転はするわクラクションは鳴らすわ・・・で、相当危険な煽り行為をしてきたのです。

最初は「なんやねんコイツら・・・」と気にせず走っていたのですが、あるときを境に窓から手を出し中指を立ててきたり、罵倒してきたり(何を言ってるのかは分かりませんでした)と、行為が激しくなってきました。

 

見かねた私はハザードランプをつけ、「お先にどうぞ」って感じで側道に車を止めたのですが、あろうことか後続車ドライバー2人が車から降りてきたのです。

 

内心「めんどくさー」って感じだったのですが、こちらも仕方なく友人と2人で下車。

 

すると、なぜか降りてきた2人が颯爽と車へ逃げるように帰っていったのです。

恐らく彼らからすると、煽っている車に乗っているのは「女性」か「気の弱そうな人」が乗っていると思っていたのでしょう。もちろん、こちらは軽自動車です。

 

自分で言うのはなんですが、私は体格が良く、見た目も「イカツイ」と呼ばれる風貌をしています(本質は臆病で弱い弱小生物です)

そして、そのとき同乗していた友人は体型も良く、身長が195cmもある空手家です。

 

相手もまさか(見た目)がイカツイ2人が降りてくるなんて夢にも思わなかったのでしょう。相当焦ってましたからね。

 

まぁ、それだけで済めば笑い話で終わったのですが、相手の車が走り去ろうとしたときに事件は起こりました。

 

あろうことか、私の体にミラーをぶつけて去っていったのです。(多分、わざとではなく事故)

幸い怪我がなかったからよかったものの、ただのひき逃げですからね。私が通報し、捕まえていれば彼らは刑事罰の対象になっていたことでしょう。

 

このように、怒りにまかせて行動することにより、事態が悪化してしまうことも考えられるのです。

後続車に煽られたときの対処方法は、「平常心を保ち、冷静に時が立つのを待つ」のが一番です。